リゾバ仲間からの口コミを集めてみた!リゾートバイトするか悩む人必見!

どうも~長崎・広島・軽井沢・北海道と4か所のリゾバを経験しているジョージです。

今回は、リゾートバイトってどうなの?っていう口コミや意見を今まで出会ったリゾバ仲間から集めてまとめてみました。

っというのも、このブログはぼく自身のリゾートバイト体験談がほとんどなのですが、リゾバをした感想や楽しさや辛さって人によって全然違います。

ある人は、リゾートバイトはめちゃくちゃ最高だった!と言う人もいれば、

ある人は、リゾートバイトは最悪、もう二度と行きたくない!と言う人もいます。

仕事内容や寮環境、勤務地によってリゾートバイトの充実度には、かなり個人差があるのです。

なので、今までリゾバで仕事をともにした人たちがリゾバをしてどう思ったのかを聞いてみることにしたのです。4か所もリゾバしているので、LINEの友達も50人以上増えました。LINEの返信がなく、その場限りの出会いだった人も少々いて残念でしたが、みんなけっこう言いたい放題、言ってくれました。

特にこれからリゾートバイトをしようと思っている人には、参考になる口コミだと思います。リゾートバイトをまだよくわからない方にも、リゾバの全体像がわかるようにわかりやすくまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

リゾバしようと思った理由

まり(21歳・女・学生)
去年友達がリゾートバイトしたことを楽しそうに話していたのがきっかけです。ちょうど今のカフェのバイトを辞めようと思っていたのと、夏休み前というタイミングもあってリゾバしました。
ゆーすけ(25歳・男)
地元のバーでバイトしていたけど、時給が低かった。自分の店を持つという目標に向けて、開業資金集めとホテルや旅館の接客や料理を学ぶといことも兼ねてリゾートバイトを始めた。
ぺりねま(27歳・女)
これ以上親に迷惑かけられない。あと、ローンを返済するため。寮費、食事支給のリゾバは効率的にお金が貯められると思って。
まーこ(29歳・女)
沖縄で暮らすことに憧れていたので、思い切っての決断。普通にOLをしていて、不自由ない生活をしていましたが、20代が終わる前に人生このままでいいのか?悔いなくやりたいこともしてもいいのでは?と思ってリゾートバイトを始めました。沖縄で少し働いたら、旅行して次は北海道の牧場で働いてみたい!
つか(21歳・男・大学生)
毎年2回、春夏休みが来る度にリゾバしてます。大学がある普段はバイトしてません。リゾバでガッツリ稼いで貯金作ってそれを切り崩して生活してます。毎回、勤務地を変えているので、全国色々なところに行けて楽しいです。

リゾートバイトの辛い口コミ

 😡 Kしろう(23歳・男)
調理補助スタッフでテーマパーク内のホテルに勤務。バイキングのフルーツカットなど割と簡単な業務でした。カットしたフルーツの大きさにバラつきが出ると、板前社員さんがぶつくさとかなりうるさかった。ささいなミスでもかなりキツく注意してくるので、仕事中は苦痛で仕方なかった。やっぱり、職人の世界は厳しいのだろうか。スタッフ同士コミュニケーションを取り合っているホールがうらやましかった。仕事のストレス発散に、リゾバ仲間と寮で毎晩のように呑んでいた。話題はもちろん社員の愚痴。愚痴でかなり盛り上がってスタッフ同士仲良く過ごしたけど、今は全く連絡を取り合うことはない。ただ、愚痴を言い合うだけの仲間だった。多少の貯金だけできて、そのほかリゾバで得られたことはなにもない。虚しさを感じたリゾートバイトだった。
お金に困ることがない限り、またリゾバに行くことはない。
 😡 かつき(22歳・男・大学生)
リゾバスタッフの中で2番目の最年長30代後半のおっさんがマジで迷惑。みんなが寝る頃にも廊下で飲んだくれてて騒いでいて睡眠妨害。それでいて、年上なのをいいことに若干威張り気味。最年長の40代の物腰やわらかい方とは大違い。今は学生だけど、自分が30代後半になったら「ああいうやつにだけはなったらいけない」と心に誓った。
 😡 きょうこ(22歳・女)
悪夢に出てくるような寮だった。寮は周りの木々で囲まれていて、日当たり最悪。湿気がたまりやすい寮だったために、至る所が錆びついていました。日が当たらないので薄暗く、住んでいるだけで体調が悪くなりそうでした。まさに廃墟に住んでいる感じ。支給されるご飯も最悪。バイトで雇ったおっちゃんが作ってたから、味加減がめちゃくちゃ。なんだかんだ1日1食くらいしかまともなご飯食べれなかった。中抜けは寝るか、休みの日に買いためたお菓子をほおばることぐらい。
2週間という短期派遣だったけど、ストレスと不摂生な食生活でめっちゃ肌荒れた。社員に理不尽に怒られ、頑張ったのに、これだけ?!っていう給料でがっかり。仕事の量とかきつさに見合わないと思った。これだったら、地元で居酒屋バイトしている方がまだマシ。
あそこのリゾバにはもう二度と行きたくない。
 😡 Akihiro(23歳・男)
4人1部屋の相部屋。部屋にあるのは2段ベッド2つのみ。壁は白茶けていて、薄暗く、初めましてのルームメイトと「まるで囚人部屋だよね!」という会話で笑えた。仕事も繁忙期で忙しかったため、仕事→飯→仕事→飯→風呂→就寝という単調な生活。カイジの強制労働施設にでも来てしまったとかなり後悔した。
 😡 毎晩パリピちゃん(20歳・女)
熱海のホテルで働きましたが、社員のガラの悪さにびっくり。特に、私が配属されたレストランのホールの社員さんは、若い金髪の兄ちゃんがいてびっくりした。
洗い場にくると「あのクソババア、自分で配膳さげろ!」みないなことをつぶやいたり、社員同士でお客さんに変なあだ名つけあって遊んでいる。同じ期間に派遣で来ていた男の子はめちゃくちゃ使われていて、私への接し方は丁寧なことに下心丸見えで怖かった。こんな職場1ヶ月もいられないと思い、派遣会社に期間短縮を相談。最初は、短縮を渋られましたが、私の決死の訴えに担当さんも負けたみたい。2週間に期間を縮めて逃げるようにリゾバを辞めました。

