選び方は「遊ぶ」or「稼ぐ」で考える!リゾートバイト経験者が求人の決め方・コツを解説

リゾートバイトの選び方に迷う

リゾートバイトの選び方ってとても悩ましいですよね…

というのも、

「どこの場所に行けば良いのか?」
「どんな職種を選べばいいのか?」
「期間はどのくらいがいいのか?」
「どの派遣会社から申し込むべきか?」

などなど、

リゾバって、普通の仕事に比べて選択肢が多すぎるからなんです。

かれこれ私はリゾバを8回していますが、いつも行き先を決める度に時間をかけて考えていました。

なので、スパッと決断できるよう自分なりのポイントをまとめたところ…

良い選び方ができるようになったのでそのポイントをシェアしたいと思います。

この記事でわかること

  • リゾバする目的の考え方
  • 総合バイトサイトと派遣会社のおすすめ活用法
  • 仕事・寮・場所などの選び方

リゾートバイトの選び方!まずは目的を整理

最初に自分で目的を設定すると求人の絞り込みがとてもスムーズになります。

目的ですが…下記にリゾバでできることを箇条書きしたので眺めながら自分の希望をイメージしてみてください。

リゾートバイトで実現できること
  • 沖縄のきれいな海に癒される
  • ダイビング・シュノーケリングをしたい
  • おもてなしの接客を学ぶ
  • 外国人の接客をして実践的な語学スキルを上げる
  • 半年で貯金100万円にする
  • 世界遺産・神社・離島めぐり
  • 毎日温泉に入ってスキンケア
  • 山籠もりしてボードを極める
  • 働きながら日本一周

これらすべてリゾートバイトで実現できます!全国各地住み込みで働くことができるのでリゾートバイトの可能性は無限大。

リゾバの目的がイメージできると求人も選びやすくなりますよ。

「遊ぶ」or「稼ぐ」で考えると絞りやすくなる

リゾバで「遊ぶ」と「稼ぐ」の両立はかなり難しいです!!

それぞれの特徴やメリット・デメリットを以下にまとめました。

「遊ぶ」中心のリゾバメリット:楽しいリゾバ生活が送れる

デメリット:お金が貯まらない

選ぶポイント

  • リゾバスタッフが多いところに行く
  • 近くに「海」「スキー場」「遊園地」などがある
  • 残業が少ない職場に行く

「稼ぐ」中心のリゾバメリット:1ヵ月に15万円以上貯金できる

デメリット:つまらない、ストレスコントロールが必要

選ぶポイント

  • 残業が多め忙しい職場に行く
  • 近くに娯楽施設がない山奥で働く
  • 高時給の仕事に応募する
さやだんご
まずは「遊ぶリゾバ」or「稼ぐリゾバ」で絞ってしまうと考えやすいですよ。

期間は「短期」or「長期」どっちがよい?

リゾートバイトの期間

  • 超短期:1週間(GW、年末年始、お盆など限定)
  • 短期:1ヵ月
  • 中期:2~3ヵ月間
  • 長期:6ヵ月以上

私のおすすめ期間はズバリ
「2ヶ月」!!!

2ヵ月にするメリット
  • ヒットする求人数が多いので目的にあった求人が見つかる
  • 社会保険の加入条件を満たせる
  • その土地のリゾバが飽きる頃合いでもある

絶対にやっちゃダメなのが、最初から6ヶ月以上などの長期の就業契約を結ぶこと。

実際行ったら想像と違い過ぎて辞めたくなる場合もあるので、最短をおすすめします。

その場所が気に入ったなら期間延長すればOK

詳細記事:長期は損!リゾートバイトの期間|短期からリゾバすべき理由

社会人・フリーターは1ヵ月以下のリゾバはできない?

リゾバは基本的に「派遣会社」からの求人紹介を受けてスタートします。学生以外は、派遣労働法(日雇い派遣の原則禁止について)で最低31日以上の契約でないと雇用契約を結べません。

  • 社会人・フリーター:最短1ヵ月からOK
  • 専門学生・大学生:最短2~3日からOK

リゾートバイトは直接雇用or派遣雇用どっちがよい?

