海外でモテる日本人女性の真相【ワーホリに行く前に知ってほしいこと】

「海外で日本人女性はモテる!」

そんな声を一度は、きいたことがあるのではないでしょうか?

海外では出会う相手もグローバル。外国人と恋におちる可能性だってあります!

これから海外生活を送るワーホリ女子にとって、

「海外で日本人女性はどんなふうにみられているのか?」

そして「実際に本当にモテるのか?」気になるところですよね?

私も以前、ワーホリでオーストラリアに行っていました。

現地でオージーの彼氏ができた時もありました。

今回はそんな私が、海外に住んで感じた「日本人女性はモテるのか?」という真相にせまりたいと思います。

あわせて「海外に行く前に知ってほしい注意点」など、まとめてみました。

ワーホリに行く前にぜひ参考にしてみてくださいね。

日本人女性 海外での反応は?

実際に日本人女性はモテる?

結論からいいますと、海外で日本人女性モテます!!

モテるといってもその感覚は個人差があり一概にはいえませんので、

「モテる=よく声をかけられる」という定義でお話していきます。

欧米人男性は日本人男性よりもアプローチがとにかく積極的です。

「いいな!」と思った女性にはストレートに声をかけてきます。

私もワーホリ中に男性によく声をかけられました。

パブで飲んでいるとき、道をあるいているとき、図書館で勉強しているとき、などなど。

正直なところ私は、日本で男性から声をかけられることは、あまりありませんでした。

ワーホリに来た当初は、いろんな男性に声をかけられて英語も分からないし、なんて返せばいいのやら?!と戸惑うばかりでした。

しかし、その一方で、「もしや?モテ期到来?!」なんて調子にのってしまった自分もいました(笑)

私だけでなく、まわりの日本人女子も現地で男性によく声をかけられていました。

それがきっかけで、実際おつきあいに発展したひともたくさんいました。

また、日本人女性だけでなくアジア人女性全般が、欧米の男性に人気がありました。

当時、語学学校の韓国人や中国人の女友達とよく飲みにいってたいたのですが、彼女たちもだいぶモテてていましたから。

日本人女性がモテる理由

海外でよくモテる日本人女性。

声をかける欧米人男性はどんなところに魅力を感じるのでしょうか?

私のまわりの欧米人男性に日本人女性の魅力をきいてみました。

欧米人男性といっても、様々な国や文化をもっていますので一概にはいえませんが、

意見が多かったものをまとめてみました。

日本人女性の魅力を外見・内面に分けそれぞれ解説していきます。

【外見的魅力】

  • 小柄
  • 鼻が低く目が一重
  • 黒髪がきれい
  • 童顔(年齢より若々しい)

日本人女性の容姿ですが、小柄で黒髪、エキゾチックな顔立ちは、はずせない魅力的要素のようです。

たしかに私の知っている限りでは、パートナーが日本人女性の場合、目が切れ長で一重の女性が多く、目が大きくぱっちりタイプのひとは少ない傾向です。

そして、童顔についてですが、海外で日本人は実年齢よりとても若くみられます。

例えば海外のお店でアルコールを購入する際、レジで身分証明書の提示を求められることがあります。アルコールを購入できる年齢は国や州により定められています。

お店のレジの人が、アルコールを販売できる年齢に達しているとみなす場合は基本的に提示を求めません。しかし、年齢が達していないとみなす場合(若く見える場合)は、身分証の提示を求められます。

ワーホリ当時、毎回必ず身分証の提示を求められました。

実際に年齢を言うとみんな、びっくり!うそでしょ?という反応。

まわりの多くの日本人も同じく身分証の提示を求められていました。

欧米人男性がいうには、「日本人女性は実際の年齢より若くみえ老け込まない!」との意見。童顔自体が魅力というわけでなく、「老け込まないところが魅力」ということなのです。

パートナーがいつまでも若々しいのは、男性にとってもうれしいことですからね。

では次に内面的な魅力をみていきましょう。

【内面的魅力】

  • 優しい
  • 気が利く
  • ひかえめ

日本人女性は、物腰がやわらかくニコニコと笑っていて、とても話しやすいとのこと。

そして特に多かった意見が、「優しくて気が利く」でした。

私は海外で暮らしているとき、よくホームパーティーに参加していました。

パーティーで大皿料理(例えばサラダなど)がある場合、私は友人の分をよく取りわけていました。

取り分けたお皿を友人たちに手渡すと、「君は気が利くね!日本人は本当に優しいね!」とよく言われたのがとても印象的でした。

正直、自分の分を取るついでだし、特に考えず何気なくやったことなのです。

また、私がレストランでウェトレスをしていた時も、次の料理がでる際、お客さんの取り皿を交換していました。すると、お客さんに「あなたはとても親切で優しいね!!」と、よく声をかけられました。日本のレストランならサービスとして当たり前のことでしょう。

