遊びすぎ要注意!石垣島リゾートバイトの口コミ・評判  

やっぱり沖縄の離島といえば…

そう!石垣島!

1度本島を訪れて沖縄の虜になった方は、新たな挑戦として石垣島をはじめとする離島に行ってみようと思うはずです。沖縄の離島は大小含め160もあると言われていますが、その中でも一番最初に訪れたい離島が石垣島です。

ぼくも沖縄の主要な離島は全部回ったのですが、その中でも石垣島を拠点にリゾートバイトするのが沖縄を満喫するうえで一番良いと思いました。今回は、そんな石垣島でリゾートバイトをする魅力をお伝えします。

石垣島の概要

石垣島は沖縄本島から南西のところに位置しています。那覇から飛行機で約1時間。地図上で見ると本島よりも台湾の方が近いです。なので、石垣島の市街地には台湾の観光客がけっこういました。

Screenshot_2016-04-19-11-48-47

※赤い丸で囲っているところが石垣島です。

日本のほぼ最南端に位置しているので、とにかく暖かい、暑いです。12月などの冬のシーズンでも気温は20℃を越えます。なので、石垣島の人はコートを着ることに憧れているそうです。寒いのダメっていう人は避暑地ならぬ、避寒地として最適な場所です。

島の面積は約222.6㎞。島の外周は車で約3時間かかります。市街地の寮を中心とした生活ならば自転車で十分生活できますが、市街地から外れると坂道があるので車やバイクを持っていたほうが便利です。空港沿いならばバスが1時間に2本市街地まででているので、バスも使うことができます。

石垣島の中心地は意外と都会!!

石垣島の中心地は空港からバスで40分ほど走ったところにある石垣港離島ターミナル(フェリー乗り場)周辺になります。「石垣島ってそこらへんに牛とか歩いてるよー」って友人から聞いたことがあったので、何もない田舎を想像していたのですが、、、全然違いました!

バンナ公園から撮影した市街地

バンナ公園から撮影した市街地

24時間営業の大型スーパー(マックスバリュー)はあるし、マック、TSUTAYA、コンビニ、カラオケ、ボーリングなどなどがあります。石垣島でリゾートバイトをする場合、市街地から遠くの勤務地にならない限りは生活に不自由することはありません。

意外と都会だからと言って自然がないかというとそうでもないんです。市街地からちょっとでも離れると、マングローブがあるアマゾンのような川があったり、山があったりします。

石垣島マングローブ

石垣島マングローブ

たまには自然癒されたいと思ったら、ちょっと市街地を遠ざかるだけでいいのも石垣島の良いところです。

石垣島リゾートバイト休日の遊び

石垣島は本当に遊びの種類が豊富です。マリンスポーツのダイビングはもちろんのことダイビング以外にも石垣島はたくさんのマリンスポーツで遊べます。

シュノーケル、シーカヤック、SUP、サブウイング、ドルフィンスイム、パラセーリング、パラグライダーとマリンスポーツがたくさん。

その中でも個人的におすすめなのが、シーカヤック。カヤックは視線が水面に近いんで、透明度の高い石垣の海面を滑るような感覚で進むのがたまらなく気持ちいいんです。濁流を下るようなアクティブなカヤックもいいですが、穏やかで透明度の高い水面をスイスイ進むカヤックも最高です。


石垣市 石垣島 (トリップアドバイザー提供)

また夕方には岸辺から眺めるサンセット。海が透き通ってるからこそ、夕日のオレンジも一層のこと映えて見えます。

サンセットをみたら、星空観賞。市街地をちょっと離れればあたりは真っ暗なのできれいな星空を見ることができるんです。石垣島の休日は平日の仕事よりも忙しいかもしれません。

石垣島を拠点とした離島巡り

数か月居ても飽きることのない石垣島だとは思いますが、もし石垣島を遊び尽くしたなんて場合も安心してください。そんな方は石垣島を拠点として離島巡りがあります。石垣島から5つの離島への航路があります。離島ターミナル周辺が最も栄えているがその証拠。

参照元URL:http://www.iriomotejima.net/access.php

参照元URL:http://www.iriomotejima.net/access.php

どの離島もまた特徴があって面白いのですが、その中でも石垣島からフェリーで20分くらいの竹富島には絶対行ってほしいです。石垣島では見ることのできない、島独自の空気間が漂っています。

竹富島高台から撮影

竹富島高台から撮影

舗装されてない道路に、赤レンガ造りの石垣で囲まれた平屋はまさに島独自の文化を感じられます。気分転換したいと思ったら異国の地を思わせる竹富島にもぜひ足を運んでみてください。

石垣島リゾートバイトの仕事

仕事の求人は沖縄離島の中でも最多の案件を誇ります。その中でもやはり多い求人がホテルスタッフ。レストランホール、フロント、清掃・裏方業務などです。スタッフは正社員よりも派遣社員の割合が高く、いっしょに働くメンバーは同じ県外から来た人たちがほとんどです。

でも、派遣社員の上司にあたる正社員の人は9割方地元民です。島特有の方言があってうまく指示を聞き取れなかったらどうしようという不安を持つ方もいますが、その辺は大丈夫です。

正社員の地元民の人の方が標準語で話します。それもそのはずお客さんも県外から来る人がほとんどなので、立場的に標準語を使わざるおえません。地元民同士で話すような時はわけわかりませんが…

あと、台湾が近いということもあって台湾人が観光でよく訪れるようになりました。英語ができなきゃダメ!ではありませんが、英語ができた方が得ではあります。

英語接客できる人が少ないので、職場でけっこう頼りにされるからです。職場で重宝されるようになると、買い物に行きたいときに車を出してもらうなど何気に良いことがあります。

英語がしゃべれなくても沖縄民は気さくな人が多いので、がんばって仕事してれば優しく接してくれます。

石垣島でリゾバをするなら派遣会社はヒューマニック一択

ヒューマニックはダイビングライセンス割引がある

石垣島に行ったらダイビングライセンスを取得して思う存分ダイビングを楽しみたい!という方も多いのでは?!ヒューマニックを通してリゾバに申し込むとダイビングライセンス取得割引が受けられます。その割引は60%オフ。金額にすると3~4万円の割引を受けることができるんです!!

他の派遣会社にはこのような特典はないので、ダイビングライセンスをリゾートバイト中に取るなら、ヒューマニック一択です。

リゾバ期間前後で充実した沖縄観光ができる

ヒューマニックは沖縄にも支店を持っているのですが、支店のみならずゲストハウスも持っているんです。ヒューマニックのリゾバスタッフであればそのゲストハウスに滞在可能。

しかも1泊1000円と格安!

石垣島のゲストハウスの相場は1500~2500円くらいなので、これまた金銭面でお得なメリットを受けれるのです。

ヒューマニックのHP「リゾバ.com」:http://www.rizoba.com/

まとめ

ぼくが石垣島に行く前の田舎イメージはどこへやら。

とにかく、石垣島は至れり尽くせりです。生活環境はいいし、市街地を離れれば自然が広がっているし、休日は色んなマリンスポーツを楽しむことができる。お金の使い過ぎには要注意ですね。

他の離島へのアクセスも良いので、沖縄の離島リゾートバイトで迷ったら石垣島にするのがbetterです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加