  • 直接雇用の場合:総合アルバイトサイトで探す(タウンワーク・マイナビバイト・indeedなど)
  • 派遣雇用の場合:リゾバ求人専門サイトに登録(リゾバ.com・はたらくどっとこむ・アルファリゾートなど)

直接雇用メリット

  • 高時給求人が見つかりやすい

デメリット

  • アルバイトサイトの求人掲載数が少ない(100件前後)
  • 寮、食事支給、施設無料利用など情報が薄い
  • 電話面接をする可能性がある

派遣雇用メリット

  • 求人情報が豊富(2000件前後)
  • 詳細な求人情報が手に入る
  • 基本的に面接なしで働ける
  • 福利厚生がしっかりしている

デメリット

  • サイト上で就業場所の特定ができない

どちらも併用して探すのが賢いやり方です。

もし、総合アルバイトサイトで気になる求人が見つかったら、派遣会社にそれと同じ求人がないか確認しましょう。

掲載されている求人よりも詳細情報が確認できるだけでなく、書類選考の通過率も格段に変わります。

おすすめ総合アルバイトサイト

住み込み求人ナビ

リゾートバイト派遣会社ランキング・住み込み求人ナビ

住み込みで働ける求人に特化した総合サイトです。もちろん、リゾートバイト求人もあります。

正直、直接応募のサイトならここだけで探せば十分!ほかの大手サイトよりも圧倒的に求人数が豊富です。

もし、住み込み求人ナビを見て物足りないようならば、

タウンワーク or an(アン)で探すとよいです。

派遣会社の選び方(短期求人・高時給求人を選ぶために重要)

リゾートバイトの派遣会社は選び方がかなり重要!

なぜなら、派遣会社ごとに受けれる待遇・求人の質が違うからです。

派遣会社を選ぶ際にこれだけは抑えておきたい指標は3つ。

  1. 短期求人の数
  2. 高時給な求人の数
  3. 担当者の質

こちらはリゾートバイト大手4社の求人サイトで検索できる求人数をまとめた表です。

 派遣会社総求人数時給1200円以上求人1ヵ月短期求人
アルファリゾート 1897件 174件 78件
グッドマンサービス 1482件 327件 38件
ヒューマニック 2990件 153件 583件
アプリリゾート 2635件計測不能 433件

参照元記事:リゾートバイト派遣会社ランキング&おすすめサイトも紹介

・1ヵ月未満の求人数

・時給1200円以上の求人数

この2つに大きな差があるのがお分かりかと思います。

1ヵ月未満お試し短期でリゾバしたいなら、リゾバ.com(ヒューマニック)

リゾバ.comの短期求人一覧へ

とにかく稼ぎを重視するリゾバなら、リゾートバイト.com(グッドマンサービス)

リゾートバイト.comで時給1200円以上の求人を探す

を選んだ方が効率的です。

さやだんご
※リゾバ.comとリゾートバイト.comはそれぞれ全く別の会社が運営してます。
ややこしいよね~(^^;)

良い担当に出会おう!トラブルが起こった時に助かる

担当者の質について

なぜ、重視するかというと、事前情報と違う場合があるから。

リゾバによくあるトラブルの一つで求人紹介の際に聞いていた内容と、

実際に行ってみたら違ったってことがたまに起こります。

例えば、

  • 個室寮のはずなのに、相部屋になった
  • 聞いていた仕事内容と違う
  • Wi-Fi利用に工事が必要だった

こんな出来事に遭遇した時に頼りにするのが担当者なのです。

良い担当者

  • 正確な情報を伝えてくれる
  • トラブルが起こった際に誠実に対応してくれる

そんな人が担当であれば心強いですよね。

避けるべき担当者

  • 紹介した求人に無理やり決めさせようとしてくる
  • 連絡がつながりづらい・レスが遅い

人間ですからどこの派遣会社にも良い担当、悪い担当といます。

ですが、私が8回リゾバする中であえて言うならアプリリゾートがフォローは手厚い印象があります。

  • 担当者にリゾバ経験者が多い
  • 会社でもスタッフフォローに注力している

スタッフフォローNO.1を目指して ~東京本社・宮尾の挑戦~
(アプリリゾートのHPより)

