でーじおすすめ!沖縄リゾートバイト体験談!低時給な口コミ無視して行くべき理由

ハイタイ!(こんにちは)さやだんごです!

リゾートバイトの醍醐味はリゾート地という非日常な環境の中で働けるということ。そんなリゾートバイトの中でも郡を抜いて非日常経験ができるのが沖縄でのリゾートバイト!

沖縄での生活誰しもが一回はいいな~と考えたことがあるのではないでしょうか。憧れの沖縄生活を実現する方法のひとつにリゾートバイトでと考えいる方も多いはず。

この記事では、

  • 沖縄リゾバの仕事・給料事情
  • おすすめの仕事内容
  • 沖縄住み込みのメリット・デメリット
  • 求人の探し方や注意点

をお伝えしていきます。

574149_800-min

 

未経験OK!沖縄リゾートバイトの仕事とは?

スキルも経験もないけれど…そんな方でも沖縄で住み込みOKでできる仕事はけっこうたくさんあります。

  • リゾートホテル系:フロント、レストランホール、客室清掃
  • 接客系:居酒屋、コンビニ
  • 農業・酪農系:さとうきび狩り、葉タバコ収穫、パイナップル箱詰め、牛の飼育
  • 夏期間限定:プール監視、ライフガード、ネイチャーガイド、BBQスタッフ、マリンスタッフ
  • その他:ナイトワーク系、写真スタッフ

おすすめの仕事①:リゾートホテルスタッフ

沖縄は観光地という事だけあって、ホテルスタッフの求人がたくさんあります。客室が多い大手のホテルなどは近くに有名なビーチがあることが多いです。リゾートバイトは勤務先周辺に住み込むことになるので、白い砂浜をいつも散歩することができます。

客室数が少ない個人経営をしているようなところでのリゾートバイトは沖縄独自の文化に触れる機会が多いです。地元の人との交流もあることが多いので、生活してみなきゃ味わえない文化を体感することができるでしょう。

リッチなリゾート気分を味わいたければ大手ホテルへ。沖縄の文化に触れたければ規模が小さい個人経営の民宿、ホテルがおすすめです。

おすすめの仕事②:マリンスタッフ(ダイブショップスタッフなど)

沖縄のリゾートバイトでも人気が高いのがマリンスタッフ。お客さんも沖縄という地にくることで気持ちが開放的になり、楽しもうという人が多いのでテンション高く接客することができます。

とにかく楽しく仕事できるというのが、マリンスタッフの良い所。

また、マリンスタッフのほとんどが関連店舗のダイビングやマリンスポーツで遊ぶ割引を受けられるので、マリンスポーツを楽しみたいという人にはもってこいのリゾバです。

マリンレジャー系は、5月~10月くらいまでの期間限定になりますが、初めての方を歓迎している求人は多いです。

沖縄リゾバの農業・酪農系は体力に自信のある人向け

農業・酪農も沖縄ならではの特産品に関われるとても貴重な仕事なので面白そうですが、体力に自信がある人でないとけっこうきつい思いをします。

  • 炎天下の中で腰を落とした体制で数時間作業できますか?
  • 石垣牛は1頭600㎏くらいあって体を押してきます

肉体労働なので耐えられる覚悟がないと続けられない仕事です。

度胸がある人は…ネイチャーガイド・水牛ツアーの仕事

IMG_20160414_111049

見どころを回りながらガイドする仕事ですが、これも実はリゾートバイトがやっている場合があります。

私の友達は関西出身リゾバでネイチャーガイドをやっていましたが、ついつい関西弁が出てお客さんに突っ込まれてしまったそう。

最初は先輩のサポートからスタートですがセンスがあれば1ヵ月くらいで1団体任されるようになるそうです。

沖縄リゾバの給料事情

時給月収(目安)
接客系800~900円15~16万
農業系700~800円13~14万
ナイトワーク系1000~1400円18~21万

正直、東京などと比べてしまうと安い!のが現実です。沖縄に住める経験は滅多にないので、お金よりも経験だと思って働くしかありません。

沖縄リゾートバイトを短期(2週間)ならナイトワークがおすすめ

ナイトワークの仕事だと最低2週間~短期OKで求人を出しているところが多いです!

