リゾートバイト沖縄の口コミ・評判。沖縄リゾバの遊び方やおすすめ派遣会社まとめ

リゾートバイトの醍醐味はリゾート地という非日常な環境の中で働けるということ。そんなリゾートバイトの中でも郡を抜いて非日常経験ができるのが沖縄でのリゾートバイトかと思います。

沖縄での生活誰しもが一回はいいな~と考えたことがあるのではないでしょうか。憧れの沖縄生活を実現する方法のひとつにリゾートバイトでと考えいる方も多いはず。
そこで、今回は沖縄のリゾバを経験したことがあるKくんの体験談と自身の2週間の沖縄滞在経験を元に沖縄のリゾートバイトについてお伝えします。

沖縄の概要:沖縄リゾバは求人豊富

map_okinawa_i

画像元URL:http://www.isigakizima.net/gaiyo/gaiyo.php

沖縄のリゾートバイトと一口で言えども本島だけに求人案件があるわけではありません。上記の地図のすべての離島にリゾートバイトの仕事案件があります。離島は離島で本島にない良さがあったりするので興味がある方は離島の詳細を書いた記事を後ほど紹介するのでチェックしてみてください。

沖縄リゾートバイトのおすすめポイント

本島と離島で楽しみ方やライフスタイルに多少違いがあるのですが、まずは沖縄全般に言える沖縄でリゾートバイトする上での魅力を紹介していきます。

沖縄と言えばやっぱり、海!

やっぱりねー沖縄と言えば透き通るような海に白い砂浜です!ぼくは関東生まれなので東京や神奈川の海しか知らずに育ったのですが、沖縄の海を見た時は衝撃を受けましたね。

同じ日本とは思えないほど透明度が違います。沖縄の海を体験してしまったら、もう神奈川の海に行くことはできません。いやだってもう、水面越しに熱帯魚をみることができるんですよ。

55747516 (1)

沖縄のリゾートバイトを考えている方はダイビングをしようと意気込んでいる方が多いと思います。そんな沖縄海の海開きは3月中旬からです。海開きは本島、石垣島、宮古島いずれかで開催されるお祭りが合図となっています。

そして海水浴として開放されるのは5月頭~9月の間。日本一長い海水浴シーズンを味わえるのは沖縄だけ。ダイビングやサーフィン、マリンスポーツを主眼に置いてる方はこの期間のリゾートバイトが最適です。

またマリンスポーツはそこそこにきれいなビーチに毎日癒されたいという方も安心してください。沖縄には、離島を含め20以上もの有名ビーチスポットがあります。有名ビーチスポットの近くにリゾートホテルがあり、そこで働く可能性もあります。

ということは、いつでもきれいなビーチを散歩することができて、サンセットをみることができて、時には独り占めすることだって…休日は色んなビーチを回ることだってできるわけです!

沖縄の海に癒されたいという人は人気がなくなる10月~4月のオフシーズンに沖縄リゾバもありかもしれません。

南国のゆる~い空気感

言葉で説明するのが難しいですが、沖縄に行くとなんか心がオープンになるんですよね~。それには色んな訳があると思うんですが、ぼくが思うにその理由は3つ。一つはスーツを着ている人が少ない。スーツってピシッとしていて良くも悪くも緊張感与えるじゃないですか。そのスーツを着た人が沖縄にはほとんどいません。

沖縄県庁周辺はけっこうオフィス街だったりするんですが、ビルから出入りする人たちもポロシャツだったり、アロハシャツだったり。もうクールビズを一番実践している県ですね。街中にスーツを着ている人を見かけないだけでだいぶ心持が変わります。

昼間から酒を飲んでる人が多い。やっぱり観光地ですかね。休暇で遊びに来ている人が土日限らず多いわけで、仕事なんてないからそりゃお酒も昼間っから飲みますよね。都内だと昼間っからビールなんて飲んでたらちょっと痛い目で見られたりしますが、沖縄は全然大丈夫。

なんなら石垣島でオリオンビール片手に大通りを自転車漕いでる人いましたからね。おいおい飲酒運転だぞ!笑なんて思いましたが。

そんでもって、昼だけじゃないですね。酒盛りは。夜になると一段と盛り上がる。宮古島の住宅街で軒下で8人くらいで酒盛りしているグループを毎日2組くらいみますからね。

住宅街といっても東京都みたいに超密集してないので近所迷惑とかを考えなくていいんでしょう。これビーチとかで波の音聞きながらお酒とか最高そうですよね~

寛容な沖縄地元民

あとはやっぱり人です。地元民に出会う度、陽気で寛容な人が多い。ゲストハウスに泊まった時、「おはようございまーす」と声をかけたが最後30分くらいしゃべってくるおじちゃんとかがいたり、地元の美味しい物買おうと思って市場いったら、お腹いっぱいになるくらい試食させてくれたり、やっぱり土地柄なんでしょうね~おおらかな人が多いです。

