チェンマイに長期滞在するならコンドミニアム(アパート)とゲストハウスどちらがよいのか?  

留学など長期滞在となると重要なのが住居をどうするか?ということだと思います。チェンマイには、海外からの旅行者や長期滞在者が多いので、多くのゲストハウスやホテル、1カ月から借りることのできるアパートがあります。

いろいろ選択肢がある中で一体どれがお得に過ごせるのか?

タイのチェンマイに1カ月ちょっと滞在した経験からコンドミニアムとゲストハウスどちらがお得に過ごせるのかを比較してお伝えします。

チェンマイ コンドミニアム

チェンマイのコンドミニアム(アパート)について

日本でいう賃貸アパートのことをチェンマイでは一般的にコンドミニアムと現地の人たちは言っています。ぼくも実際に3週間ちょいコンドミニアムで生活したのですが、非常に快適でした。

月々7,8000バーツで借りることのできるコンドミニアムの内装はこんな感じです。

チェンマイ コンドミニアム

物件① 月7500バーツ

チェンマイ コンドミニアム1

物件② 月8500バーツ

チェンマイ コンドミニアム2

ベランダからの眺め

一人暮らしするには十分な広さ。そして、キッチンにデカいテレビ、きれいなトイレ、暑いタイには欠かせないクーラーと設備も万全です。このクオリティで月々日本円にて2万円ちょっとなので、かなり驚きです。

チェンマイのゲストハウスについて

ゲストハウスは安いところで1泊300円台から宿泊することができます。もちろん、4~6人のドミトリーです。個室になると、800円から1500円くらいです。

チェンマイでは朝からやっている屋台が意外と少ないので、800円くらいから泊まれる朝食付きのゲストハウスはけっこう重宝したりします。

チェンマイのゲストハウスの特徴は、ゲストハウスによって国籍が固まりやすいということです。日本語表記で案内が書いてあるゲストハウスには日本人が集まりやすいですし、中国表記で書いてあるゲストハウスには中国人が集まりやすいです。

もし、英語を鍛えるために西欧人の友達を作るなら、洋風のゲストハウスに宿泊することをおすすめします。

チェンマイ ゲストハウス

3か月以上滞在してもゲストハウス・コンドミニアムの費用はあまり変わらない

3か月以上の滞在でもゲストハウス・コンドミニアムでの滞在費用はぶっちゃけあまり変わりません。ゲストハウスにかかる費用は宿泊費のみですから、1泊800円のところに滞在したとしても月々2万4000円。

それに対して、コンドミニアムは滞在月数に応じて月500バーツくらい割引があります。7500バーツの物件を3か月契約して月々7000バーツ。それに加えて、光熱費を月々1000~1500バーツ払ったとしたら、コンドミニアムも2万4000円前後となります。

300円台のゲストハウスに泊まれば安く済みますが、クーラーがないなど設備が不十分だったりします。同じようにコンドミニアムも安い物件を探せばいくらでもでてきます。

この辺は自分がどのくらいの生活レベルにしたいか好みのだと思うので、それに応じた場所を探せばいいと思います。

チェンマイでのコンドミニアム物件の探し方

日本語で検索すると確かにコンドミニアムの情報が出てくるのですが、日本から事前に申し込むと値段の割に部屋の質は低いものがほとんどです。なので、ぼくは現地についてから物件探しをおすすめします。現地での物件の探し方は2通りあります。

不動産会社に行く

ひとつめがコンドミニアムの賃貸を仲介している不動産会社へ行きます。おすすめのお店は、HASUのHANAという日本語対応可能なお店です。というか、日本人向けのコンドミニアム賃貸業者は聞いた話によるとチェンマイにここしかありません。

チェンマイ不動産仲介業者

ぼくが行った時は、英語が話せるタイ人が内見までを担当してくれました。実際の契約書を交わすときには日本人と思われる方が丁寧にいろいろと日本語で説明してくれました。

物件はその時々によると思いますが、ぼくが行ったときは最安値でひと月7500バーツの物件から紹介可能でした。

IMG_20160513_142454

土日、祝日はお休みっぽく、平日も9~17時営業なのですが、空いていないこともあるので、余裕を持って行った方がいいです。日本語対応しているので、語学に自信がない方はHASUのHANAに行くことをおすすめします。

HASUのHANA位置(赤ポチのところ)

HASUのHANA位置(赤ポチのところ)

コンドミニアムの管理人に話しかける

不動産会社に行く以外にはコンドミニアムっぽいところに現在空室があるか?を片っ端に聞いて回ることです。時々タイ語しかしゃべれないタイ人管理人もいたりします。確実なのは、看板が出ているところやcondominiumまたは、condoと書いてある看板の物件にあたってみることです。