担当との相性もあると思うので、合わない担当にあたってしまったら

担当を替える or 派遣会社を替える

などして、求人選びにこだわることをおすすめします。

関連記事:リゾートバイト派遣会社ランキング(使ってよかったおすすめ4社)

仕事選びはラクorきついが稼げるorスキルアップで考える

ラクな仕事は、客室清掃・売店・バイキング

客室清掃は、接客の機会がないので精神的にラク。

売店は、繁忙期以外はほぼ「お店番」していればいいので暇な時間多め。

バイキングは、料理の補充とテーブル巡回して食器下げしかやりません。「業務内容が単純」です。

きついが稼げるは、仲居

きついポイント
  • 着物で仕事(動きづらい)
  • 作法やふるまいに気配りする必要がある
  • 忙しい職場が多い
稼げるポイント
  • チップ(心付け)をもらえる可能性がある
  • 残業代が発生しやすい
  • 高時給求人が多い

スキルアップは、仲居・フロント・レストランホール

仲居で得られるものは、着物の着方、作法です。さらに、高給旅館などで仕事をする場合は茶道、生け花をすることが業務の一部となっているため「日本文化・おもてなし作法」が鍛えられます。

フロントやレストランは、ランクの高いホテルで働くほど「ホテルマンとしての接遇」を学ぶチャンスがあります。

また、外国人客が多いところでは英語でやり取りする可能性も高いため「ビジネス英語」を実践で学べる機会があります。

寮は「相部屋」もいいけどやっぱり「個室」

相部屋メリット

  • ルームメイトと超仲良くなる

デメリット

  • 気の合わない人と一緒になったら辛い
  • 狭い(スペースの問題)
  • 就寝時間を合わせる必要がある
個室メリット

  • プライベート確保
  • プチ一人暮らし体験できる

デメリット

  • 特になし

寮の設備や周辺環境もチェックすべき

ポイント
職場から寮までの距離が近いか?
近くにコンビニやスーパーなどがあるか?

リゾートバイトの寮は費用がかからないところが多いですが、設備や綺麗さはピンキリです。

求人紹介の時に見せてもらう写真と築年数を聞いて判断をしましょう。

また、寮の周辺環境にも気を遣うべきです。

関連記事:リゾートバイトの寮生活を公開!住んでた相部屋・個室の写真あり。男女別々?キレイ汚い?

遊べる・出会えるリゾートバイトの選び方

  • 派遣スタッフは何人働いているのか?を確認しましょう。
  • その場合は、温泉が利用できるか?都市へアクセスが良いか?などを重視しましょう。

遊べるリゾバは観光など遊べるスポットが近くにある

スキー、ダイビング、プールやアトラクション施設があるなど、働く以外にも目的があるとかなり楽しめます。

働くこと(稼ぐ)自体が目的であっても、山奥のホテルや旅館に行ってしまうと休日や空き時間に暇を持て余すことがあります。

リゾートバイトの仕事は多少きつい部分もあるため、疲れを癒したり、ストレス発散できる環境は絶対に必要です。

出会えるリゾバとは?

ポイント大型リゾートホテルは派遣スタッフが多い!

リゾバの求人には大型ホテルから個人経営の旅館まで色々なものがあります。

中には従業員2人と派遣1人なんて職場もあります。

ただ1つ言えることは、

派遣仲間がいる職場の方が絶対に楽しいです。

特に談話室などスタッフ同士で交流できるスペースがあるところは、男女関係なく仲良くなりやすいです。

関連記事:私のリゾートバイト恋愛経験談。彼との出会い・遠距離の一部始終

行きたい憧れの場所を選ぼう!

特に山の中腹に位置する旅館・ホテルリゾバは周りに何もないです。

コンビニに行くのにすら車で30分下山しなきゃいけないところもあったりします。

私が経験したところだと、1時間に1本のバス、片道700円くらいで市街地に出れるところに住んだ時はほんと不便でした。

食事は3食支給で最低限の生活は送れますが、ちょっとしたお菓子だったりは休日に往復1500円くらいかけて買いだめしなきゃいけませんでした。

ホテルの露天風呂から一望できる海岸線の景色は素晴らしかったですが、それよりも日常の便利さが大事でした。

周りに何もない対策

求人票を渡された時に、ホテルの住所をグーグルマップに入力して地図を確認するのが一番確実です。

関連記事:リゾートバイトおすすめの場所&職種まとめ|季節別の人気も紹介

リゾバ初心者必見!求人探しの流れ

良い選び方に大きく関わる、具体的な求人探しの流れとコツを見ていきましょう!

