一人暮らし中→リゾートバイトする場合の住民票・引っ越し事情|住み込みで転々とするならどうすべき?

はい、さやだんごです。

リゾートバイトは住み込む期間によって、住民票や引っ越しをどうするか検討しなくてはいけません。

現在、1人暮らし中からリゾバを始める人であればなおさら!

この記事でわかることは、

  • リゾバ先に住民票を移すべき人・そうでない人
  • リゾバ先に住民票を移す際の注意点
  • 1人暮らし中からリゾバする場合のプラス・マイナス点

 

さやだんご
リゾバした私の経験や、リゾバ先の経験者から聞いた知恵をもとにまとめました。

リゾートバイトでは住民票を移さなくてよい理由

住民票を移すことは法律上の義務

  • 転居をした日から14日以内に住民票の届け出を行うこと
  • 正当な理由がなく届け出をしない場合は5万円以下の過料を科する

参照:住民基本台帳法

ですが、リゾートバイトのような短期間の出稼ぎの場合は例外で、住民票を移さなくてよいケースに該当します。

住民票の異動をしなくてもよいパターン

  • 新住所に住むのが一時的な場合(1年以内に元の住所に戻る見込みがある)
  • 定期的に実家に帰るなど、生活の拠点が異動しない場合

リゾートバイトの場合は新住所に住むのが一時的な場合がほとんどなので、

住民票異動の対象外と考えてOKです。

リゾバ先へ住民票を移したいなら就業先へ確認必須

逆に、「住民票をリゾバで住む予定の寮に移したい」

その場合は就業先の責任者に相談する必要があります。

住民票は、住民税、国民保険、各種公的手続きを行うにあたってとても重要なものです。住民票の有無によって地方自治体の税収も大きく変わってきます。

もしも、リゾバ先の寮に住民票を移して、その職場を退職後も住民票が残っていたとしたら…

何かトラブルが起こった時にホテル・旅館側も対応しなければなりません。

1年未満の住み込みであれば住民票は移さないことが基本なため、もしもリゾバ先に住民票を移したい場合は必ず職場で確認を取ってください。

さやだんご
就業場所によっては、勝手に住民票を異動させた場合に雇用契約を解除するとルールとして決めているところもあります。相談なしの行いがある日突然「クビ」を招く可能性があるので注意が必要です!

一人暮らしで家を引き払ってリゾバする場合の住民票は実家に移すべき

2~3ヵ月間限定でリゾバ、または2ヵ月ごとにリゾバ先を替えて転々とする場合、

今住んでいる賃貸を解約をしたら、住民票は実家に移すべきです。

前述したように1ヶ所に1年以上居住する場合でなければ、住民票を移すことを認めてくれる職場は限られます。

かと言って、住民票を残すためだけに住まない部屋の家賃を払い続けるのは損しかありません。

ならば、実家を「生活の拠点」として、住民票を移すべきです。

私もそうでしたが家を引き払ってリゾートバイトに来る人は、実家に住民票を置くパターンがほとんどでした。

「実家を頼るのがイヤだ!」という人は、友人などに書面上だけの同居人として協力してもらうという手もあります。

ただし、国民健康保険に加入するは世帯主に保険料が請求されるため事前に保険料を渡しておくなど配慮は欠かせません。

郵便物は転送設定にしてリゾバ先で受け取れるようにする

住民票を実家に移した場合は気がかりとなるのが郵便物ですが、

最寄りの郵便局に行って転送手続きをすれば解決します。

転送手続きとは、実家に届くはずの郵便物をあらかじめ届けてほしい場所へ指定しておくことでそこに届けてもらえる仕組みです。

リゾバの場合、寮にポストがない場合は勤務先の事務所などを指定して郵便物を届けてもらう必要があります。

転居・転送サービスについて(日本郵便HP)

住民票を実家に移した場合の注意点

確定申告の提出

フリーターの場合は、その年の給与所得を合算して自らが払う税金などを申告する必要があります。

申告先は住民票管轄の税務署ですが、実家近くの税務署に郵送でも受け付けているのでリゾバ先からでも手続きできます。

クレジットカードの作成

これだけは解決できませんでした。

本人受取が必要なため転送設定している場合だと審査にはじかれてしまいます。

住民票がないリゾバ先での暮らしではクレジットカードを作れないことだけが唯一のデメリットだったので、実家にいるうちに作っちゃうことで解決しました。

特に楽天カードは即日発行とかもできるので鬼早です。

住民票を引き払った家の住所のままにしておくと…

  • 新しく入居した赤の他人に個人情報が漏れる可能性がある
  • 自分が新しく住民票を移す際の手続きが煩雑になる

悪い事態になりかねないので、手続きはしっかり行うべきです。

一人暮らし中からリゾートバイトする場合の良い・悪い点

1人暮らしがリゾバするメリット
  • 寮費無料で家賃が浮く
  • 食事支給で食費が浮き、自炊しなくてもよくなる

ただ、リゾバする期間によって家を引き払わない方が良い場合があります。

目途は、3ヵ月

3ヵ月以上か以下のリゾバで家賃を払い続けるか否かを判断すべきです。

2~3ヵ月以内のリゾートバイトして、地元で再就職する場合

家は引き払わない

リゾバを機に引っ越しを考えているなら良いですが、戻ってくるのに引き払うとあまりお得感がありません。

かかる費用

  • 家賃の違約金1ヵ月分
  • 次家を賃貸する時の初期費用

3ヵ月以上色んなリゾバ先を転々とする場合

家を引き払うべき

住まない家に家賃を払うほどもったいないことはありません。また、リゾバしてから海外に長期で渡航予定の方も同様です。

家を引き払う場合の荷物はトランクルームを活用

家を引き払うけど身軽にリゾートバイトしたい、またどうしても捨てれないものがある!

そんな場合は、荷物を近所のトランクルームに一時避難させるというテクニックがあります。

トランクルームの相場は月額数千円~です。※地域によって差あり。

家賃を払うよりは確実に安く済むので柔軟に活用したいところですね。

家を借りたままリゾバする際にすべきことリスト

  • 防犯対策(戸締り、貴重品)
  • 郵便の転送届け
  • 大家さんに報告
  • 電気・ガス・水道(元栓やブレーカー落とす)
  • 冷蔵庫の中は空にする
  • 水回りの掃除
  • 布団・クローゼットの湿気対策
  • 支払い関連は「銀行引き落とし」or「クレジットカード払い」に設定する