仲居の住み込みバイトは意外に体力勝負だった!リゾートバイトで仲居をした体験談

今回は、兵庫県と奈良の温泉地2ヵ所で仲居の住み込みアルバイトをした波留さん(20歳)からの寄稿文です。リゾートバイトで仲居(客室係)をやろうと考えている方は、要チェックの内容となっています。

みなさんこんにちは!この前二十歳になったばかりの波留です!今回は、私がリゾートバイトで経験した仲居のお仕事についてお話ししたいと思います。

みなさん、仲居さんのお仕事ってどんなイメージをお持ちですか?

私は、実際にリゾートバイトで仲居を経験する前は、礼儀正しく振舞い、ものすごくおしとやかなお仕事というイメージがありました。

私自身、女性としての魅力を磨きたい!せっかくリゾートバイトをするなら何かを身につけたいと思っていたので、仲居のお仕事に挑戦してみました。

でも、実際にやってみるとイメージ通りの部分もあれば、ものすごく体力勝負だったりと意外な側面もありました。

今回は、これから仲居の住み込みアルバイトやリゾートバイトで仲居(客室係)を考えている方たちへ仲居のお仕事のすべてをお伝えします。

仲居の仕事内容とは

仲居のお仕事は、お客様をおもてなすお仕事です。その旅館がどんなに素晴らしく心癒される空間であったとしても、お客様の満足度は仲居のおもてなしにかかっています。

と、仲居をしていた時よく面倒を見てくれた女将さんは言っていました。

旅館のお仕事は、料理を作る人、フロント、清掃係などいろいろとありますが、仲居はその中でも最もお客さんと接する機会が多いお仕事です。

お客さんのお出迎え、館内のご案内、お茶出し、料理だし、お見送りと接客に関するすべてを行うのが仲居のお仕事でした。仲居は部屋担当制になっていて、場所によって様々ですが、私は最初のところは1部屋。二か所目のところは、2~4部屋担当してました。

※私は2か所別々のところで働いたので、細かく言うと違うこともありますが、仲居の仕事は大体こんな感じです。

仲居の着物について

仲居と言ったらやはり気になるのが、着物ですよね!旅館によって仲居の着物は大まかに3種類あります。

1.本式着物

3つの種類の中でも古くからの日本の伝統そのまま残した一番しっかりした着物です。最初慣れないうちは着るのに1時間くらいかかりました。あと、めっちゃ動きづらいです。2回目の仲居リゾバは本式着物じゃないところを選びました。

2.二部式着物

本式着物を簡略化したもの。見た目はあまり本式着物と変わりませんが、二部式の方が本式よりも軽い素材で作られているので動きやすさが全然違います。もちろん、本式着物よりも着るのがものすごいラクです。

3.作務衣

二部式着物をさらに簡略化したもの。基本的に帯をつけません。パンツもスラックスのようなものを履くので二部式着物よりもさらに動きやすいです。本式着物から作務衣での仕事を経験してしまった私は、一生本式着物での仕事をやりたいとは思えなくなるほど違います。笑

※着物の職場に入る際に準備するものや着方に関しては、アルファリゾートのサイトに詳しく載っているいますので、チェックしてみてください!

【アルファリゾート着物美人のススメ】

仲居の1日

5:30起床

朝から気持ちよくお客様との接客をするために、身だしなみを毎日万全に整えます。朝は二部式着物なので、着物時間は15分くらい見積もっておけば大丈夫でした。

6:30出勤 朝食準備

厨房に行って、すでに料理長が仕込んでおいた料理をお皿に盛りつけていきます。他の仲居といっしょに作業をしているので、この時はみんなで楽しく和気あいあいと作業しています。

