ご飯は?リゾートバイトの食事事情|美味しい”まかない”が食べられる職場とは?

リゾートバイトの求人を見ていると…

食事3食支給あり!食費が0円で済む!

とありますが、実際どんな食事なのか気になりませんか。

「無料だからまずいんじゃないのか?」

「ご飯が口に合わなかったらどうしよう?」

「外食や自炊している人っているの?」

そんな疑問に答えるべく、

リゾートバイトのまかないについて私の経験や他の人の口コミからお伝えします。

さやだんご
美味しいまかないが食べられる職場の特徴も紹介していきますよー!

住み込みリゾートバイトの食事事情

まず、最初に食事の支給のされ方について見ていきましょう。

リゾートバイトの食事支給は、2食支給(昼・夕) or 3食支給(朝・昼・夕)ですが、

支給のされかたは主に5パターンあります。

  1. 自炊
  2. お弁当
  3. 社員食堂
  4. シェフ(料理人)の手作り
  5. バイキングビュッフェの残り

1.自炊

「寮にキッチンがあるので、自炊してください。」というパターンがあります。

自分で準備する代わりに1日分の食費控除をしてくれるケースが多いです。

ただ、支給額は求人によりけりで「500円~1000円/日」と幅があります。(1日の食費を500円で済ませろはかなり無理がありますけどね…)

2.お弁当

リゾバの弁当
食事として、お弁当を支給している職場もあります。

従業員が100人以上いるような大型リゾートホテルはこのパターンが多いです。

お弁当は飽きやすいし、まずい

私の経験上ですが、お弁当支給で良かったという職場はひとつもありません。基本的に美味しくないんですよね。特に、出来立てホカホカを重視する私にとってお弁当支給は苦痛でした。

そこそこ食べれるお弁当でも味付けが似通っているのでけっこう飽きやすいです。(無料支給なので贅沢言うなっていう話ですが…)

3.社員食堂

リゾートバイトの食事・まかない・ご飯(定食)

鳥のつくねハンバーグ定食

リゾートバイトの食事・まかない・ご飯(定食2)

肉じゃが定食

これも従業員100人以上の大型リゾートホテルによくあるパターンです。

  1. 寮に食堂が付いているタイプ
  2. ホテル内に従業員用の食堂があるタイプ

この2パターンが多いですね。

食堂のおばちゃんタイプは、美味しさは普通ですかね…

ホテルによっては、調理場の新人が当番制でまかないを作っているところもあります。プロの料理だけあってやっぱりおいしいです。

私が働いたところでは、1週間ごとに献立を出しているところもありました。

リゾートバイトの食事・まかない・ご飯(献立表)

4.シェフ(料理人)の手作り

従業員5~30人くらいの小さな旅館では、料理人がお客さんの食事のついでにまかないを作ります。

私の経験上、旅館のまかないが1番おいしいです!

5.バイキングビュッフェの残り

バイキング形式のホテル・旅館では残り物をまかないとして出しているところもあります。

お客さんに提供するために作った料理だけあって、美味しいです!

バイキングの残りはすべて廃棄するところもある
お客さんに提供している料理のあまりは基本的に破棄されるか、翌日に使い回されるかのどちらかの職場もありました。

食品・衛生管理の都合上、大規模ホテルであればあるほど食品の管理の仕方はきっちりされるようです。なので、バイキングのまかないを食べたければ、小規模旅館を狙いましょう!

住み込みバイトで美味しいまかないが食べたいなら「小規模旅館」に行こう!

リゾバをそれなりに経験している私が思うに…

従業員規模が30名以下くらいの小さい旅館のまかないは美味しいです。

他の人の口コミも調べてみたので、リゾートバイト経験者はどんな食事をしているのか見ていきましょう!

小さい旅館のご飯は当たりが多い?(経験者のご飯事情)

さやだんご
小さい旅館あるあるパターンですね。調理場の人から気に入られると自分の好みに合わせて美味しいもの作ってもらえることも…!
さやだんご
私も小さい保養所でリゾバした時に、支配人がお酒好きで晩酌付き合う代わりにタダ酒飲んでました(笑)

大型リゾートホテルのご飯は当たりハズレがある

大型リゾートホテルでもまかないが美味しいという口コミ↓

まかないがまずいという口コミ↓

さやだんご
特に、リゾバでご飯を重視するようであれば、小さい旅館を中心に求人を探してもいいかもしれません。

食事を重視した求人探し

経験者の口コミをみてもらえばわかる通り、リゾバのまかないにはかなり差がでます。

美味しいご飯が食べられるところに行くには…

求人紹介を受ける時に、

「まかないが美味しいところにしたい!」

という希望を伝えるだけです。

かなりシンプルなことですが、伝えないとご飯が酷いところに行ってしまうかもしれません。

お弁当は避けた方がいいかも…

希望を伝えて求人をもらった時には、ご飯の条件をしっかり見比べましょう。

求人票に記載されている例

【昼・夜の2食 ※夜は弁当】

【朝・昼・夜の3食】

などと書かれているので、特にお弁当の場合は担当コーディネーターに突っ込んで聞いてみることをおすすめします。

さらに付け加えるなら…

スタッフフォローに手厚い、はたらくどっとこむ(アプリリゾート)に求人相談してみましょう。

業界一きめ細かなサポートで評判なだけに、食事のことも詳しく教えてくれますよ。

はたらくどっとこむで「食事条件良い」で絞り込み検索できます。

リゾートバイトのまかないに関するQ&A

ここまででリゾバの食事事情について、伝えきれていないことをQ&A形式で答えていきますね。

休日でも支給される?されない?

場所によってまちまち。

「休日は支給しません!」ってとこもありますし、

「休日も支給アリ」ってこともあります。

ただ、休日は出かけて出先で食べることもあるので、いらない場合は事前に必要ないことを伝える必要があります。

飲み物は自分で調達する必要あり?

食事は支給されるけど…普段口にする飲料は自分で調達する必要があります。

もちろん、寮に水道があるので最悪水道水だけで過ごせなくもありませんが…

飲み物は最寄りのコンビニや旅館・ホテル内の自販機で買ったりしてました。

※お酒(ビール)なんかももちろん自分で買います。

リゾートバイトは痩せるのか?

決まった時間に適切な分量だけ食べるので中にはリゾバで痩せた!なんて人もけっこういます。

特に、コンビニも近くにないような山地のリゾバに行くと間食も滅多にできません。

まかないに飽きた場合は、外食or自炊

当然のようにまかないに飽きることもあるでしょう。

その場合は、外食も自由です。

ただし、これも山地のリゾバだと近くにファミレス、マック、ラーメン屋…etc

が、ありませんので、車を持参したり、車持っている人に乗せてってもらったりして外食してました。

自炊する場合は寮にキッチンがあるか確認必須

寮にキッチンが完備されている派遣先は少なくありません。

大体が寮の人たちとの共有キッチンになりますが、寮にキッチンがあった方が食を通して寮の人たちと交友を深められる良いキッカケにもなるはずです。

自炊することで出費は増えますが、同僚の人たちと上手くやりくりすれば最小限に抑えることもできるでしょう。

食事を重視した求人探し

まずは、リゾバ求人サイトにて食事条件の良い求人に絞って検索してみましょう。

実際に、はたらくどっとこむのサイトを見てみると…

リゾートバイトの食事・まかない・ご飯(食事条件で検索)

このように、「食事条件良い」で絞り込み検索できます。

まずはどんな求人があるのか見てみるといいですよ。

リゾバ求人サイト:はたらくどっとこむ