おおらか過ぎる分地元民の人と時間の約束をした時は気を付けてください。30分~1時間平気で遅刻してきます。うちな~タイムというらしいので沖縄特有のもんだと思って合わせてみてください。

沖縄リゾートバイト休日の過ごし方

沖縄で遊べる多種多様なマリンスポーツ

やっぱりね、沖縄と言えばマリンスポーツですね。海がきれいだからダイビングやシュノーケル環境は最高です。岸辺からでも熱帯魚を見ることができるんだから、水中に入ったらもう感動です。

ダイビングの他には、シーカヤックや水上スキー、バナナボート、パラセーリングなどがあり自分の好みに合わせて色んなマリンスポーツを楽しむことができます。全部制覇するもよし、どれか一つを極めるのもよし、海水浴シーズンのリゾバはマリンスポーツがアツいです。

沖縄独特の文化を感じる

琉球王国の文化が根づく沖縄にはここは日本か?!と思わせる独特な雰囲気が満載。民家の作りもぼくが住んでいる関東とは全然違うからどこにいても刺激的。

沖縄にじっくり滞在して気づいたんですが、家の守り神とされるシーサーにもいろんな種類があったんですね。島や地域ごとにシーサーの表情や色、ポーズが全然違うんです。少なくとも10種類以上はあると思います。

IMG_20160414_112243

リゾートバイトはじっくと沖縄滞在できるので、ぜひ自分だけの楽しみを見つけてみてください。

沖縄の自然にパワーをもらう

南国ってだけあって、市街地を外れれば緑がいっぱいです。そして、沖縄の自然は見て癒されるというよりは、見てパワーをもらうという感じです。

特にガジュマルが見られる大石林山には圧倒されます。岩肌のわずかな隙間から成長する木々に逞しさを感じます。

沖縄料理を楽しむ

食も沖縄でしか味わえないものが目白押し。特にゴーヤチャンプルーは一回食べただけだとゴーヤがめっちゃ苦ってなって次はいらないかな。なんて思うんですが、これが食べ慣れると病みつきになっちゃんです。たぶん、ビールが最初に苦くておいしくないって思うのといっしょ。

あと沖縄と言ったら、オリオンビールに泡盛ですね。特に泡盛は沖縄に来るとその種類の豊富さに驚かされます。泡盛ってこんなに種類あったんだ…市販のスーパーでもこの品揃えです。

IMG_20160411_183938

そして、どれもお手頃価格。海ブドウや豚足をつまみに屋外で飲む酒は最高ですよ。

沖縄リゾートバイトの仕事内容

ホテルスタッフ

沖縄は観光地という事だけあって、ホテルスタッフの求人がたくさんあります。客室が多い大手のホテルなどは近くに有名なビーチがあることが多いです。リゾートバイトは勤務先周辺に住み込むことになるので、白い砂浜をいつも散歩することができます。

客室数が少ない個人経営をしているようなところでのリゾートバイトは沖縄独自の文化に触れる機会が多いです。地元の人との交流もあることが多いので、生活してみなきゃ味わえない文化を体感することができるでしょう。

リッチなリゾート気分を味わいたければ大手ホテルへ。沖縄の文化に触れたければ規模が小さい個人経営の民宿、ホテルがおすすめです。

マリンスタッフ

沖縄のリゾートバイトでも人気が高いのがマリンスタッフ。お客さんも沖縄という地にくることで気持ちが開放的になり、楽しもうという人が多いのでテンション高く接客することができます。だから、とにかく楽しく仕事できるというのが、マリンスタッフの良い所。

また、マリンスタッフのほとんどが関連店舗のダイビングやマリンスポーツで遊ぶ割引を受けられるので、マリンスポーツを楽しみたいという人にはもってこいのリゾバです。

水牛ツアー運営補佐

これは完全にちょっと変わった仕事をしてみたい!なんて考えている方向けです。このリゾートバイトは石垣島や西表島など離島での仕事求人になります。

IMG_20160414_111049

水牛に乗って観光ガイドをするにはさすがにリゾートバイトの期間だけでは難しいところがあるかもしれません。でも、沖縄の文化にどっぷり浸かることが目的なら仕事もこのくらい変わってるのをやってもいいのかもしれません。