リゾートバイトの楽しい口コミ

 😀 ようへいへい(19歳・男)
2週間のリゾバで休みはたったの1日で働きっぱなしだった。まじきっちぃーっていう記憶しかないけど、翌月に届いた給料明細見て15万稼いでたからマジびびったよね!効率よくガツっと稼ぐにはリゾバかなりいいかも!
 😀 かしわぎ(21歳・男)
人をすぐ好きになってしまうぼく。1回目のリゾバで、同じ部署で働いてた子に惚れてデートとかもしたけど、相手が中々心開いてくれなくてがっかり。心機一転、リゾバ2度目別の職場で一緒だった子をまた好きになる。その子とは無事に付き合えるようになったので、ものすごく毎日が楽しいです!
 😀 むつみ(21歳・女)
旅館の支配人にかなりよくしてももらいました。休日は、阿蘇山周辺をドライブに連れてってくれたり、行きつけの地元民しかしれない美味しいお店でご馳走してもらったり。普段も、まかないは支配人がいつも作ってくれて、従業員みんなで食卓を囲んでいたので、まるでみんなのお父さんでした。次は、お客さんとしてまた遊びに行きたいです。
 😀 テル(22歳・男)
リゾバは出会いのチャンスがあって天国。リゾバをする前は、期間工(工場の住み込みバイト)でした。男だらけで出会いなし、その上仕事は同じ部品をひたすら取り付けるだけの単調作業。だけど、リゾバは女性の方がちょっと多いし、男も変わった人が多いので全然楽しい。おっさんとまったり酒飲むよりも、若い女の子と楽しく飲む酒の方が何倍もおいしい。稼ぎは期間工の方がいいんだけど、リゾバは寮費や食事が支給されるので、結局手元に残るお金はトントン。これなら早くリゾバやってればよかったああああ。
しばらくは、リゾバ辞められない。
😀 さちこ(21歳・学生・女)
1年間やってたアルバイトを辞めて、次のバイトを探している時にリゾバを発見。北海道での観光所で勤務。観光客向け記念撮影のカメラマン補助が主な業務でした。お客さんの整列をしたり、手荷物を撮影の瞬間だけ預かるという単純作業。列乱す外国人(特に中国人)にジェスチャーやカタコト英語で並ぶように呼び掛けるのに最初ちょっと勇気が入りました。慣れると手際よくさばけるようになったので、度胸がついたと思います。
生活環境は可もなく不可もなく。でも、パートの先輩に連れて行ってもらった、牧場で食べたソフトクリームは絶品でした!搾りたて牛乳から作るソフトクリームは濃厚。そんな美味しいアイスを食べながら、夏の北海道のひろーーーい草原と青空を見た時は、ここに来てよかったと思った!
短期でもサクッと働けたことがよかったかな。休日は観光もできたので、良い気分転換になりました。
 😀 くまさん(アラサー女)
ホテルのフロントはそのホテルの第一印象、顔になるからしっかりしなきゃ!とかなり覚悟して応募したのですが、意外とゆるゆるな職場でびっくり。
地元の30代後半のパートさんもいたのですが、お姉さんのように慕ってました。お客さんがいない暇な時は和気あいあいと談笑してました。
男性の社員さんも温厚な方たちばかりで、話が盛り上がりすぎて、騒がしくなったとしても軽く注意される程度。ホテルフロントのイメージ変わりました。ただ、寮の同室の子たちが20代と若かったので、そこの部分がちょっぴりきつかったかな。私が寝たいのに、部屋に別室の子も呼び込んで酒盛りしているのには「ちょっと気を遣ってー」と思ってました。お互い気持ちよく過ごすために、言いたいことは言い合っていたので、退寮するときには家族のような絆を感じました。
