Re.ra.kuの研修内容(リラクカレッジ)を紹介するよ!これからバイトする人向け

元Re.ra.ku(リラク)のセラピストとして1年間アルバイトをしていたジョージがRerakuの研修の内容を公開します。これからRerakuで働くことを考えている方はぜひ参考にしていみてください。

面接合格!Rerakuで研修スタート!

見事アルバイト面接を合格したら、店舗でお客さんに施術できるようになるために研修を受講します。Rerakuの研修はスクール形式です。いきなり店舗に配属されてお客さんを目の前にしながらの研修ではなく、研修専用のスタジオ、リラクカレッジに通って着実にスキルを身につけられます。研修は大まかに分けて3つあります。

  1. 基礎研修 リラクカレッジにて最短2週間の研修
  2. 店舗研修 品川の実店舗にて1日研修
  3. 実務研修 配属された店舗でOJT

リラクカレッジでの研修

基礎研修は品川にある、通称リラクカレッジで実施します。会社がもっている研修専用のスタジオには、実際の店舗で使用している施術用のベットが50床ほどあり、施術をする上で必要な道具が全てそろっています。2015年に造られたスタジオなので、かなりきれいです。

研修はスクール形式

研修は習得する技ごとにコマが振り分けられていて、自分で自由に時間割を調整して受講をしていきます。コマを1日フルタイム午前10時~18時で詰め込めば最短2週間で研修を終えることができます。もちろん、自分の予定に合わせて受講できるので、子持ち主婦の方や、学生の方でも無理なく研修を受けることができます。

研修中でも時給が発生

ぼくの時は、研修中890円の時給が発生していました。一部研修の計算方法だけが特殊で1授業90分なのですが、時給換算するときには3時間で計算されたりします。

研修すべての時間を計算すると最終的に6万5000円を給料としてもらうことができます。2週間かけても1ヶ月かけても研修の給与は6万5000円きっかりです。研修中でも給料がもらえるので、無収入期間が発生しないのはかなり助かります。

研修にかかる費用は0円?!

「研修費は0円」とうたっていますが、正確には店舗配属された時の制服代約8000円と研修キット代8000円で計16000円ほどの初期費用が発生します。制服代に関しては、確か給料天引きだったので、研修キッド代だけ研修初日に支払った記憶があります。

研修キットの内容

身体の仕組みについてのテキスト、ボディケア手技のマニュアル、会社のマニュアル、従業員専用のWebシステム、Reraku・Tシャツです。特に、従業員専用のWebシステムには各習得すべき技の解説動画があるので、その動画で予復習して実技授業に臨むことができます。

Reraku研修の授業内容は?

1コマの授業につき講師1人と受講生20人ほどで行われます。講師が最初にデモンストレーションして、受講生同士が2人1組のペアになって練習をします。基本的には、その繰り返しで技を身体に染み込ませていきます。講師が適宜巡回をして直接指導をされることもあります。

早く上達する人の特徴

ペア同士の自由練習時間が多いので、その間にいかに1人しかいない講師を捕まえて直接指導を受けまくっていた人は上達が早かったです。また、講師から直接指導を受けずとも勘所の良い人なら自主練習さえすれば上達していました。ぼくは講師にあまり聞けないタイプでしたが、けっこう上手くできていた方だと思います。体全身を使う施術なので、運動神経の良い方は上達も早いような気がします。

Reraku(リラク)の講師の質は?

rerakuカレッジの講師は、かなり教えるのが上手い方々でした。講師は、実際に数年店舗で施術スタッフとして働いて、その中でも成績優秀者から講師を選抜しています。接客も素晴らしくなければ成績優秀者にもなれないので、対人コミュニケーションもかなり高く、指導も言わずもがな上手いです!

ぼくの時は、男性講師1人と女性講師3人でしたが、講師のうち2人は、柔道整復師・按摩師の国家資格持ちの方々で体の仕組みに基づいて理にかなった指導をしていたので、とてもわかりやすかったです。

Re.ra.kuのHP:http://job.reraku.jp/

受講生はどんな人たちが多いのか?

ぼくは当時学生だったのですが、受講生には色んな方たちがいました。元化粧品店員、リラクゼーションで将来独立を考えている人、元美容師、フリーター、主婦などなどです。男女比でいうと男:女、4:6でやや女性の方が多いです。あとは接客好きな方が多い印象です。そして、人柄は明るく前向きな人がたくさんいました。

人材教育に力を入れている会社

Rerakuは特に人材教育にも力を入れている会社で、研修1日の授業の始まりに必ずクレド(誓い)の唱和の時間を5分設けます。

クレドの内容は、

  • 私はどんな時にでも相手に思いやりの気持ちをもって行動をします
  • 何事にも謙虚な姿勢で物事へ挑戦し続けます
  • 常に「ありがとう」と感謝の気持ちを素直に伝えます

のようなことを唱和します。(著作権の関係上文言を一部替えています)

毎回必ずこのクレドの唱和をやるので、研修も自然と積極的に取り組んでいる方が多かったです。

研修の最後に立ちはだかるテスト

研修の最後には、必ず実技と筆記のテストがあります。このテストを合格しないと店舗で働くことはできません。テストの内容は、実際の店舗で提供している施術コースを行います。10人くらいが一斉に施術をして、その間に講師が巡回してチェックしていく形式です。

テストの合格率は40%

テストの難易度は普通です!ポイントは、時間通りに施術が終わらせられること、研修で学んだ手技ができているか、お客さんの体の悩みをヒヤリングしてそれを解決できる提案ができているかの3点でした。文章にすると難しい内容に感じますが、今までの研修を真面目に取り組んでいれば1発で合格することは可能です。

合格率で言うと、5人に2人が合格するくらいです。残念ながらぼくは施術の順番を間違えたのと、一部の手技が上手くできてないと判断され1回目のテストは不合格に終わりましたが、2回目は見事に合格しました。だいたい2回目で合格する人が多いです。

基礎研修が終了したら、店舗研修へ

テストに合格したら、一定の技術を習得したこととなりお客さんに施術することが認められます。リラクカレッジの卒業です。ただ、いきなり店舗に配属されることはなく実店舗にて店舗ルールを学ぶための研修を行います。

実際に店舗で働いている先輩を間近にすることで店舗運営の動き方を学びます。個人的には、配属前の不安を解消するような研修だったと感じました。この時も、専属の研修担当社員さんがいてとても丁寧に教えて頂けました。

配属店舗にてOJT研修

いよいよ自分の働く店舗が決まり、配属となります。OJT研修はその店舗の店長さんの方針によって様々です。ただ、ほとんどのお店は最初の1日にそこで働くスタッフに施術練習をし、特に問題なければ2日目から無理のない範囲でお客さんを振り分けられます。

最初は緊張して上手く施術ができなかった

あれだけ基礎研修をみっちりして、テストも合格したのに最初のお客さんには上手く施術できた気がしなかったです。新しい環境で不慣れなことが多い中なので、致し方ないと思いますが、数をこなせば慣れていきます。土日に多くのお客さんが来るので、そこで忙しくしたら1週間くらいで慣れてきました。

配属後も研修はいつでも受けられる

上手くできない技があったら、店舗の先輩に聞くこともできますが、リラクカレッジに行って再受講することも可能です。もちろん、再受講分の時給は発生しませんが。

店舗の先輩はいつの間にか我流のやり方になっていたりするので、基礎を徹底したい場合はカレッジに行く方が確実です。また、配属1ヶ月後くらいにはカレッジに行って復習することを推奨されているので、一人前になるまでのフォロー体制はけっこう充実していると思います。

Re.ra.kuのHP:http://job.reraku.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加