7:30 客室へ食事を運ぶ

食事は一つの膳にすべて載せて客室へ運びます。夜は1品1品運ぶのでそれに比べたら、朝はかなりラクです。朝食時のお茶セットや下膳までしたら朝のお仕事はひと段落です。

9:00頃 朝食

厨房の横が従業員の食事スペースになっているので、お客様がチェックアウトされるまで朝食休憩をとります。チェックアウト時間によってこの朝食休憩の時間はまちまちです。お客様を見送ってから朝食休憩に入る人もいれば、朝食を摂った後にお客様を見送る人もいます。

10:00 完全チェックアウト

自分の担当するお客様を見送ったら午後の出勤まで休憩です。

15:00 午後出勤

また身だしなみを整え出勤します。午後は本式着物なので、14時くらいから準備しなきゃいけません。出勤したらまず今日自分がどの部屋を担当するのかを確認します。事前に予約いただいたお客様情報を見ながらどういう風に接客しようか簡単にイメージしておきます。

15:00~18:00 チェックイン&夕食の盛り付け準備

自分の担当するお客様がチェックインしたらフロントの社員さんに呼ばれて、お客様をお部屋までご案内していきます。お部屋にご案内しながら自己紹介しつつ、世間話してお客様と距離を縮めます。

お客様をお部屋までご案内し、館内の説明、お茶出し、夕食のアレルギーの確認、夕食の時間を確認したら夕食を運ぶ時間まで一時待機です。場合によっては、もう料理を盛りつけ始めたりします。

19:00 お料理出し

お料理を1品ずつ軽い説明を添えながら運んでいきます。厨房と客室を何回も行き来するので、結構大変です。お客様の前では、上品におしとやかに振る舞いますが、客室を出た瞬間小走りで厨房に向かいます。ここが意外と体力勝負。

お料理をすべて出し、食器も全部下げたら仲居の一日は終了です。終わりの時間は、お客様の夕食の時間、食べるペースによるのでだいたい20~21時くらいの間です。もちろん、時間超過分は残業がでます。

仲居のこんなとこがきついよ!

着付けの時間は、時給がつかない!慣れないうちは1時間もかかってしまう着付けですが、出勤までの準備時間は時給がつきません!

なので、最初のうちはちょっと損している気分になります。しかし、仲居の仕事は旅館の中で最も時給が高い職種なので、他の仕事と比べるとトントンなのかもしれません。

また、着付けになれればあまり時間がかかることはないので、1か月も経てば元は取れると思ってもらっていいでしょう。

地元の人だと思われ周辺のスポットについて色々質問される

お客様と接することが多いので、「どこ出身?」とか聞かれることがけっこうあります。また、地元民だと思われ観光スポットについての質問もよくされます。

なので、最初の仲居研修でよくある質問に対しての回答例をすべて叩き込まれます。これを覚えるのが大変でした。でも、実際にその土地にいて毎日お客さんと接していれば、1週間のうちにある程度スムーズに受け答えできるようになります。

仲居をやってよかったこと

礼儀作法が身につく

しっかりとした礼儀作法が学べたのは本当によかったです。特に、最初の旅館の女将さんは、一つ一つの礼儀作法にどんな意味合いが込められているかなど、根本的なことまで教えてくれたので、それがとてもためになりました。

自信がつく!女性としての魅力しとやかさ

あと、仲居は礼儀作法だけでなく、普段からの姿勢にも気を配らなくてはいけません。私自身、猫背気味だったのですが、仲居でみっちり鍛えられたことによってそれが改善されました。

姿勢がよくなったせいか、スタイルもよくなったような気がします。また、友達からも上品になったね!と言われて女子力もupしているようです。

bsN811_engawanisuwarukimononojyosei

仲居の給料

仲居のお給料は他の旅館のお仕事と比べるとけっこう高めです。場所にもよりますが、最低でも時給1000円以上はもらえます。多いところだと時給1250円とかもありました。そして、基本的に1日大体9時間くらいは働くので、日給にするとだいたい1万円くらいです。

週休2日くらいで働いていれば月20万円以上はもらえます。旅行シーズンや繁忙期などは残業も増えるので、そのシーズンに仲居のバイトをすれば多い時で月30万円以上は稼げると思います。

2か所の旅館で仲居をして思ったこと

仲居といっても旅館によって、仕事内容や待遇は指定の着物は異なります。ここでは、2か所の別系列の旅館で仲居をして感じたギャップを紹介します。

高級旅館だとチップもらえる!