いろんな人に出会えた良いリゾバでした。
 😀 レイ(20歳・男)
ルームメイトの1人のいびきがかなりうるさくて熟睡できない生活が続いた。歳は1つ下で、趣味も合ったので暇な時はゲームとかして遊んでた。けっこう意気投合したので、リゾバが終わる頃は別れが寂しかった。いびきだけはうるさかったけど、総じて楽しかったので、許す!
 😀 たつっぴ(27歳・男・スノーボーダー)
寮の汚さは最悪だったけど、職場に来ている男たちが楽しかった。自分は学生だったけど、映画監督、営業マン、役者がいて普段出会えない層のやつらとの話は新鮮だった。高校生で、出会い系やっててまだ一度も会ったことない相手に電話でSMプレイ楽しんでいるやつは今まで生きてきた中で、衝撃的過ぎ。なんだかんだまたリゾバしてもいいかも!
😀 オーノ(24歳・男・元板前)
スキー場のリフト係。リフトに案内するのと、リフト乗降口周辺の雪かきをしました。リフトのタイミングを見て、「はい、どうぞー」と案内していくだけなので、仕事は単純。唯一の楽しみは、かわいい女の子を見つけて上手い具合に気を引くこと。職場のリフトスタッフの9割が男だったので、スタッフ同士ワンチャン狙いで盛り上がりました。でも、実際に付き合ったのはリフト券の受付にリゾバで来ていた女の子。序盤の頃に休みがたまたま被ったのがラッキーでしたね~。一緒にスノボをして以来、お互いに休みが重なるように調整して、スノボしたり、観光したり楽しみました。
ゆるく仕事して彼女もできて、けっこうお金ももらえてスノボのし放題だったので、全体的に楽しかったっす!
 😀 やっこさん(26歳・女・ワーホリ経験者)
予想以上に外国人客が多く、英語を使いながら楽しくフロント業務しました。ホテルの従業員も私より英語ができる人がいないので、すっかり外国人専用スタッフのポジションを確立してました。私も英語力は大したことないんですけどね。でも、頼られて仕事できるので、すごくやりがいをもってできました。

リゾートバイトの普通な口コミ

😕 うえしゅん(24歳・鹿児島男児)
沖縄リゾバ楽しすぎ!メンバーはマジで最高!毎晩のように飲み屋行ったり、休日は他の島巡ったりしたから、終わってみたら10万円の赤字。ちょっとは、お金貯めようと思ってきたけど、誘惑には勝てんよね~。沖縄は時給が低いからしゃーなし。稼ぐよりも楽しみたいなら絶対沖縄!ビバ久米島!

😕 権田さん(30代・男)
個人経営の規模が小さめの旅館でリゾバ。寮はなく、旅館内の昔客室で使われていた部屋を使わせてもらってました。半年ぶりに使う部屋だったので、ほこりが溜まっていて汚かったですが、ちゃんと掃除すれば快適に過ごせました。

あと、なによりも通勤がラクでした。小さい旅館なので、部屋から階段を下りればタイムカードを押せたので、通勤時間は10秒。お客さんが部屋でお休みになっている時に、温泉も毎日貸し切りで広々使えたので、生活はかなり充実してました。

 😕 山中くん(21歳・男・元ギャル男)
ホテルレストランのホールをしていました。忙しい時期だったせいか、職場の社員さんは仕事を全然教えてくれませんでした。聞こうとしても無視される人もいます。なので、教えてくれそうな優しい社員さんに聞いたり、先輩がやっている仕事を見よう見まねで覚えていきました。教えてくれないのに間違っていたら怒ってくるので、それにはかなりイラッとしましたが、なんとか食らいついて1ヶ月も経てば怒られることもなくなり非常に働きやすかったです。

リゾバ初心者のためのQ&A

リゾバとは?