日本人の何気ない気遣いでも、欧米のひとにとっては、とても優しいと感じるのでしょうね。

日本人女性と欧米人女性を比較

ここからは欧米人女性についても少しふれていきたいとおもいます。

「逆に日本人女性と比べて欧米人女性ってどんな感じ?」

「欧米ではどんなタイプの女性がモテるの?」

ワーホリに行くなら現地でモテる女子についても、気になるところだと思います。

以下、欧米人男性にきいた、モテる欧米人女子のタイプです。

  • 自分の意見をしっかりもっている
  • 自立している
  • 社交的で活発
  • 会話が上手
  • 知的

欧米では、自分の意見をしっかり持っていることが基本です。

女性も自分の意見をしっかり言える自立した、かしこい女性が好まれます。

また、大人しい子より活発で会話も上手な子は人気があります。

以前、日本にワーホリに行っていた、オーストラリア人の男友達がこんなことを言っていました。

「日本人の女の子って『これ、わかんな~い!これ、できな~い!』って、すぐ他の人に頼ろうとするよね...意見を求めてもこれだから、なにを考えているのかさっぱり分からないよ。」

たしかに日本では、自己主張する女子より、ひかえめで男性が守ってあげたくなるような子...人気がありますもんね(笑)

その一方で欧米人女性は、自分の意見をしっかり持ち自己主張します。

仲のいいときは問題ないのですが、ケンカに発展すると激しく、収拾がつかなくなりかなり大変という声も。

ワーホリ当時、私のフラットメイトの彼女がイギリス人だったのですが、ケンカの時ヒートアップして「フライパンで殴られた!」って嘆いていましたから。(笑)

ちなみに外見に関しては、欧米では大人っぽい子が人気です。

多民族の欧米では、髪の色や、目の色、肌の色もさまざまな女性がいます。

ですからタイプといってもこればかりは本当にひとそれぞれなのです。

しかし、日本では大人っぽいタイプの子より、かわいいタイプの子が人気ですので、個人的には、ここは日本と違う点だと感じました。

気をつけて!カモになりやすい日本人女性

海外において「日本人女性がモテる=よく声をかけられる」というのは事実だと思います。

しかし、それは日本人女性が変な男性に出会い、だまされる可能性もあるということ。

ここからは、「日本人女子がおちいりやすい罠」について解説していきます。

甘い言葉でのアプローチ

欧米人男性は初対面でも、いいと思った相手に積極的にアプローチしてきます。

「世界中で、君が一番素敵だよ。」

「君はエキゾチックでとてもセクシーだよ。」

恥ずかしくなるようなロマンティックな言葉を連発してきます。

それに対し、欧米人女子は男性の甘い言葉もほめ言葉にも慣れています。

だから簡単にはナンパにひっかかりません。

しかし、悲しいことに私たち日本人女性は、日本で男性から甘い言葉をいわれたり、ほめられたりした経験があまりありません。

そんな日本人女性は、ロマンティックな言葉をささやかれると、舞い上がってホイホイついて行ってしまうことも...。

残念ながらそんな日本人女子...実際にけっこういました。

「ロマンティックな言葉をかければすぐついてくる...日本人はとってもイージーだよね!」私は現地で何度かこんな声をききました。

日本人女性が甘い言葉に慣れていないのを知り、それを逆手にとって遊び目的で近づいてくる男性もいます。

欧米人男性のロマンティックな言葉に舞い上がり、簡単についていくとだまされるパターンもあるということも忘れないでくださいね。

日本と欧米の恋愛スタイルの違い

お国が違えば恋愛の価値観も違うのは自然なこと。

日本と欧米では恋愛スタイルがことなります。

男女が付き合うとき、日本では

「何回かデートする→告白し交際を申し込む→正式に付き合う」

このような流れで交際がスタートするのが一般的です。

しかし、これが欧米だと

「何回かデートする→自然な流れで付き合う」このような流れです。

欧米では、日本のような「告白し交際を申し込む」という概念が基本的にありません。

デート期間にお互いにのことをよく知っていき、もし、いい関係が続けば自然な流れで付き合うというもの。

デート期間中に、彼からいくらロマンティックなことを言われていてもまだ友達。

ようは他の人を見てもいい関係なのです。

だから、この期間はあくまで「おためし期間」のようなものなのです。

しかし、この「恋愛スタイル」を知らない日本人女子は、痛い目にあうことがあります。

勘違い?!ワーホリ女子の悲劇

これは私の知るワーホリ女子A子の話です。

A子はオーストラリアにワーホリ中、旅行先でドイツ人の彼と出会い意気投合。

お互いの帰国までの3ヶ月ほどの間ですが、何度かデートもかさねていました。

そして、ビザが切れお互いの国にそれぞれ帰国。

彼女は日本に帰国してすぐ、彼に会いにドイツへ旅立ちました。

大好きな彼に会えるのを心待ちにしていたA子。

しかし、その再会で思いもよらないことが起きるのです。

なんと!再会の場に現れたのは、彼ともう一人のドイツ人女性。

そして彼は「紹介するよ!彼女は僕の恋人の○○だよ。」

A子に平然と自分の恋人を紹介したのです。

もちろんA子は大ショック!!

