未分類

当日の着付けが間に合わなくて成人式に行けなかった話

更新日:

こんにちは。このブログの運営者ジョージの彼女ことメアリーです。

私は、成人式に参加できませんでした。行きたくなかった訳ではなく、行く意志があったにもかかわらず、成人式に行けませんでした。

悲しいことに当日の着付けが式の時間までに間に合わなかったんです!!

完全なる事故です。

今回は、当日の着付けが間に合わずに成人式に参加できなかった私の失敗談をお伝えします。これから成人式を迎える方たちには、ぜひ教訓として下さい。

KIM150922597543_TP_V

1年前から計画していた成人式

私は、成人式にかかる費用をすべて自腹で準備しなければならなかったので、成人式への準備は1年前から計画的に行っていました。

特に、女性の場合は成人式にかかる費用は数十万円とします。なので、1年前から成人式を意識してアルバイトを多めに入れて貯金をしたりとかなり計画的に成人式の準備を行っていました。

 

半年前に着付けの予約と前撮り

成人式の着付けや振袖のレンタルは早めに予約すればするほどお得なことを事前に調べていたので、半年前の6月には当日の着付けの予約と前撮りをしました。

時給850円のアルバイトをして自分で稼いで貯めたお金なので、振袖を選ぶ種類には限りがありましたが、その中でも自分の気に入ったものを選びました。

「似合うかな?」と不安でしたが、着付けてもらってメイクをして髪をセットしてもらい、鏡の前に立つと普段の自分とは別人になったみたいで、とても気分が高揚しました。

成人式はあと半年後でしたが、参加するのがとても楽しみでした。

 

11月頃に成人式当日の着付けの案内が届く

6月からちょうど忘れそうになった頃に、当日の着付けについての案内が届きました。当日は、前撮りをしたお店が提携している地元の美容室で着付けなどをやります。という趣旨の案内です。

当日の着付け開始時間は、「朝の6:30」から。成人式の開始時間は、「9:00」から。

半年前とかなり前倒しで予約をしたので、メイクと着付けをして少し時間に余裕を持てるちょうど良い時間に設定されていました。

予約が成人式当日の直前になればなるほど埋まっていくので、1ヵ月前とかに予約をした友達は、午前3時とかに着付けメイクの時間を設定されていました。

成人式開始時間まで、着物を着て数時間早朝を過ごさなければならないので、半年前に予約しておいてよかったと思いました。

 

成人式当日

いよいよ成人式当日。振袖セットは前撮りをした大元のお店でレンタル予約をしていたので、当日の早朝に取りに来てください。とのことでした。

美容室の予約の時間は、6時半でしたが余裕を持って5時半に取りに行き、美容室へは6時ちょっと過ぎくらいに到着しました。

この時点で予約待ちらしき人たちが10人くらいいました。最後の方の時間帯なので、数人いるくらいかなと思っていましたが、待合室の人の多さに少々不安になりました。

でも、半年前からしっかり予約をしていたし、この美容室の方たちは毎年同じくらいの人数の成人をさばいてきているのだから、間に合わない事態が起こるなんて絶対ない。と思い込んでいました。

 

予約の6時半になっても始まらない着付け・メイク

予約時間になりましたが、待合室の人は8人。私の番は一向に呼ばれる気配がありませんでした。

スマホを片手に暇つぶしをして平静を装っていましたが、心の中は不安でいっぱい。時計の時刻をちらちらと見ては、自分の番はまだなのか?と焦ってました。

美容室の受付の方に状況を聞くも「お待たせしてすいませーん。只今、急ピッチで進めていますので、もう少々お待ちください。」の一点張り。

状況が掴めない解答に不安は募る一方でした。

 

もう、成人式に間に合わない...

成人式開始時間は、9:00

今の時刻は、7:40を経過。私の前には、4人待ち。

着付け・メイクが終わったらすぐに行けるように、美容室から成人式会場の最短ルートを調べて、最悪タクシーで向かうことを覚悟してギリギリまで待ちました。

私ともう1人の待ちを残して8:20

「もう、間に合わない!」

私は泣く泣くの思いで、「もう、着付けはしなくていいです。」と美容室の方に告げとぼとぼと家に戻りました。

 

家に戻ると悔しい気持ちがこみあげてきた

家に帰ったからは、虚無感でしばらくぼーっとしていました。

しかし、1年前からこの日のためにアルバイトでお金を貯めて着々と準備をしてきたのに、参加できなかった成人式を思って悔しい思いが沸々としてきました。

せめて、すでに支払っている振袖レンタルと当日の着付け代の20万円は、全額返してもらおうと思い、予約をしたお店に連絡を入れました。

「最初は間に合わなかったなんてありえない!」というような反応でしたが、詳細を伝えると

「誠に申し訳ございませんでした。」と謝罪され、本来ならレンタルした振袖は自らがお店に返しに行くところを家まで取りにくるとのことだったので、お店の人がくるのを待ちました。

 

間に合わなかったのは前代未聞らしい

お店の人が、菓子折りを持ってウチに訪問を深々と謝罪をされました。成人式に着付けが間に合わない事態は、その美容室では今まで起こったことがないらしく、色々弁解されるも参加できなかったショックが大きかったので、全く頭に入ってきませんでした。

とにかく、事前に支払った20万円は全額返金となり事態は収束しました。

 

2次には参加してきました!

同じく成人式を迎えた友達には、起こったことの一部始終をすべて聞いてもらい、慰められ、2次会があるからそこで楽しもう!ということになり、2次会に参加してきました。

 

慰謝料を請求できたかもしれない

後日、バイト先の店長にも成人式に行けなかったことを話したのですが、全額返金だけではなく慰謝料も請求すればよかったのにと言われました。

一生に一度の成人式。1年前から計画をして私には何の落ち度もなく、その他沖の精神的ショックも大きかったことを考えると確かに慰謝料くらい請求してもいいような気がします。

店長曰く、倍額の40万円くらいは払ってもらえるよ。と言っていましたが、もう過ぎ去ったことを蒸し返すのはめんどくさいので特に何もしていません。

 

20万円返ってきて結果オーライだったかもしれない

私は、4月から専門学校を卒業して、地元を離れて関西で就職し、一人暮らしすることが決まっていました。一人暮らしの初期費用や卒業旅行などの資金を考えると、20万円が返ってきてよかったような気もします。

20万円使ってたら使ってたで、またどうにかしているとも思いますが、参加しなかっただけに成人式の一瞬のことに大金を突っ込むのもばかばかしいような気もします。

なので、成人式に参加できなかったことは結果的によかったのかなと思うようにしています。

 

当日の美容院の過去の実績はしっかり把握しておこう

正直、一生に一度しかない成人式なので、当日はぶっつけ本番です。予測不能な事態が起こることもあります。例えば、当日はものすごい大雪になってしまったり...

私は、成人式にちょうど良く行ける、最後の方の時間帯で予約が設定されていたので、過去に間に合わなかったことがあるかないか。私の参加する成人式の時間は、○○時予定だが、ちゃんと間に合うのか?

予約の段階でしっかり確認をしておけばよかったなと思います。

これから成人式を迎える方は、当日に参加できなかったなんてことがない、素晴らしい成人の日が迎えられることを心よりお祈りしています。

-未分類

Copyright© 旅暮らしログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.