リゾートバイトの持ち物(スキー場編)

数週間~3ヶ月以上と派遣期間のあるリゾートバイト。これまで経験したことのない生活期間なだけに持ち物に何をもっていけばいいのか迷っている人は多いはずです。

また、寮の設備も実際に下見をするわけではないので、不明なことがたくさんありますよね。ということで、今回はホテル・旅館とスキー場のリゾートバイトを経験したことを踏まえて、リゾートバイトの持ち物についてお伝えします。

必需品から持っていかなくていい物までを紹介するのでぜひ参考にしてください。

bsdebu150711559480

絶対に持っていく物

・保険証

・身分証

・メモ帳

・筆記用具

寝れば治る風邪だと思っていても、病院に行かせたがる派遣先がほとんどです。退職して国保に切り替え忘れてきてしまった。といううっかりミスがないようにしたいものです。

メモ帳は仕事を覚えるために必要です。メモを取らなくていい人も、形だけでもメモするフリをした方がいいです。

衣服の目安

・ヒートテック×5

・下着パンツ×5

・靴下×5足

・タイツ×2

・スウェット2着

・パーカー

・長袖ジャージ

・私服1着分

・ダウンジャケット

・仕事に必要な衣類(ワイシャツなど)

毎日取り換える下着などは必ず5着くらいは持っていった方がいいです。その理由としては、寮に暮らす人数に対して洗濯機の数が足りてないことが多いからです。

ぼくが経験したスキー場バイトの寮では、寮に住む20人に対して洗濯機と乾燥機が1台ずつしかありませんでした。笑

なので、常に洗濯機がせわしなく回っている状態です。毎日毎日洗濯することができないので、3日分くらいを溜めてまとめて洗濯している人がほとんどです。最低でも5日分くらい洗濯しなくてもいいくらに衣類は持っていった方がいいと思います。

あと、スキー場バイトの場合、私服は一着分で十分です。みんな休日は大概スキースノボをやりますからね。たま~にスキースノボに飽きた時に、ちょっと出かけるくらいです。心配な方は2着もっていけば問題ないと思います。

bsNKJ56_Lsizenooyouhuku

持っていくべき生活必需品

・バスタオル

・ハンドタオル

・歯ブラシ(洗面用具)

・髭剃り

・爪切り

・長靴

スキー場バイトでの長靴はマストアイテムです。積雪量は膝まであります。ゲレンデ内の仕事でなくても、寮から仕事場に行くまでは長靴の方がいいです。普通の靴だと雪に埋もれます。

できれば持っていきたい生活用品

・ハンガー

・洗濯バサミ

・洗濯洗剤

・綿棒

・マグカップ

・はし

・果物ナイフ

これらは寮にあるようでありません。現地調達できますが、買うと地味にお金がかかります。家にあるなら持ってきた方が得策です。マグカップとはしも寮と食堂は分かれているので、寮でお酒呑んでつまむ時は必要になってきます。

持っていかなくても大丈夫だったもの

・ドライヤー

・シャンプー

・ボディソープ

特に温泉に無料で入れる派遣先の場合、これらは必要ありません。ほとんどが温泉についていて利用可能です。でも、シャンプーは使い慣れているのがいい人はいつものを持参すればいいと思います。

スキースノボに必要なもの

・スキースノボ用手袋

・ゴーグル

・ニット帽

従業員はウェアとボード板の貸し出し無料という派遣先もあります。(ないところは持参する必要があります。)

しかし、ウェア貸し出しOKでもゴーグルと手袋、ニット帽までは貸し出していないことがあります。現地で買うこともできますが、ゴーグルは3000円くらいするので、あれば持ってきといた方がいいでしょう。

あると楽しめる物

・ゲーム機

・トランプ

・パソコン

・暇をつぶせるもの

寮には1部屋に1台テレビを置いている派遣先がほとんどです。またスキー場バイトのスタッフは20代前半が多いのでゲーム機などを持ってくると盛り上がる可能性大です。

あとは、基本的にスノボスキーをするくらいしかないので、暇をつぶせるものを持ってくることをおすすめします。パソコンは寮で使えなくても、館内で地味に使えたりします。

あると超便利なもの

たこ足コンセント

場合によって必要なもの

・耳栓

・アイマスク

いびきが気になる方にとって耳栓は必須かもしれません。スキー場バイトはほとんどが相部屋なので、いびきが激しい人といっしょの部屋になると大変です。

また、生活リズムも人によって違う場合があるので消灯したいタイミングも違います。そういう時は、アイマスクも必要になってくるかと思います。

スキー場リゾバはスーツケースで来るべし!

スキー場バイトはほとんどが相部屋です。共同で生活するため自分の物を収納するスペースが絶望的にありません。それら辺にほっぽとくとルームメイトに迷惑ですし…そこで鍵を握るアイテムがスーツケースです。

スーツケースを開いたまま二段ベットにしたに入れると下の写真のようにちょうど良い収納ケースになるのです。

リゾートバイト スーツケース

これがバックパックだといちいち探さないといけないから大変。スキー場バイトの寮はほとんどが二段ベットで、クローゼットがないので、収納ケースとしてスーツケースで来ることがおすすめです。

ちなみにスーツケースで来なかったぼくは、スーパーから段ボールをもらってこんな風に収納箱を作っていました。

リゾートバイトの寮生活風景

自宅から派遣先へ荷物を郵送しよう

ここまで読んでもらえばご覧の通り、けっこうな持ち物になります。すべてを一辺に持っていくことはかなりの試練です。

なので、寮入りする前に自宅から荷物の郵送を許可している派遣先がほとんどです。必要なものは遠慮なく郵送で送って快適なリゾバ生活を過ごす準備をしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加