リゾートバイト辞めたい。リゾバを辞める時の条件とは?

「リゾートバイトを辞めたい」

一見華やかで楽しそうに見えるリゾートバイトも実際に来てみると想像と違ったり、最初に提示されていた条件と全く違っていたりそのギャップに戸惑い辞めたいと思っている人もいるでしょう。

また、ぼくが派遣先で目撃した途中リタイアする人たちの多くは職場での人間関係に馴染めずに辞めていく人たちでした。

リゾートバイトを辞める人たちの中には、「想像と違った」「人間関係がうまくいかない」「設備・寮への不満」などなど様々な理由が挙げられると思います。

自分に合わなければさっさと辞めたほうがいいとぼくも思いますが、気になるのが途中で辞めることによって、任期を満了した場合とどういう違いがあるのか?ということだと思います。

今回は、リゾートバイトで途中リタイアを考えている人向けに辞めた場合にどうなるのかを中心にお伝えしていきます。

bsMAX87_burankodekodoku20140531

途中で辞めたい場合は派遣会社に相談して任期短縮を申し出る

途中で辞めると言っても突然自分の思い付きで翌朝に出ていくわけにも行きません。バックレることもできますが自分の信用関係を築くうえでおすすめしません。

ということで、途中で辞めたくなった場合の手順としてまず行うことは、派遣会社に任期の短縮を申し出ることです。

通常、派遣先を決める際に任期の期間も決めることになっています。3か月という任期で雇用契約をしていたとしてもそれを縮めることは可能です。

どうしても途中で辞めたいと感じた場合はまず派遣会社に相談して任期の短縮を申し出ましょう。

任期を短縮する際の条件

任期を短縮する場合にはある一つの条件があります。それは交通費が支給されなくなるといことです。

交通費の支給の条件や金額は派遣会社によって違いますが、期間を短縮すると交通費の補助をもらえなくなります。

例えば、3ヶ月の任期満了で3万円の交通費支給する派遣会社があります。最後の3ヶ月目で短縮を申し出た場合にも交通費の3万円は支給されません。

たとえ、それまでの2ヵ月をしっかり働いていたとしてもです。

これは同じ職場の人に実際にあった例です。交通費の金額は派遣会社によって違いがありますが、任期短縮を考える場合にはこの交通費を考慮に入れて考える必要があります。

派遣会社に相談しても任期短縮されない場合の最終手段

派遣会社に任期短縮の相談をしてもなかなかすぐに「可」としない場合もあります。派遣会社は派遣社員を長く働かさればさせるほどお金が入ってきます。

そこで、ぼくたち派遣社員の働く日にちを短縮させないように粘ることがあります。

それでも中には、派遣会社の意向を無視してまでも直ちにリゾバを辞めたいと思っている人もいるでしょう。では、派遣会社を無視してバックレた場合にはどうなるのでしょうか?

bsLIG86_konnakaisyayameteyaruwa

リゾートバイトをバックレた場合に起こること

バックレた場合に起こることは一つです。それは給料の減給です。

雇用条件の既定に記されているものを引用すると「連絡なしの遅刻早退、無断欠勤及び退職をした場合、平均賃金(日額)の半額を減給とする」つまり、日給の半分が減給対象です。

例えば、時給1000円の職場で3日間8h働いて4日目にバックレたとしましょう。

3日間は普通に働いたので8h×1000円×3日で2万4000円の給料が発生しています。4日目に無断欠勤で退職した場合は、1日の日給8000円の半分、4000円が減給になります。

つまり、2万4000円もらえるはずの給料は、2万円になるということです。

バックレた場合に起こりうること

バックレた場合に起こることは給料の減給だけですが、派遣会社から次の仕事が紹介されづらくなる可能性が高まることは頭に入れるべきです。これは自分の信用問題に関わる問題です。

個々人によって考え方は違うかもしれませんが、少なくともぼくが派遣会社の人だったら、何も連絡、相談なしに辞めてしまう人にまた違う案件の仕事を紹介したいとは思いません。

いくら今すぐリゾバを辞めたいと思っても多少の我慢は必要だと思います。

リゾートバイト云々の話の前に信用関係はとても重要です。

事故ったとか、精神的に病気になる一歩手前などよほどのことがない限りは、バックレること方策としてはおすすめしません。

リゾートバイトをばっくれることに関しては、こちらの記事を参照ください。

損害賠償の請求があるのか?など法的措置のことまで言及しています。

リゾートバイトをすぐに辞めたいと思わないための予防策

1.派遣先を決める際はしっかりとヒヤリングを行う

すぐに辞めたいと思う人によくあるのが、「事前に知ってたことと実際に来てみての想像が違った」ということです。

ディナーをする時と同じで、インターネットで検索して美味しそう!と思って行って、実際にお店に入ってみると見た目のおいしさが半減する。

まさにそんな気分になることが多いです。なので、なるべく現実と想像のギャップを埋めるためにも事前調査はとっても重要です。

実際にぼくも、ヒヤリング不足がために苦しめられたことがあります。事前の条件の記載に、「夜はお弁当支給」というのがありました。

お弁当といってもほっともっとくらいのお弁当がでてくるだろうと突っ込んで聞かずに勝手な想像をしてました。

そして、実際に派遣先に訪れて夜のお弁当を目の当たりにすると冷凍食品の寄せ集めのような冷えに冷えた弁当でした。これには流石にショックを隠し切れませんでしたが、事前のヒヤリング不足が仇になったなぁ~と自分を悔いました。

このようにリアルと想像はかけ離れることが多いです。特にリゾートバイトは楽しそうな写真しか掲載していないので想像は膨らむばかりです。

なので、今一度ふわふわの頭を引き締めて派遣会社の担当者への事前調査は怠らないことをおすすめします。

bsOY151013070055

2.居心地の良い職場にするために欠かせない最初の挨拶

リゾバを途中でリタイアしてしまう人のほとんどが人間関係に耐えられないという理由です。気の合う合わないはしょうがないことですが、どの環境に行っても直面することです。

人間関係の摩擦を少しでもなくすために心がけることが挨拶です。

「挨拶が大切だよ!」小学生にも言うようなセリフですが、本当に大切です。特にリゾバは地方の旅館やホテルが多いです。

最近の会社は実力主義で年功序列は関係なくなってきますが、地方のホテルはばりばりの縦社会です。

いくら派遣社員で短期間であっても初っ端から嫌われないためにも当たり前のことをしっかりと行いましょう。

まとめ

ぼくも派遣当初は辞めたいということが頭をよぎりました。しかし、2週間我慢すれば最初厳しかった人も冗談を言ってきたり、よくしてくれたりと居心地がよくなってきます。

どうしても我慢できない場合は仕方ないですが、できれば最後まで任期を終えるまでがんばってほしいです。

途中で辞めたいと思う場合は、派遣会社が合わなかった可能性もあるので、派遣会社からしっかりと比較検討して新たなスタートを切ることをおすすめします。

合せて読べき記事

リゾートバイトはもうこりごりという方にはこちらの記事もおすすめです。

漫画、ネット、寝ていたりするだけで2週間40万円稼げる?!治験バイトとは?
留学資金を捻出するために治験バイトをしていました。治験は短期間で数十万円以上のお金がもらえるボランティアです。短期間で稼ぎ過ぎるので中には怪しいと思っている方もいるかと思います。そこで、治験に実際に参加した体験談をもとに治験の真実を語っていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加