タイ・チェンマイのNES Langlage shoolとYMCAという語学学校で英語を勉強中。その様子を紹介するよ!  

タイのチェンマイで英語を勉強しています。日本語の情報が少ないだけで、チェンマイには英語を学べる語学学校がたくさんあります。

せっかく、1ヶ月通うのだから自分に合った学校選びをしようと思い、色々足を運んで話を聞いてみて、NESとYMCAで英語を学ぶことにしました。それぞれ、2時間ずつ、1日計4時間のダブルスクールです。プライベートレッスンとグループレッスンの両方を受けているので、今回はその様子をお伝えします。

YMCAでプライベートレッスン

YMCAのプライベートレッスンの講師はイングランド出身のおじいちゃん先生John。タイ人の英語講師とネイティブ講師とで選べるのですが、値段が約3000円しか違わなかったので、もちろんネイティブ講師を選びました。

プライベートレッスンの教室はこんな感じです。

ただっぴろい!笑 グループレッスンで使う教室を2人で使います。最初は少々抵抗がありましたが、授業が始まると会話に夢中でそんなこと全然気になりません。教室にはもちろんエアコンが完備されています。外の気温は日中40℃くらいあるので、ないとあるのとでは全然違います。

授業は基本的には、テキストに沿って行っていきます。ですが、プライベートレッスンなので、別にテキスト通りに進める必要もありません。初回の授業の時に、「テキスト通りにやるけど、きみが勉強したいように合わせるよ!気軽に言って!」という風に言ってくれました。

そして、テキストの最初のページからスタート…

ユニット1 自己紹介

Hello, I’m John. Nice to meet you.

I’m Tom. Nice to meet you too!!

か、簡単すぎる!!!

ということで、関係代名詞をテーマとした章に移動。自分の英語レベルに合わせて勉強しています。プライベートレッスンの何よりもいいところは自分が積極的にしゃべらなければ授業が進行していかないというところ。

グループレッスンみたいに黙っていて終わることはありえません。どうしても、英語を鍛えなきゃいけないという方は逃げ道のないプライベートレッスンがおすすめです。

NESでグループレッスン

YMCAで2時間のプライベートレッスンを終えたら、次はNESで2時間のグループレッスンです。最初のテストでレベル別に振り分けられます。4つのレベル別なのですが、ぼくは2段階目のレベル。

授業は先生によってちょっとずつ異なります。ぼくのクラスは1日1テーマのディスカッション形式であることが大半です。テーマが「食べ物」だったら、先生があらゆる角度から食べ物に関する質問をします。「韓国、中国、日本だったらどこの国の食べ物が一番だと思うか?」などの質問に対してディスカッションをしていきます。

授業はかな~り自由度が高いです。故にあまり積極的にならなけれれば、2,3語しかしゃべらず終わってしまうこともあります。

IMG_20160523_173445

そこそこにきれいな教室

どんな人たちが授業を受けているのか?

グループレッスンはだいたい5~8人であることがほとんどです。割合は中国8割、韓国1割、日本1割と中国人の割合が圧倒的に多いです。地理上で見ても確かに中国とタイは近い位置にありました。

(近いと言っても中国は広いので、南の方に住んでいる人に限ってですが。)

なので、授業の途中で1人の中国人が英語を聴き取れなかったら、仲間が中国語で訳し始めるので、中国語が飛び交ったりしてます。

IMG_20160527_164437

ネイティブ講師のジャック先生

イングランド出身。10年前から英語の講師をやっているのだそう。自称元不良。酒を飲むと闘争精神が芽生えるから、今はまったく酒を飲まないらしい。元NES生徒のタイ人フィアンセがいる。なんでも、そのタイ人彼女の家はかなりの金持ちらしく、彼女のお母さんにトヨタの新車を現金一括で買ってもらったんだとか。見事に逆玉の輿をもぎ取ったラッキーティーチャー。

シーさん

上海出身の中国人。はまっているゲームは「龍が如く」と「モンハン」。しょっちゅうタイのガールズバーに通っている典型的な遊び人。同じクラスなんだけど、英語があまり通じず、同じクラスの中国人にしょっちゅう訳してもらっている。かと言って英語をがんばって勉強している様子もなし。たぶん、ボンボン育ちで甘々に育てられてきたんだと思う…

敬ちゃん

嵐好き、新垣結衣好き、日本のことをよく知っている女の子。性格もけっこうまじめで、周りの空気を読んだりしながら発言する子。どこか日本人っぽい性格を感じます。「中国人は自分勝手だ」とかいう偏見があったけどこの子にあったことでやっぱり人それぞれだよな~と強く思いました。

ジョイ姉さん

北京出身のお姉さん。北京でOLしてたんだけど、疲れちゃったので仕事を辞めてチェンマイに来たそうです。都会の目まぐるしい感じが苦手らしく、バンコクや北京よりも、ほどよく落ち着いていて生活に不便しないチェンマイはかなり気に入っているらしい。年齢はおそらく20代後半だけど大人の気品漂う色っぽいお姉さん。歳は絶対に教えてくれませんでした。

チャンさん

韓国人のおっさん。日本人のゲストハウスのほぼ隣でゲストハウスをやっている人。正確に言うと、タイ人の奥さんがゲストハウスの持ち主でチャンさんはそのサポート役だそうです。英語学校に通い始めた当初「どこに泊まっているの?」と聞かれ、「日本人のゲストハウス」と答えたら、「うちの方が50バーツ安いから来なよ!」と誘われました。こうやってお客をうまい具合にとっていくんだと思いました。

まとめ

フィリピン留学みたい寮生ではないので、全体的にかなり自由度が高いです。ゆえに、英語力をガチで伸ばそうと思っている人は、自分に厳しくしないとタイでは伸ばしにくいのかなと思ってます。

でも、ネイティブ講師とのプライベートレッスンを格安で受けることができるのはかなりの魅力かもしれません。学校の掛け持ちや授業をいかに上手く組むかによっても英語力の伸びは変わってくると思います。

個人的には、日本人がほぼいない環境で過ごしたので英語で何かを伝えるということに関しては抵抗がなくなりました。とりあえず、うまく文法が組めなくても自分が知ってる言い回しで伝えたり、意外と自分英語話せるじゃん!という自信がついたは大きかったです。

タイ・チェンマイの英語学校の情報はこちらの記事が詳しいです。

タイ・チェンマイでの英語学校比較~タイ英語留学、学生ビザを取得できる学校も紹介します~
タイのチェンマイで英語留学を考えている方へ。チェンマイ市内のおすすめ英語学校を紹介します。タイの学生ビザに関する情報も調べましたので長期で英語留学を考えている方も参考にしてみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加