リゾートバイト1ヶ月分の給料は21万円!リゾバでいくら貯金できたのか?残業代や前払い制度なども詳しく解説!

リゾート地でのバイト。いつもと違った雰囲気を味わいながら、働けるのがリゾートバイトの魅力ですが、働くからにはやっぱり気になるのが給料だと思います!

よく「2カ月で50万円の貯金!!!」なんていうリゾートバイトの広告を見かけたりもしますが、この広告を見て、本当かよっ!!なんて思っている人は多いのではないでしょうか。ぼくもリゾバをする前まではその宣伝文句は半信半疑でした。

が、リゾバで働き始めて1ヵ月半。実際に派遣会社から届いた給与明細が届きましたので、その真相が明らかにします!また、給料に関することで残業代や前払い制度のことについても詳しく解説します。これからリゾバで資金を貯めようと思っている人の参考になれば幸いです。

リゾートバイトでの給与明細公開!1ヵ月の給料は…

ぼくが登録していた派遣会社の給料は月末締めの翌月の20日に振り込まれます。つまり、10月働いた分は11月20日に振り込まれると言った感じです。給与明細は振り込まれる5日前くらいに郵送で届きました。

手っ取り早く結果からお伝えします!

気になるリゾバ初の給料日1ヵ月の稼ぎ分は、、、

約21万円でした!!

この金額は稼げた方なんじゃないかなと思います。こちらが給与明細です。

リゾートバイトの給料明細 1ヶ月分

  • 出勤日数…23日
  • 出勤時間…171h
  • 残業時間…46h
  • 深夜時間…1,15h

リゾートバイトは残業代もでるので稼ぎやすい!

ぼくのこの時の時給は920円でした。リゾートバイトの時給で言ったら結構低い方だと思います。それでも、なんとか20万円を越えることができました。その一番の要因はなんといっても残業代手当です。

このリゾバ派遣先の旅館で働く前には派遣会社に登録して雇用契約を結びます。その時の雇用契約書には、

・一日の労働時間が8時間を越えた場合には、時給25%増し

・22時~翌5時の間で勤務をした場合には、深夜25%増し

と定められていました。なので、残業すると8時間以降の時給が基本給から25%upするので、リゾバはどれだけ残業できるかによって稼ぎが違ってきます。ぼくの場合基本時給が920円なので、25%upすると1150円です。

この派遣先旅館は10、11月に繁忙期だったので必ず毎日1,5h以上の残業がありました。さらに、他の派遣仲間よりも0,5~1h早出するポジションに回されていたのでぼくは多い時で3hの残業をしていました。

そして、給与明細をご覧の通り残業代は25%増しの手当がついた上できっちりと支払われます。

給料は21万だったけど、登録派遣会社が違ったら給料は25万円になったことが発覚

悲しい事に今回公表した給与明細は大手リゾートバイト派遣会社の中でも最も時給が低いと言われる派遣会社Aでの給料です。同じ職場に違う派遣会社に登録して来た人がいて、その人の時給を聞いたのですが、100円以上も時給が違いました。めっっっちゃショックです。

同じ仕事をしているのに、時給が100円以上も違うのは働くモチベーションがかなり下がります。もし、派遣会社Bに登録していたら今の給料+3万円くらいが貰えていたことになります。

派遣会社選びにも一長一短があり一概に時給が最も高いところが一番良いわけではありません。しかし、派遣先は複数の派遣会社から応募をかけているところがほとんどなので、気になる勤務先があったなら、他の派遣会社でもその勤務先がないかを探して時給を比較してみるといいと思います。

ぼくも今回のことを反省して、一番時給が高いと言われる派遣会社Bに登録しました。次に勤務地を決める時はどの派遣会社にして行くのかをしっかり吟味したいと思っています。

実際のとこのリゾートバイトではいくら貯金できたの?

気になるのが、実際にリゾバではいくら貯金ができるのか?っていう話ですよね?

もらった給料21万円から1ヶ月にかかった諸々の費用を出してみました。

  • 東京ー長崎の交通費 約1万円(片道) ※7000円の手当あり
  • 寮費 0円
  • 食費 2万5000円 ※昼夜支給だったけど、朝ご飯・お酒とか
  • 雑費 7000円(スマホ代とか休日の旅費とか)
  • 社会保険 約2万3000円
  • その他税金 6000円(所得税)

給料21万 - 出費7万1000円 = 手取り13万9000円

やはりリゾバでは寮費無料と食事が支給されるのがデカいですね!なので、実際のところ月々10万円以上は貯金できるといった感じです。もちろん、個人差があります!

ストレス発散に酒を飲んだり、美味しいと評判のお店に行っていたリゾバ仲間は月5万円くらいしか貯金できていませんでした。一方で、支給される食事だけしか食わなかったり、バイキングのあまりをこっそりいただく強者もいて、その人は給料をほぼ丸々貯金していました。

ガチでリゾバ貯金しようと思ったら毎月15万以上は貯金できると思います。

さらにリゾバの給料upさせるコツについて

派遣会社選びもそうなのですが、リゾバで稼ぎたい!高時給(1000円以上)の求人を見つけるには、いくつかのポイントがあるのでそれもお伝えしておきます。

リゾバは働く地域によって時給が違う

これはどこの派遣会社の求人サイトを見てもそうなのですが、派遣先の地域によって時給が全然違ってきます。特に、沖縄・北海道は時給が低めです。

例えば、兵庫の温泉地でフロント業務が時給1050円であるのに対し、北海道では900円、沖縄では750円という場合があります。なので、稼ぐことを第一の目的に考えるのならば、北海道や沖縄といった平均的に時給が低い地域は避けるべきです。

リゾバはスキル・経験・職歴・資格によって時給upすることがある

特に、公式サイトの求人案件を見ていても記載があるのですが、求人によっては「経験者優遇」時給1050円~という記載がなされていることがあります。つまり、応募している仕事に精通していてスキルがあれば1050円以上の時給から始められる可能性があるということです。

実際に、同じ派遣会社を利用している調理スタッフの派遣仲間がいたのですが、その人は調理師免許を持っていてレストランで調理をしていた経歴の持ち主だったので、ぼくよりも時給が100円高く働いていました。

その他にも、英語実務(TOIEC)の資格や経験などを持っていれば優遇される可能性は大いにあります。大手派遣会社の1つであるアルファリゾートでは、接客経験に優れていれば仲居業務で時給1250円以上からスタートできる可能性もあります。

アルファリゾートは未経験歓迎の求人でも時給は1050円以上平均と高めですが、スキル経験に自信のある方はそれ以上を見込めるので一度公式サイトをチェックしてみてください!

《アルファリゾートの公式サイトで求人を見てみる》

リゾートバイトの給料前払い制度について

リゾートバイトの登録派遣会社によっては、前払い制度が使えます。前払い制度とは、その名の通り振込み日より前に給料を受け取れるシステムです。

ヒューマニックという派遣会社の前払い制度は、1日でも働けば前払い制度を利用して給料を受け取ることができます。ただし、受け取れる給料は働いた分の50%です。さらに、前払いすると振り込み手数料がかかります。

ぼくは振り込み手数料がもったいないのと、緊急でお金を必要ともしなかったので、前払い制度を利用したことはありません。しかし、金欠で今すぐにでもお金が必要という方には1日働いただけでも、その半分が受け取れるので便利な制度だと思います。

まとめ

求人広告などによく見かける「2カ月で50万円貯金!!!」は残業しまくった場合可能だと思います。ほとんどの旅館やホテルでは繁忙期となれば残業必至なので、夏休みなどにリゾバをすればけっこう稼げるんじゃないかと思います。

あとは、登録派遣会社ですね。ぼくの場合は最も時給の高い派遣会社Bに登録していなかったのと、ホテルから支給されている弁当を食べず自炊をしているので2カ月で50万円の貯金はできませんでした。

それでも、3カ月で35万円以上はラクに貯まるだろうな~と思っています。リゾバに行く目的は色々あると思いますが、稼ぐ目的が一番の方は最も時給の高い派遣会社に登録して残業できそうな忙しめの勤務先を紹介してもらうことが手っ取り早そうです。

あとは、周りにお金を使う所がないのも浪費家にとっては地味に重要。ぼくも次回は複数の派遣会社をまたいで勤務先を吟味しようと思います。

この記事を読んだ方におすすめの記事

登録派遣会社が違ったら稼ぎが全然違った!とありましたので、リゾートバイトの派遣会社を徹底的に比較したものを記事にしてまとめています。時給にこだわる方はぜひ参照してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加