そして、夜のお仕事なので抵抗のある方もいるかもしれませんが、一旦偏見は捨ててみてください。

キャバクラ・ガールズバー・スナックって似ているようで全然違います。

接客方針時給期間交通費
キャバクラお客さんの隣に座る2000円~2週間~
短期OK
往復飛行機
代支給
ガールズ
バー
カウンター越し1200~
1500円
2週間~
短期OK
往復飛行機
代支給

ガールズバーは、お客さんとこそ会話をしますがカウンター越しで隣に座って接客することはありません。

また、キャバクラと違ってお店外でのアフター・同伴もないのでナイトワーク初心者の方にもおすすめなんです!

それでいて、飛行機代支給・短期就業OKなのでけっこうお得にリゾバできる仕事かと思います。

ナイトワークのリゾートバイト住み込み体験談|稼げる評判はマジ!奄美大島に2週間行ってきた!

2019.04.20

沖縄リゾバ生活で大変なこと

  1. 車社会
  2. 虫との遭遇率高い
  3. 物価は高いかも?
  4. 常にジメジメ…湿気

車社会

那覇市はバスや電車もあって車なしでも平気ですが、その他の地域は車があった方が断然便利です。沖縄リゾートバイトするにあたって車を持っているなら持ち込みたいところ。

ちなみに、車輸送はフェリーで約5万円前後します。車を持ってない方は、持っているスタッフと仲良くなって乗せてもらうといいです。

虫が多い

年中暖かい気候なので、虫は嫌でも出ます…特にGにはご注意を。リゾバの派遣会社に求人相談すると寮の様子についても聞くことができます。その時は、なるべく2階以上の部屋に住めるように希望を伝えておくといいかもしれません。

物価は高め?

沖縄の物価は割と普通です。住み込みリゾバの場合は、寮費が無料になるところがほとんどなので時給の低さと差し引きしてトントンといったところでしょう。

でも、ネット通販をよく利用する人は気を付けてください!送料が別途で高くつきます。西表島とかで住まない限りは、必要最低限は調達できますがちょっと注意が必要かもしれません。

湿気

カラっと晴天の日でも突然のスコールなどもあるので、基本的にジメジメっとしています。食べ物の腐敗が早かったり、気を抜くと部屋がカビます。

女性にとっては肌乾燥はしないので、悪いんだか良いんだかって気はします。

沖縄生活のおすすめポイント

ビーチがもはや庭

沖縄には、離島を含め20以上もの有名ビーチスポットがあります。リゾートホテルのリゾバでは、寮のすぐ近くにビーチがあるので庭感覚で独占できます。

  • 白い砂浜のビーチで昼寝、読書
  • 青々とした海を眺めながらキンキンに冷えたビール

まさに沖縄リゾートバイトででしか実現できません。

夏はマリンスポーツが盛ん

沖縄のリゾートバイトを考えている方はダイビングをしようと意気込んでいる方が多いと思います。そんな沖縄海の海開きは3月中旬からです。海開きは本島、石垣島、宮古島いずれかで開催されるお祭りが合図となっています。

そして海水浴として開放されるのは5月頭~9月の間。日本一長い海水浴シーズンを味わえるのは沖縄だけ。ダイビングやサーフィン、マリンスポーツを主眼に置いてる方はこの期間のリゾートバイトが最適です。

星空と蛍

昼間がビーチならば、夜は星空と蛍です。数泊の旅行ならば天候の運に恵まれないと出会えない景色が沖縄リゾートバイトでは日常になります。特に、夜海の上で星空を眺められるツアーもあるので色んな楽しみ方ができます。

冬でも暖かい

12~2月の冬シーズンでも沖縄の最高気温は20℃になることも!寒さ嫌いは冬の沖縄にぜひ!