リゾートバイトの略。他にリゾバイって略されることもあります。
旅行した時に遊ぶ名所や宿泊するホテル・旅館でアルバイトすること。基本的に、住み込み。

リゾバで選べる勤務地は?

日本全国津々浦々。自分の行きたいところに行くことができます。世界遺産に登録されている観光名所、遊園地・テーマパーク、有名な温泉街のホテル・旅館、パワースポットで有名な場所などなど自分の好み合わせて勤務地を選べます。

また、季節によっても特色があり、夏であればダイビング・サーフスポットで有名な場所、避暑地、秋であれば紅葉が綺麗で有名な観光地、冬にはスキー場でウインタースポーツを楽しみながら働くことができます。

どんな仕事があるのか?

レジャー施設や旅館、ホテルのスタッフとして働きます。なので、仕事はその施設の範囲内での職種に限られます。

接客

リゾートバイトによくあるのは、ホテルレストランのホールスタッフ、フロント受付、旅館での仲居さんです。その他に、売店での販売スタッフ、遊園地のアトラクションスタッフ、記念撮影スポットのカメラマンのアシスタント。ゴルフ場の受付。夏は、プールの監視員や海の家スタッフ。冬はスキー場での売店、リフトの補助。インフォメーションスタッフなどなど様々な接客業務があります。

裏方

裏方は基本的にお客さんとの接点はない仕事です。リゾバでよくあるのは、ホテル旅館の調理補助スタッフ(果物カットなどの簡単な作業)、客室の清掃係です。他には、レストランの洗い場、仲居さんのためにひたすら料理だけ運ぶ人、大浴場を管理清掃する係です。

その他特殊な仕事

資格を持っていなければできなかったり、女性しかできない高時給でレアな求人も存在します。離島でスナックなどのナイトワークスタッフ、ダイビングのインストラクター、スキースノボのインストラクター、スキー場のパトロール。ホテル、旅館などでマッサージスタッフです。

勤務期間

勤務期間は、1~3か月以上の中長期の仕事です。たまに、土日のみの2日間のみや、ゴールデンウイークなどの連休のみ1週間と言った超ド短期求人も存在します。

勤務時間

1日8時間、週5勤務のフルタイムでの仕事になります。観光地が賑わう時期は、1日10時間で月の休みが4,5日しかない時もあります。鬼のように働く時があります。その代り、残業代はしっかりでるのでかなり稼げます。

時給と給料

時給は、勤務地と場所によって違ってきます。特に北海道、沖縄は安めで800~900円。それ以外の場所は950円から1200円くらいの時給の求人がほとんどです。

月収は15万円~20万円程度になります。観光地が繁忙期の時は残業代1日8時間以上の労働分は時給25%upがあったり、休みが週1とかになるので、30万円近く稼げることもあります。

初心者でもOK?

初心者でも全然大丈夫です。ぼくもリゾートバイトで初めてホテルのフロントをやりましたが、そつなくこなすことができました。リゾートバイトのスタッフは基本的に普通のバイトと同じように誰でもできる簡単な業務が中心となります。
もちろん、経験があれば時給がアップする可能性もあります。職歴のある社会人にも優遇される環境はあります。

働いている人の年齢層

リゾバスタッフで来る人は20代の人たちが一番多いです。春や夏などは大学生の長期休暇と重なるので大学生の割合が圧倒的に高くなりますが、それ以外の時は20代後半、30代以上のリゾバスタッフもけっこういます。

派遣先となるホテルや旅館では、規模によって指示を受ける社員さんの年齢層が代わってきます。大規模なホテルであれば、新卒社員もいるので自分よりも年下から業務指示を受けて働くこともあるでしょう。規模が小さい旅館などは30代後半以上の社員さんたちが切り盛りしています。年齢を気にする場合は、派遣される前に下調べが必要です。

必需品 持ち物

1~3ヶ月住み込みで働くことになるので、引っ越しするつもりくらい荷物を持ち込むことを考えた方がいいです。ですが、家電製品は派遣先の寮に置いてあるところがほとんどなので、持ってくる必要はありません。

リゾバに行くか迷ったらまずは相談

色々と口コミを並べましたが、百聞は一見に如かず!なので、思い切ってリゾバに行ってみてください。それでも、不安だという方はリゾバの派遣会社に登録してコーディネーターに詳しい話を聞いてみましょう!

大手派遣会社であればどこも安心できるので、まずは登録して相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加