リゾバ2ヵ月間の任期終了。リゾートバイトのリアルな感想

11月30日をもって初リゾバの派遣任期が終了しました。

働き始めた当初はこんなところ早く出ていきてーー!!!なんて思っていましたが、今終わって感じることは「あぁ、もう終わりなのか~」という一抹の寂しさがあります。

最初は早く終わって解放されたい!という気持ちが満々だったのに、今終わってみると解放されたはずなのにその実感がないのです。

この感覚がとても不思議なのでこの2か月間のリゾバ生活のモチベーションの変化を振り返ってみようと思います。

これからリゾバを検討している人はリゾバの楽しさがリアルに感じ取れる記事になります。ぜひぜひ参考にしてみてください。

リゾバ生活2ヵ月の気持ちの変化

ということで、リゾバ生活2ヵ月間の気持ちのupdownを図で表してみました。

リゾバ生活2ヵ月

横軸が時間で、縦軸がモチベーションという設定です。ぱっとみると谷型のモチベーション曲線になりました。

最初は楽しくなく、段々と楽しくなっていく感じです。特に気持ちの上がり下がりの分岐点となったところを振り返ろうと思います。

窮地を救ったすき焼きパーティー

着任当初はモチベーションダダ下がることしかありませんでした。最初は仕事を覚えなくてはいけなかったり、仕事を教える社員の言い方がキツかったり、休みが週1しかなかったり、で仕事面にかなり四苦八苦しました。

新人の頃は苦労がつきものなので、これくらいは我慢の範疇でしたが、追い打ちをかけたのが夕食の弁当でした。

夕食の弁当がそれはまずいまずい。冷凍食品の詰め合わせのような弁当に地獄をみました。

最初の2週間は夕食の弁当が口に合わなかったので昼に支給される手作りの飯を夕食分まで食う1日1食生活をしていました。

おかげさまで体重は2週間で4㎏落ち、38℃の風邪を引きました。こんな生活だったので、モチベーションはダダ下がりでした。

そんな窮地を救ったのがすき焼きパーティーでした。派遣仲間には元焼肉屋で働いていた肉のエキスパートがいたのでその人を皮切りにみんなで美味しい肉を食らったことは今でも忘れません。

リゾバ 自炊

ここで派遣同士の仲間意識が育まれたのと定期的なご飯会を開催するようになったのでなんとか気持ちを盛り返したのでした。

新しいポジションに配属。苦手な社員といっしょ

ご飯会で気持ちを切り返したのも束の間。新しいポジションの仕事に入ることになりまた試練が訪れます。新しいポジションは他の派遣よりも必ず1h多く働くので、残業がさらに加算されるという形になりました。

1日10.5h労働の7,8連勤。これはかなり体がしんどかったです。さらに新しいポジションの仕事を教えてもらっていたのは仕事の指摘が社員で一番細かい人。

なので、ミスをしないようにするために精神もかなりすり減らしました。

新しいポジションになった2週間は肉体的にも、精神的にも疲労困憊でモチベーションは地に落ちていったのです。

社員も辞め、派遣もバックレる状況に会社の体制が変わり始める

残業に休みがとれないという状況は派遣だけでなく社員にも不満をもたらしました。ホールの社員が4人辞めるということを皮切りに段々と体制が変わってきたのです。

業務内容をもっと人手が少なくて済むように改善したり、派遣社員への待遇をよくしたりする風潮になってきました。

おかげさまでしっかりと休みが取れたり、寮の備品が足されたりしました。ぼく自身も勤務開始から1か月が過ぎようとしていたので仕事も慣れてきて、社員さんから注意を受けることもなくなり、顔見知りも増えたのでとても過ごしやすくなったのです。

ホールスタッフに花が咲く

11月からは派遣スタッフの入れ替えでどんどん新人が増えてきました。しかも、男ばかり。社員さんも男ばかりなのでホールが完全にむさい状態へ。

しかし、そこに来たのがアラサー女性2人でした。年齢は30を超えているのですが、ルックスや言動は25,6歳。

愛想がとても良い人たちだったので、そのアラサーさん加入でギスギスしたホールが穏やかな感じになったのです。この二人には本当に救われました。

bsKIM150922257509

ついに自分が派遣スタッフのトップへ

最後の2週間は自分が一番古株のスタッフとなりました。新しく入ってきた派遣仲間に仕事を教えたりする立場になったので、頼られることが多くかなり仕事しやすかったです。

特に序盤に1番細かな指摘をする社員さんに教えられたのが幸いして、社員さんや洗い場のおばちゃんまでけっこう頼りにしてくれたのでとてもやりがいを感じながら派遣の任期を終えることができました。

まとめ

最初の2週間くらいは本当に地獄ようだったせいか時間の経過がかなり遅かったです。しかし、2週間を過ぎてしまえばあっという間だったように感じます。

赴任して1週間も居ないで辞めていってしまう派遣スタッフを何人も見ましたが、もう少し我慢すればなんともないのにな~と切実に思います。

リゾバを2,3ヵ所周っている仲間も言っていましたが、どこも最初の2週間くらいは我慢することが多い。

でも、2週間を越えて慣れてくれば楽しくなってくるらしいです。今回、ぼくはリゾバは初めてでしたが、まさに最初の2週間が正念場だったように感じます。

我慢すれば本当に素晴らしいものが残ります。別れ際には親しくしてくれたおばちゃんが「いつでも帰ってき」って言ってくれたり、仲の良かった派遣仲間とも良いつながりができました。

なんだかんだ良かった2ヵ月間!リゾバでお世話になった人たちに本当に感謝です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加