花粉がない

沖縄にはスギやヒノキがないので、花粉症とは無縁の生活を送れます。私も沖縄で過ごした1年で花粉が治ったと錯覚したくらい花粉症の人には最高の環境です。

南国のゆる~い空気感

言葉で説明するのが難しいですが、沖縄に行くとなんか心がオープンになるんですよね~。それには色んな訳があると思うんですが、私が思うにその理由は3つ。

  1. スーツを着ている人が少ない。
  2. 昼間から酒を飲んでる人が多い。
  3. 酒盛りは、夜になると一段と盛り上がる。

宮古島の住宅街で軒下で8人くらいで酒盛りしているグループを毎日2組くらいみますからね。

住宅街といっても東京都みたいに超密集してないので近所迷惑とかを考えなくていいんでしょう。これビーチとかで波の音聞きながらお酒とか最高そうですよね~

寛容な沖縄地元民

あとはやっぱり人です。地元民に出会う度、陽気で寛容な人が多い。ゲストハウスに泊まった時、「おはようございまーす」と声をかけたが最後30分くらいしゃべってくるおじちゃんとかがいたり、地元の美味しい物買おうと思って市場いったら、お腹いっぱいになるくらい試食させてくれたり、やっぱり土地柄なんでしょうね~おおらかな人が多いです。

おおらか過ぎる分地元民の人と時間の約束をした時は気を付けてください。30分~1時間平気で遅刻してきます。うちな~タイムというらしいので沖縄特有のもんだと思って合わせてみてください。

沖縄料理を楽しむ

食も沖縄でしか味わえないものが目白押し。特にゴーヤチャンプルーは一回食べただけだとゴーヤがめっちゃ苦ってなって次はいらないかな。なんて思うんですが、これが食べ慣れると病みつきになっちゃんです。たぶん、ビールが最初に苦くておいしくないって思うのといっしょ。

あと沖縄と言ったら、オリオンビールに泡盛ですね。特に泡盛は沖縄に来るとその種類の豊富さに驚かされます。泡盛ってこんなに種類あったんだ…市販のスーパーでもこの品揃えです。

IMG_20160411_183938

そして、どれもお手頃価格。海ブドウや豚足をつまみに屋外で飲む酒は最高ですよ。

沖縄独特の文化を感じる

琉球王国の文化が根づく沖縄にはここは日本か?!と思わせる独特な雰囲気が満載。民家の作りもぼくが住んでいる関東とは全然違うからどこにいても刺激的。

沖縄にじっくり滞在して気づいたんですが、家の守り神とされるシーサーにもいろんな種類があったんですね。島や地域ごとにシーサーの表情や色、ポーズが全然違うんです。少なくとも10種類以上はあると思います。

リゾートバイトはじっくと沖縄滞在できるので、ぜひ自分だけの楽しみを見つけてみてください。

沖縄の離島でもリゾートバイトはできる

リゾバ求人が多い沖縄の離島
  • 石垣島
  • 宮古島
  • 西表島
  • 久米島
  • 小浜島

1.石垣島

沖縄の離島の中でも一番大きな島。待ちの中心街はお店が揃っていて生活に困りまらないほど意外と都会。でも、中心街を抜けると牛・馬・ヤギが放牧されていたり自然も感じられるます。石垣島を中心にフェリーで離島めぐりもできるため、リゾバでも一番おすすめな離島。

石垣島に住み込みリゾートバイト体験談!仕事内容は?給料は?  

2016.04.19

2.宮古島

石垣島の次に大きな島。石垣島ほどではありませんが、24時間営業のスーパーもあり生活しやすいです。島の中心は石垣島よりも落ち着いているので、都会の喧騒を忘れたいなら宮古島リゾバがぴったり。

ダイビング環境抜群!宮古島リゾートバイトの魅力を語ってみるよ!

2016.04.18

3.西表島

石垣島からフェリーで40分ほどの距離にある島。手つかずの自然溢れる場所で、ネイチャーツアーでも有名。西表島にも住み込み求人がありますが、島にはお店もほとんどないので自然が大好きな人が行くべきとこ。

西表島のリゾバ求人一覧へ

4.久米島

沖縄本土からフェリーで約3時間ほどの島。サンゴ礁でできた無人島「ハテの浜」にアクセスできるのがこの久米島です。また、楽天イーグルスのキャンプ地にもなっていることから追っかけファンでリゾートバイトしている人もいたりします。

久米島のリゾバ求人一覧へ

沖縄リゾートバイトの期間と募集時期

通年OK:リゾートホテル関連、ナイトワーク系

マリンレジャー関連:5月~10月

農業系:4月~6月下旬

沖縄リゾートバイトでは職種によって応募時期が限定されているので注意が必要です。リゾートホテル関連は通年を通して求人が見つかりやすいですが、マリンレジャー系は期間限定です。

