農家住み込みバイト体験談。1日のスケジュール  

農家住み込みでの仕事となるとどんな生活をすることになるのか、気になるところだと思います。1ヶ月間過ごしましたが、仕事の動き自体はルーティーン化します。

そこで、1日をどんなスケジュールで過ごしたのかを記述するのが一番伝わると思いました。就業先によって違いはあるかと思いますがぼくの体験したことをひとつの参考としてみていただけると嬉しいです。

bsPPP_tesagyoudenaewoueru

7:00 起床

周りには田園風景が広がる一軒家に過ごしていたので、朝の目覚めはとても快適です。8時からの出勤に備えて身支度をして腹ごしらえをします。午前からバリバリと活動するので朝食を抜くわけにはいきません。

この日は、昨夜作ったカレーのあまりです。食器を洗うと昼飯の特大おにぎりを3個握ります。仕事場は家から自転車で5分ほどのところ。なだらかな坂を上りながら眼下に広がる海は山と海に囲まれた地域ならではでした。

 

8:00 仕事開始

午前中はねぎを収穫して箱詰めまで行います。お昼頃に業者の方が集荷にくるので箱詰めまで時間との勝負です。ねぎ畑に車をつけると足早にねぎを抜いていきます。

このねぎ貫が朝一の作業にしてはきついきつい。

しっかりと根を張ったねぎは腰を入れて引っ張らないと抜けませんでした。抜いたねぎは水洗いしながら、枯れた部分を取り除き箱詰めしていきます。

店頭に並ぶような状態にするので、収穫の時とはうって変わって繊細な作業が求められます。ねぎの箱詰め終了が11時前。次はレタスの苗を植える作業です。苗植えの畑につき少し作業をしたところでお昼休憩。

bsGAK_tanbokaramiji

12:00 お昼休憩

朝作ったおにぎりをほうばります。いつもの如く若干つぶれたおにぎり。20分くらいしたら食べ終わるので、草原に寝ころびながら青空を眺めます。

腰が辛いので寝ころぶのが一番ラクな態勢なんです。寝ころぶのに飽きたらぶらぶら~と散歩します。

 

13:00 午後の作業開始

どうやらこの日の午後はひたすらレタスの苗植えになりそうです。2人が苗を植え、1人が肥料をまき、1人が水をやるという4人での分担作業です。

ぼくの役割は、苗植えの作業でした。もう一人のベテランが猛スピードで作業を終えていくのを片腹にちょっとがんばる自分。それでも、差は開く一方で2畝くらい差をつけられました。マラソンに例えると完全なる周回遅れ。

ずっとかがんだ態勢なので、かなり腰にきます。

 

15:00 小休憩

この日は作業ペースに少し余裕があったので小休憩が30分ありました。いつもはだいたい15分くらいですが。また、寝ころんで少しでも腰の負担を和らげていきます。

 

15:30 作業再開

さっきまでは畝を植える担当だったので、役割チェンジ。苗に水をあげていく役割です。如雨露は重いですが、かがまなくていい分すごくラクに感じます。

そうこうしているうちに苗植えが終わってしまいました。

勤務終了は17時まで。今の時間は、16時半。あと30分ある…

余った時間はもう出荷できないねぎの処理作業でした。畑一面に広がるねぎをひたすら抜く作業。収穫時期を逃して固くなったねぎほど根強く、朝のねぎ抜きの倍の力を使います。

嫌というほど背筋は鍛えられ、腰が砕けそうになります。まさに地獄の苦行。この時ばかりは30分がとてつもなく長く感じました。

 

17:00 勤務終了

特に終礼みたいなものはなく道具をもとの場所に片づけ、農家さんに一言挨拶をして岐路につきます。くたくたになって家まで自転車を走らせます。

帰りが下り坂で本当によかった。汗ばんでいるので帰宅するやいなやお風呂へ直行です。

bsN853_kouunnki

19:00 晩御飯

お風呂に入ってちょっとゆっくりしたあとに晩御飯です。ガッツリ体を動かしたのでご飯が進みます。ご飯は食べ放題ということもあわさってか高校生時代の眠れる食欲が復活。どんぶりでご飯を2,3杯食らっていました。

 

20:00 軒下でお酒

この家にはちょうど良い軒下があり、そこがみんなの集会場になっています。金麦の箱を傍らにいつも最年長の先輩が呑んでいます。

この日は、呑みに誘われたので冷蔵庫でキンキンに冷やしておいた黒ラベルを携え乾杯。虫の鳴き声が本当に心地よく響いていました。

軒下でまったり呑むのがささやかな楽しみだったかもしれません。

 

23:00 就寝

疲労が蓄積された体には睡眠が一番!次の休みがくるまではしっかり体を保たなくてはいけないので、夜更かしは厳禁。8時間と少し多めに睡眠時間を確保していました。

まぁ、ほかにやることもないですし。(苦笑)

 

 

と、これが1ヶ月間農業体験のとある一日です。

だいたい、こんな生活を1ヶ月続けていました。

何回も腰が辛いと書いていますが、たぶん2ヵ月は持たなかったと思います。それほど身体的にくる仕事だったと言えます。ちょっとでも参考になったら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA