引っ越しバイトのきつい体験談!体力的にも精神的にもヤバいって話  

海外への渡航費を短期でサクッと稼ぐために引っ越しのバイトをしたことのあるジョージです。引っ越しのバイトというと、荷物を運ぶだけで体力さえあればなんとかなるだろうくらいに思っていました。

実際に働いてみると、体力があるだけの筋肉バカでは務まらない仕事でした。意外と頭使いますし、体力的に疲れますが、それ以上に精神的な疲労の方がかなりきます。

ぼくは2ヶ月だけという期間限定でアルバイト入社しましたが、ほんとそれくらいがちょうどよかったです。今回は、引っ越しバイトの隠れざるきつい・大変・つらい部分を余すところなくお伝えします。

ozp_sorawomiagerusagyou1188_tp_v

引っ越しバイトが精神的にきつい理由

先輩アルバイト、社員からの容赦ない罵倒

引っ越しバイトが精神的にくるのは、人使いの粗さです。こんなにも精神的に苦痛を受けるバイトは今まで10以上経験したきたバイトの中でもトップクラスです。

もちろん、人によってはしっかりと育てる気持ちをもって教えてくれる良い人もいますが、新人の扱いが雑な人たちがほとんどです。特にこの業界は人の入れ替わりが激しいので、しっかり育てるだけ無駄という雰囲気が蔓延していて人によっては全然何も教えてくれません。

教えてくれないにも関わらず、ミスをしたら容赦なく罵倒してきます。体育会系の部活上がりの人でない限り、かなりやっていくのは難しいと思います。

職場にいた特にヤバかった先輩アルバイト

ぼくの職場の中でも特にヤバかったのが「チッチッ」と陰で呼ばれる人でした。チッチッとはよく舌打ちをしているので、「チッ」という音からつけられたあだ名です。引っ越しバイト歴10年、年齢30歳のおっさんなのですが、この人の気性がマジで荒い。

ぼくは勤務2日目にしてこのチッチッと同じ現場になりました。その時の現場にはぼくとチッチッ含め5人。引っ越しはバケツリレー方式で荷物を運びます。

社員→ぼく→チッチッ→社員→ベテランバイトという順序。

ぼくがチッチッに渡すのですが、それはもう悲劇の1時間でした。ぼく以外は全員ベテランなので荷物の受け渡しがかなりスムーズです。そこになんとか食らいつこうとバイト2日目にしてがんばるのぼく。

ですが、どうしても重い荷物とかになるともたつく時があります。そのほんの少しでももたついた瞬間にチッチッが

「ちっ、っあぁぁ!」

と機嫌を悪そうにするのです。

なるべく機嫌を損ねないように奮闘するのですが、チッチッのイライラは募るばかり。

最後の方は、「ちっ、使えねぇ」とつぶやき、「じゃまだ、邪魔だ」と言ってぼくからのリレーを完全に無視。

「新人に対してどれだけ容赦ねぇんだよ!」っとぼくもかなりイラッときましたね。

その現場が終わった後のトラック移動中に、ベテランバイト先輩が「あいつヤバかったっしょ?!w」たぶん、「引っ越しのし過ぎで頭おかしくなっちゃたんだよー」と笑い飛ばすように言ってくれたので、気持ち的に救われました。

チッチッの気性の荒さは仕事中だけでなく日常的にヤバいらしく、トラックの助手席で横断歩道をノロノロ歩く年寄りに対して「○ね!クソばああ!」と聞こえるくらいに言っているらしいのです。

かなり性格が酷いので、のちに職場の全員から嫌われていることが判明。とは言え、仕事はデキ、人が少ない中でも出勤してくれる貴重な人材なので、追いやることはできないのだそう。唯一、このチッチッとだけは一緒に仕事しないように祈りに祈って毎日出勤していました。

たまに違う支店のヘルプに行くことがあったのですが、このようにチッチッ並みのヤバい性格の持ち主が各支店に2人くらいいます。

引っ越し作業専門でやる人たちは、お客様応対をすることがないので、作業がこなせればどんなに酷い人格だろうと仕事はできます。なので、鬼みたいな人といっしょに働く可能性は覚悟しておく必要があります。

荷物を破損させたら弁償しなくちゃいけないから引っ越しバイトはきつい

引っ越しは力仕事というイメージがありますが、実際にやってみるととても繊細な作業です。運ぶ荷物を壊さないことはもちろんのこと、出し入れする家の床や壁も傷つけてはいけません。

特に新築への引っ越しの場合は、床壁を傷つけないようにマットを引いたり、クッションを取り付けたり、防護シートを貼ったりして万全の状態で作業に取り掛かります。

荷物もしっかり梱包して運ぶのですが、数100以上ある荷物の中でどうしても破損品が出てしまうことがあります。破損が出た場合は、その現場に携わったメンバーで割り勘して弁償します。

バイトの場合だと、弁償の上限が決められていてどんなに高価なものを壊してしまったとしても、8000円までしか弁償する義務はありません。これは入社前にしっかり確認して、実際のところ破損もありまりでないという風に聞いて入社したのですが、この制度には一つだけ穴があります。

もし、自分のみの不注意で荷物を落として壊してしまった場合にそこに関わる現場の全員から反感を買うということです。確かに割り勘なので、個人のお金の負担は少なくて済むのですが、モノを壊した時に全く関係ない人間が存在するのも確かです。

例えば、社員とバイトの2人の現場でバイトが3万円の電子レンジを1人で運び落として壊してしまったら、バイトが壊しけれどもバイトは8000円で社員は2万2000円払うことになります。

社員はその落としたことに全く関わってなくてもです。バイトがミスらないように作業を進められなかった社員にも責任があると言えばそれまでですが、現実はそんな風に素直で柔軟な考えをもつ社員さんは少ないです。

先輩バイトの話では、バイトは8000円までという制度があっても今後の人間関係を保つためにキッチリ割り勘にするかミスした自分が多く払うようにしたことがあったそうです。

ぼくの体験としては、破損を出さないように現場責任になった社員さんがかなり気を遣って梱包や運ぶ際の声掛けもするので、高価なものを破損させることはありませんでした。2ヶ月のバイト期間中も破損が3回だけでましたが、どれも弁償代は500円以下で収まっています。

しかし、引っ越しバイトは荷物を破損させないように気を遣うので、力よりも精神的にもかなり疲れるバイトです。荷物の持ち方とかはちゃんと教えてもらえるので、それを素直に聞いていれば破損を出すことはありません。もし、破損を連発するようなら職場には居づらくなってくるでしょう。

もちろん体力的にもつらいのが引っ越しバイト

引っ越しバイトを始めた当初は絶対に筋肉痛になります。ごくたまにエレベーターのない団地の5階とかの引っ越しになると重い荷物を5階まで階段で運ばなきゃいけないので、この時だけ地獄です。ぼくは、2ヶ月のバイトで1回だけ、3階の団地に当たりました。確率はかなり低いです。

でも、思っていたよりも力仕事をする作業時間は少なかったです。マンションとかの引っ越しでは基本的に荷物を台車に乗せて運び出すので、効率の良い作業をします。荷物の運び出しはだいたい1~2時間くらいで終わります。

それで荷物を新しい入居先へ運ぶので、作業時間よりも移動時間の方が長かったりします。特に、都内から新潟とか長野などへの引っ越しは移動時間でほとんどつぶれるので、ラッキーな現場だったりします。その日はプチ旅行気分です。

作業時間よりも待機・移動時間の方が長い引っ越しバイトですが、作業を余裕ぶっこいてやっていると後で痛い目にあうことがあります。

腰を痛めて引っ越しバイトを辞めざる終えなくなった先輩

ぼくが目の当たりにした先輩のことですが、腰を痛めて再起不能になってしまったのです。引っ越しバイトを経験した3月は年間で一番の繁忙期。出勤したら必ず残業になるので、1日2万円以上の給料になることがほとんどでした。ほんとに人が足りないので、バイトであってもなるべく出勤してほしいと頼まれます。

そんな中で、社員レベルの仕事をこなすベテランバイトの先輩が腰に異常を訴え始めます。最初は、最近連勤だから疲れが溜まってるだけだーっと言っていたのですが、日に日に腰痛は大きくなっていき、ある日引っ越し現場作業中に突如その場に座り込んでしまったのです。

緊急で支店長を呼び、支店長の肩にもたれながらびっこを引いて歩く状態に。翌日に支店長に先輩の容態を聞くと椎間板ヘルニアを診断されてたそうなんです。

まだ22歳で若い人でしたが、当分力仕事はできない状態になってしまったのです。足を使わず腰だけで荷物を持ち上げていたのが原因らしいです。

このように引っ越しバイトは無理をしすぎると体を壊す可能性もあるのです。先輩が座り込んだ姿は、引っ越しバイトの厳しさを目の当たりにした瞬間でした。

引っ越しバイトはバックレ率が高い?

体的にきついというよりも、人による精神的な追い込みで辞めていく人が多いと思います。特に、チッチッといっしょになってしまった新人は高確率でバックレっていきました。

人の入れ替わりが激しい職場なので、1人がバックレたところで大した騒ぎにはなりません。職場の社員さんたちは「また、バックレたか~仕方ないね~」といった感じです。

入ってきた人をしっかりと育てていくというよりも、どれだけ食らいついていけるか耐えられるかが試されるバイトです。なので、ストレス耐性がない人は始めてもすぐに辞める傾向にあります。

引っ越しバイトはきついけど稼げる!

と今まで引っ越しバイトの大変な部分をお伝えしましたが、これだけきつい分引っ越しバイトはかなり稼げます。ぼくの場合は、時給が1400円で毎日必ず残業していたので、日給にすると1万5000円~2万円は稼いでました。繁忙期の3月は20日出勤して給料が35万円でした。

さらに、引っ越しバイトはご祝儀をもらえたりするので、月の昼飯代はご祝儀貯金で全然賄えました。シフトが自由ってところもかなりよかったですね。

慣れてしまえば仕事面も罵倒されることはなくなるので、最初の10日くらいをいかに耐えられるかって感じですね。週3日でもシフトに入っていれば体もかなり引き締まってくるので、お金も稼いで、体も鍛えたいなんて人にはけっこうおすすめのバイトです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加