沖縄住み込みリゾートバイト求人の探し方

沖縄リゾバの派遣会社に登録した方が良い理由

今まで紹介した沖縄の暮らしや仕事は現地に直接行って探すという方法があるのですが、それはかなり非効率です。地元民ならいいかもしれませんが、沖縄県民以外の方が沖縄で働く場合はリゾートバイトの派遣会社を通すのが一番良いです。

寮費・食費が無料

派遣会社を通すメリットの一番は寮費・食費がかなり抑えられるということです。派遣会社に登録すれば寮費は基本的に無料の求人案件を探すことができます。中には寮費を払うところもありますが、だいたい月1万円くらいです。

沖縄で一番安い賃貸を自分で見つけようとすると2万円ちょっとはかかります。探したり、内見したりするのも面倒ですし、それを考えると着の身着のまま次の日から行くことができるリゾートバイトはかなり効率的といっていいでしょう。

現地直接採用よりも時給が高い可能性がある

現地直接雇用よりも派遣会社雇用の方が高時給な場合があります。派遣会社経由でリゾートバイトをすると給料は勤務先からではなく、派遣会社からもうことになります。

慣れるまではちょっと変な感覚ですが、勤務先が現地で求人を出していても派遣会社で見た求人とは時給が違っている場合が多いです。たいていは派遣会社の方が高時給なので給料に関しても派遣会社に登録する方がbetterです。

沖縄リゾートバイトおすすめの派遣会社は!?

リゾートバイトの派遣会社をあげろと言われれば出てくるのはたいてい、ヒューマニックかグッドマンサービスかアルファリゾートだと思います。

HPを見るとあまり変わらないよう気がしますが、求人掲載数から時給まで派遣会社によってその内容は全然違います。沖縄でリゾートバイトをする場合はどこの派遣会社がおすすめなのか一目瞭然にするために派遣会社の比較表を作ってみました。

沖縄のリゾバ求人数を派遣会社比較

派遣会社沖縄の求人数時給1000円
以上求人数
ヒューマニック248件16件
アルファリゾート132件18件
グッドマンサービス110件19件

参照元:リゾートバイト派遣会社ベスト5|比較&ランキング!おすすめサイトも紹介

比較表を見てもらえればわかる通り、求人数の豊富さ時給の高さでヒューマニックが圧倒的に良いです。本島でも離島でもまず沖縄でリゾートバイトをしたいと思ったら、ヒューマニックに登録して探すのが一番手っ取り早いです。

これだけでもヒューマニックが良いことはわかるのですが、他にも沖縄リゾバはヒューマニックにした方が絶対的に良い理由が2つあります。

沖縄リゾバでヒューマニックがおすすめなわけ

・ダイビングライセンス割引

な、、なんと!!!ヒューマニックを通して沖縄リゾバをするとダイビングライセンス取得が割引で受けられます。しかも、その割引金額が60%off以上!!通常ダイビングライセンスの取得には4~5万円くらいかかるのが普通ですが、それが1~2万円で受けれるようになるのです。

他の派遣会社にはこのような特典はないので、ダイビングライセンスをリゾートバイト中に取るなら、ヒューマニック一択です。

・リゾバ期間前後で充実した沖縄観光ができる

リゾートバイトの前と後で本島にプチ滞在、観光したいという場合はヒューマニックが持っているゲストハウスに1泊1000円で滞在することができます。

那覇周辺のゲストハウスの相場は1500~2500円くらいなので、これまた金銭面でお得なメリットを受けれるのです。

まとめ

沖縄リゾートバイトはかなりおすすめです。生活にも意外と困らないし、遊びは至れり尽くせりなので、かなり充実した日々になります。一つだけ言うと、貯金をけっこうしたいなという人にはあまり向かないのかもしれません。遊びすぎるとむしろマイナスになりそうな気がしますしね…笑

沖縄リゾートバイトも行く地域によってはライフスタイルや遊びも違ってくるので、ぜひぜひ自分に合った勤務先を検討してください。

【おすすめ場所&職種】リゾートバイト経験8回の私が季節別の人気も紹介

2019.02.20