1か所目の本式着物で仲居をしていた旅館では、お客さんからチップ(お心付け)を頂けることがたびたびありました。その額はだいたい1000~3000円です。

お心付けは、いただいてOK、自分のものにしてOKという旅館だったので、お心付けで給料の他に月2~3万円収入がありました!!後々いろいろと話を聞くと、お心付けはもらったとしても全て女将が預かるというのが基本のようなので、私はラッキーだったのかもしれません。

高級旅館は精神的、大規模旅館は体力的にキツイ

私は1か所目に、高級旅館。2か所目に大規模旅館の仲居を経験しました。お客さんの1泊あたりの単価も高級旅館は5万円。大規模は2万円なので、接客のスタイルにもけっこう差がありました。

高級旅館は客室数も少ないため、1人1部屋担当だったので、おもてなしのすべてを1組のお客さんに注ぐことができます。お客さんも会社の役員クラス、お医者さんといったお偉いさんばかりなので、今まで経験した接客の中でも一番気を遣いました。仕事量は少ないですが、完璧な接客を求められるので、精神的疲労が半端ないかったです。

一方で、大規模旅館は客室数が100ありました。規模が大きいので1人多い時で4部屋担当。大規模なので、分業制で厨房から部屋の近くまで料理を持ってきてくれる仲介役(男性スタッフ)がいるのですが、それでも4部屋担当するとなると忙しいです。

あっちの部屋に出してはすぐこっちの部屋へとお客さんを待たすことはできないので、常に走り回っていました。なので、大規模旅館の仲居ほど体力勝負です。

仲居求人の見つけ方

仲居の求人はリゾートバイトの派遣会社が運営するサイトで探すのが、最も効率的です。自分の行きたい都道府県・地域や寮環境、着物の種類まであらゆる希望の条件にあわせて探すことができます。私が使っていたは主に2つのサイトです。

短期の仲居住み込みバイトならばリゾバ.com

仲居のリゾートバイトを経験してみたい、でも夏休みや1~2ヵ月間しか働くことができない…という方は、ヒューマニックが運営するリゾバ.comで仲居の仕事を探すのがおすすめです。

リゾバ.comはリゾートバイト派遣会社最大手のヒューマニックが運営しているので、どの派遣会社よりも求人掲載するがずば抜けています!仲居だけで検索してみても、全国に400以上の求人情報が見つかります。

ヒューマニックの求人サイト

リゾバ.com:http://www.rizoba.com/

長期ならばアルファリゾート

3か月以上、仲居のリゾートバイトを希望する場合は、アルファリゾートが運営するサイトで探すのがおすすめです。アルファリゾートの求人の強みは何といっても時給の高さ!仲居の求人情報も全国に200件以上あり、そのほぼすべてが時給1000円越え。時給1200円以上の求人情報もたくさんありますよ。

私もアルファリゾートから求人を探して、仲居の仕事をしたのですが、その時期がちょうど繁忙期ということもあって月30万円近く稼げました。けっこうきつかったですけどね…

長く働けて、仲居をやりたいという場合は必ずアルファリゾートの求人情報をチェックしてください!

アルファリゾートの求人サイト:http://www.a-resort.jp/

まとめ

正直、まだまだ語りつくせないことはたくさんあります。外国人のお客さんが来た時に誰も英語で料理を説明できなくて困ったこと、女社会のちょっとドロドロした世界と女同士の友情。などなど。

いろいろありましたが、結果的に仲居を経験できたことは人生に大きなプラスになったと思います!ちょっと心配な方は、短い期間からでもいいので、仲居のお仕事やってみてはいかかでしょうか!

リゾートバイトの派遣会社登録する前にこちらの記事もどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加