  1. リゾバ専門サイト(派遣会社)へ登録
  2. 派遣コーディネーターへ相談(←2番目に重要!)
  3. 条件にマッチする求人の紹介
  4. 求人の詳細を確認(←ここ1番重要!!!)
  5. 勤務先の決定
  6. リゾートバイトへ

だいたい登録してから早くて1~2週間で勤務先は決定します。

リゾバ専門サイトで求人探し&登録

まずは、自分で決めた基準を参考にどんな求人が良いか目星を付けていきます。

リゾートバイト.comなど大手派遣会社が運営しているサイトであれば求人情報がたくさん載っています。

目的別の検索機能も充実しているため、自分の好みに合わせて求人を探しやすいです。

好みの求人を見つけたら簡単な個人情報を入力して登録まで済ませます。

派遣会社の担当者に相談

派遣会社に登録したらいよいよ本格的な求人探しになります。

最寄りの各支店か電話で派遣の担当さん(コーディネーター)と相談しながら求人を決定します。

自分の希望をしっかり伝えよう

ざっくりとしたものでよいので自分の希望を伝えましょう。

  • どこへー北海道?沖縄?東京に行きやすいところ
  • いつからいつまでー1ヵ月?2ヶ月?〇月〇日~

最低限この2つはコーディネーターに確認されます。

5つの条件に沿って、以下も考えるとよいでしょう。

  • リゾバの目的 ー 遊びも充実させたい or とにかく稼ぎたい
  • 寮生活 ー 個室がいい、相部屋でもOK
  • どんな仕事をしたい - 接客系、裏方系など
  • 希望時給 - 最低950円以上!など

色々求人を紹介されるので選ぶ!

派遣会社のコーディネーターが希望を元に紹介できる求人を数件ピックアップして紹介してくれます。

この段階になって初めてホテル名など具体的な勤務先がわかります。

寮環境、時給、仕事内容などの詳細がわかるので、より自分に合いそうな求人を絞りましょう。

求人の詳細を確認する

実際に行ってもいいかな!っていう求人が2~3件絞れたら改めてコーディネーターに詳細を確認します。

求人決定の最後のステップになりますが、

この確認がとーーーーーーっても重要です!!!

ここでちゃんと確認しないと「こんなはずじゃなかった… 」となってしまいます。

以下は、充実したリゾバライフを送るための確認事項です。

5つの条件を確かめるために、細かく質問できるようにしてあります。

私がいつも確認していること
  • 寮について・・・築何年か?きれいか?どんな設備なのか?職場との距離
  • 周辺環境について・・・主な交通機関は?何時間に何本のバス?最寄りのコンビニまで徒歩でいける?
  • 期間満了している人の割合・・・途中で辞める人が多ければマイナス点があるはず
  • 延長率・リピート率・・・これが高かったらプラスアルファその職場の魅力があるはず
  • 他に派遣社員が何人いるか?・・・他の派遣社員が数人いる方が絶対楽しいです!
  • その職場で辞めた人の理由(リピートがある理由)
  • 想定月収はいくらか?・・・行ってみたら仕事なくて暇、シフトに入れてもらえず稼げないなんてことを避けるため

これをちゃんと確認するかどうかで、最高のリゾバor最悪のリゾバの命運が分かれます。

もし、求人に納得できなかったら断ってOKです。

条件を変えてみるか、他の派遣会社で探してみるのもいいでしょう。

関連記事:リゾートバイト派遣会社ランキング(使ってよかったおすすめ4社)

まとめ

失敗しない求人選びコツ

  • リゾバする目的をイメージする
  • 稼ぐor短期の求人数で派遣会社を絞り込む
  • 自分に合う担当者を見極める