IMG_20160522_132308 (1)

そういった物件は外国人が借りることを想定しているので、管理人は英語を話せます。仲介業者を通さないので、直接交渉した方が同じクオリティの部屋でも500バーツくらい安かったり、光熱費を下げる交渉がしやすいです。

場所によっては、月6000バーツ以下の格安物件を見つけることも可能です。コンドミニアムもHASUのHANAがある周辺にたくさんあります。交渉に自信のある方は、歩き回っていろいろ探してみてはいかかでしょうか。

コンドミニアムを借りる際の注意点

コンドミニアムを借りる際は日本みたく敷金、礼金などを払うことはありません。その代わりにデジポットがあります。デジポットとは預り金のことで、退居する際に家具が壊れていたり、壁に大きな傷があったりした時はデジポットから引かれます。特に何もなければ、デジポットは退居の際に返金されます。

このデジポットは賃貸する最初に1ヶ月の家賃といっしょに渡します。その額は1ヶ月の家賃分というところがほとんどです。つまり、最初に1ヶ月の家賃が7500バーツだとしたら、7500+7500(デジポット)=1万5000を払うことになります。

デジポットの厄介なのが、退居した時に返金されるというシステムであること。もし、帰国日が8月1日で退居日を7月31日にしていたとしたら、1日で7500バーツ使わなければいけません。チェンマイからバンコクの交通費に当てたとしても5000バーツあまります。バンコクで豪遊するのも悪くないですが、出費を最小限に抑えたい方もいるはず。

交渉によっては家賃の3分の1のデジポットでOKというところもあるので、交渉してデジポット額を下げるか、帰国日の1週間前くらいに退居日を設定して観光費用に当てるなど工夫が必要です。

ゲストハウスで長期連泊する際の注意点

ゲストハウスでも1週間連泊したら割引があったりします。長期滞在を考えるなら、1週間以上の連泊を考えるのも普通かと思います。さらに、海外での宿泊予約サイトを使えば日本語で簡単に現地の宿が取れるので事前に長期予約する場合もあります。

その時に、注意してほしいのが予約サイトと実際の宿の様子は違う可能性があるということです。例えば、クーラーがついていると予約サイトには、あったのに行ってみたら個室部屋だけについていたり、写真のイメージと全然違って1週間以上はいれないと思うようなところだったりします。

なので、最初はいくら長期割引があるからといってもまずは1泊だけ予約をすることをおすすめします。気に入らなければ、移ればいいし、気に入れば連泊予約をするという方法が一番おすすめです。

これでぼくは失敗しています。クーラー付き、個室のホテルを2週間800円で予約できたのですが、着いてみたらコンクリート打ちっぱなし、地下実験室のような薄暗い部屋でした。この時は本当に2週間ドカンと予約してしまったことを後悔しました。それからは、まず1泊だけ予約して良かったら連泊予約を徹底しています。

宿泊予約サイトの中でも、一番agodaがおすすめですがいくら良いサイトでもゲストハウス側が写真などを盛ったりするので、まずはagodaで一泊の予約をしてよかったら連泊の予約をした方がいいです。

コンドミニアムを借りるメリット・デメリット

メリット

・ひとりの時間が持てる

・生活環境は文句なし。月2万から一人暮らし生活ができる

・友達も呼ぶことができる

・警備員が入り口にいたり、2重ドアだったりとセキュリティが万全

・長期契約すればするほど家賃がお得になる

デメリット

・自分から声掛けないと友達が作りづらい

・デジポット返金が退居した時であるがゆえに、バーツが余る可能性高

・なろうと思えば徹底的に引きこもりになれてしまう

・1ヶ月以上滞在できないとお金的なメリットは低い

ゲストハウスで滞在するメリット・デメリット

メリット

・自然発生的に宿泊者と会話をする場面がある

・他国の友達を作りやすい

・西欧人が集まるゲストハウスに行けばネイティブ英語の勉強になる

・1泊から宿泊ができる

デメリット

・持ち物の盗難・紛失の可能性が高まる

・トイレ・シャワー・その他設備を共同で使わなければならない

・ルームメートによっては寝息がうるさかったりして、眠れない

まとめ

コンドミニアムにするかゲストハウスにするかは自分の好き嫌いで決めるべきです。1ヶ月はコンドミニアムで次の1ヶ月はゲストハウスにするなど両方試してみるのもありかもしれません。

個人的には、コンドミニアムを借りて、友達を作りに1泊だけゲストハウスに行くっていうスタイルが一番いいのかなと思います。そこで、気が合えばコンドミニアムに遊びに来させてもいいわけですし。

やり方は色々ですので、注意すべきとこだけ抑えて自分に合ったやり方を試してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加