沖縄リゾバの絶対派遣会社に登録した方が良い理由

今まで紹介した沖縄の暮らしや仕事は現地に直接行って探すという方法があるのですが、それはかなり非効率です。地元民ならいいかもしれませんが、沖縄県民以外の方が沖縄で働く場合はリゾートバイトの派遣会社を通すのが一番良いです。

寮費・食費が無料

派遣会社を通すメリットの一番は寮費・食費がかなり抑えられるということです。派遣会社に登録すれば寮費は基本的に無料の求人案件を探すことができます。中には寮費を払うところもありますが、だいたい月1万円くらいです。

沖縄で一番安い賃貸を自分で見つけようとすると2万円ちょっとはかかります。探したり、内見したりするのも面倒ですし、それを考えると着の身着のまま次の日から行くことができるリゾートバイトはかなり効率的といっていいでしょう。

現地直接採用よりも時給が高い可能性がある

現地直接雇用よりも派遣会社雇用の方が高時給な場合があります。派遣会社経由でリゾートバイトをすると給料は勤務先からではなく、派遣会社からもうことになります。

慣れるまではちょっと変な感覚ですが、勤務先が現地で求人を出していても派遣会社で見た求人とは時給が違っている場合が多いです。たいていは派遣会社の方が高時給なので給料に関しても派遣会社に登録する方がbetterです。

沖縄リゾートバイトおすすめの派遣会社は!?

リゾートバイトの派遣会社をあげろと言われれば出てくるのはたいてい、ヒューマニックかアプリかアルファリゾートだと思います。

HPを見るとあまり変わらないよう気がしますが、求人掲載数から時給まで派遣会社によってその内容は全然違います。沖縄でリゾートバイトをする場合はどこの派遣会社がおすすめなのか一目瞭然にするために派遣会社の比較表を作ってみました。

沖縄リゾートバイトの時給と求人数【派遣会社比較一覧】

場所/派遣会社ヒューマニックアルファリゾートアプリリゾート
本島時給(円)700~920660~900700~760
求人案件数581615
石垣島時給(円)700~820700~820740
求人案件数30101
宮古島時給(円)700~800750700~800
求人案件数10153
西表島時給(円)700~800680~920700~900
求人案件数1372
小浜島時給(円)720~750700~780760
求人案件数751
久米島時給(円)700~750700700
求人案件数745
その他離島
慶良間、伊江島
与那国島
時給(円)700~800700750
求人案件数521
※1.2016年4月作成。各派遣会社情報は随時更新されます。
※2.夏のシーズンになると求人案件は上記の倍近くになります。
※3.スナック、ガールズバーなど特殊な仕事は上記時給に含んでいません。

比較表を見てもらえればわかる通り、求人数の豊富さ時給の高さでヒューマニックが圧倒的に良いです。本島でも離島でもまず沖縄でリゾートバイトをしたいと思ったら、ヒューマニックに登録して探すのが一番手っ取り早いです。

これだけでもヒューマニックが良いことはわかるのですが、他にも沖縄リゾバはヒューマニックにした方が絶対的に良い理由が2つあります。

沖縄リゾバでヒューマニックがおすすめなわけ

・ダイビングライセンス割引

な、、なんと!!!ヒューマニックを通して沖縄リゾバをするとダイビングライセンス取得が割引で受けられます。しかも、その割引金額が60%off以上!!通常ダイビングライセンスの取得には4~5万円くらいかかるのが普通ですが、それが1~2万円で受けれるようになるのです。

他の派遣会社にはこのような特典はないので、ダイビングライセンスをリゾートバイト中に取るなら、ヒューマニック一択です。

・リゾバ期間前後で充実した沖縄観光ができる

リゾートバイトの前と後で本島にプチ滞在、観光したいという場合はヒューマニックが持っているゲストハウスに1泊1000円で滞在することができます。

那覇周辺のゲストハウスの相場は1500~2500円くらいなので、これまた金銭面でお得なメリットを受けれるのです。

ヒューマニックの公式HPへ

まとめ

沖縄リゾートバイトはかなりおすすめです。生活にも意外と困らないし、遊びは至れり尽くせりなので、かなり充実した日々になります。一つだけ言うと、貯金をけっこうしたいなという人にはあまり向かないのかもしれません。遊びすぎるとむしろマイナスになりそうな気がしますしね…笑

沖縄リゾートバイトも行く地域によってはライフスタイルや遊びも違ってくるので、ぜひぜひ自分に合った勤務先を検討してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加