彼にどういうことなのか問い詰めます。

しかし、彼らかえってきた言葉は、「だって、君と僕はいい友達じゃないか!」でした...。

彼女はドイツで大失恋し、帰国の途につきました。

A子が勘違いしてしまった彼の言動とは?

A子が話す「彼とのデート期間」を簡単にまとめるとこうです。

  • 彼はA子に素敵な言葉をたくさん言ってきた。
  • 彼に「I really like you」(本当に君が好き)と言われていた。
  • 友人や家族には紹介されていない。

彼は彼女に会うたびに、ロマンティックな言葉を言ってくれました。

「君は本当にきれいだよ。君といられて僕はなんて幸せものなんだ。」

A子は大好きな彼の言葉にうれしくて有頂天になっていました。

また「I really like you」(本当に君が好き)と言われていたで、てっきり付き合っているものと思っていたそうです。

たしかにこれは、言葉の認識的な違いもあるとは思います。

日本人同士のカップルでは「愛してる」より「好き」と表現するほうが多いですからね。

ちなみに欧米(英語圏)では恋人には「I love you」(愛してる)を使うのが一般的。

また、欧米人男性のなかには、ちょっといいなと思った相手でも「I really like you」を気軽に使うひともけっこういるのです。

そして、そもそも彼女は「欧米と日本の恋愛スタイルの違い」を全く知らなかったそうです。

「おためし期間」なんてものがあるとは思ってもみませんでした。

もちろん、彼に非がないないとは決して言いません。

しかし、彼女が恋愛スタイルの違いを理解していなかったことも、このような事態をまねいた原因のひとつだと思います。

相手が欧米人だと文化も言葉のもちがうのは当たり前。

彼の本心を見極めるのは、なかなかむずかしいかもしれません。

正直、言葉ではなんとでも言えます。

そこで大切なのが彼の態度や行動をみること。

ただの遊びの相手ではない場合、彼のアクションはなにかしら起きるとおもいます。

例えば、あなたのつたない英語でも一生懸命きいてくれたり、悩みに真剣に相談にのってくれたり、彼の友人や家族に紹介してくれたり、などなど。

もし、あなたが欧米人の彼といい感じになったら、まずこの恋愛スタイルのちがいを知ること。そして、彼の行動や態度に注目することがポイントだと思います。

決して都合のいいオンナにならないように、気をつけてくださいね。

日本人女子狙い!欧米人男性の実態

「yellow fever」(イエローフィーバー)という言葉をきいたことがありますか?

私は、海外に住んではじめてこの言葉を知りました。

「yellow fever」(イエローフィーバー)とは、欧米で主にアジア人女性が大好きな男性をさす言葉です。アジアンフェチな人のことをいいます。

ただ単に見た目がタイプ、たまたま惹かれたのがアジア人というのは問題ないのです。

しかし、彼らのなかにはインターネットの情報や噂で「アジア人女性は従順で扱いやすい」という妄想をもっているひとも少なくありません。

あなたの個人的な魅力は、まったく関係なく「アジア人」という理由だけでちかづいてきます。ようするに、アジア人なら誰でもいいのです。

ちなみに同じアジア人女性でも日本人に比べ、中国人や韓国人は自己主張をします。

(もちろん個人差はありますが)

しかし、日本人女性は自己主張せずひかえめで、嫌でも断ることが苦手。

また、甘い言葉やほめ言葉にも慣れていません。ロマンティックな言葉で誘われるとひっかかりやすいことも事実です。

彼らからすると、そんな日本人女性は「とてもあつかいやすく快適」

ようはナンパに簡単にひっかかるので、遊びの相手にも好都合なのです。

これらを知って日本人女性を狙い、声をかけてくる男性が現実にいるのです。

このように、あなたがアジア人女性のというだけで近づく「yellow fever」がいることを知っておいてください。

そして、特に日本人女性は狙われやすいです!!

よく覚えておいてくださいね!

声をかけられたときに注意すること

モテる一方で、狙われやすくだまされやすい日本人女性。

最悪な場合、トラブルに巻き込まれたりする可能性もあります。

言葉の通じない環境であっても、海外では自分の身は自分で守らなければいけません。

ここからは、現地で声をかけられた時の注意点や、具体的な対策などをご紹介させていただきます。

嫌なら、はっきり「NO」と伝える!

日本人はまわりの空気を読んだり、自分より相手の気持ちを優先したりしてしまいます。

相手のことを傷つけたくないので、はっきり断ることはせず、曖昧な態度をとったりしてしまいがちです。

しかし、「NO」とはっきり言わない日本式態度は、欧米では「YES」と解釈されます。

つまり欧米人男性にとって「NO」と意思表示をしない日本人女性は、声をかけやすく行動もエスカレートしやすいのです。

自分の意思を伝えないのは、だまされたり危険な目にあう可能性大です!

曖昧な態度はせず、きちんと「NO!」と伝えることが大切です。

ビギナーでも使えるナンパお断りフレーズ

では、実際に嫌な相手に声をかけられたら「なんて言えばいいんだろう?」

英語があまり話せない場合は不安になりますよね?

私もワーホリに来た当初、ほとんど英語が話せませんでした。

ですから、男性から声をかけられたとき、どう返せばいいのか分かりませんでした。

声をかけられると、いつもあたふたしてその場から立ち去るので精一杯でした。

しかし、それだけでは押しの強い欧米人を断ることはできず、しつこくされたこともありました。

ここからは、実際に使える「嫌なナンパを断る英語フレーズ」をご紹介します。

英語ビギナーだった頃、私はこれで嫌なナンパを撃退していました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

・No thank you!      (いいえ、結構です。)

・I’m not interested in you! (あなたに興味はありません。)

・Please leave me alone!   (ほっといてください!)

「No thank you!」簡単なのでこれならビギナーでも言えますよね?

シンプルですが、こう言えばナンパされても、たいていは去っていきました。

しかし、なかにはこれであきらめないひともいます。

そんなときは、「I’m not interested in you!」や「Please leave me alone!」と言ってやりましょう!

そしてこれらを使うとき、「忘れてはいけない3つのポイント」があります!

  1. 相手の目を見て伝える
  2. 大きな声で言う
  3. 絶対に笑わない(真顔で)

この3点です。

①②英語が苦手だと自信がなく、小声や相手の顔を見ずに話してしまいがちです。

嫌な相手の顔をみるのは勇気がいることです。しかし、相手の目をみないとあなたの気持ちは伝わりません。大きな声で、相手の目を見てはっきり伝えましょう。

③これは特に日本人女子が注意するべきことです。

私たち日本人は、わからないときや困ったときなど、笑ってごまかしたりしてしまいがち。

しかし、欧米では愛想笑いという概念はありません。

嫌な相手に笑顔で接することは、隙をみせることと同じ。相手に勘違いをさせてしまいます。

断るときに笑顔は厳禁です!必ず真顔で伝えましょう!

海外では日本にいるときのように、笑顔で逃げ切ることはできませんので注意して下さいね。

もちろん、少しでも「怪しい」とか「変だな」と感じたら、距離をおいたり、まわりに助けを求めること。そして、緊迫した状況や命の危険を感じる場合は、真っ先に逃げてください。

まとめ

このように海外でモテる日本人女性。

これからワーホリにいくあなたにも、現地でたくさんの出会いがまっているでしょう。

実際に私はワーホリ中、現地の男性に声をかけられ、おつきあいに発展し、幸せをつかんだワーホリ女子たちを何人もみてきました。

しかし、出会いはハッピーなものばかりではありません。

残念ながら、変なひとに出会ってしまうことだってあるでしょう。

今までお伝えしてきたように、「NO」と言えない日本人女性は、海外で特に狙われやすいことも事実です。

充実した海外生活をおくるうえで、安全に過ごすことは第一条件だと思います。

海外では自分の身は自分で守るのが鉄則。

行ってからなんとかなる!!では、もし何かあったときには遅すぎます。

それには、渡航前にその国の言語を勉強しておくのは言うまでもありません。

そして、事前にその国の文化やその国のひとの考えかた(価値観)を学ぶことも、とても重要なことです。

まずは渡航先の情報を集め、その国についていろいろな角度から「知る」ことからはじめてみましょう。

自分が生活をする国を「知る」ことが、あなたの身を守ることにもなるのです。

海外でのさまざまな経験や出会いは、きっとあなたの人生の財産になることでしょう。

あなたにとって、ハッピーな出会いがありますように。

そして楽しく充実したワーホリ生活になるよう心から願っています。

関連記事①ワーホリ恋愛事情!素敵な出会いをつかむためにできること~オーストラリア編~

関連記事②ワーホリエージェントおすすめの会社と選び方|ランキングや比較は無意味