リゾートバイトで扶養から外れないために103万円の壁を解説するよ

「バイトで103万円越えないで!」

「扶養から外れると税金がかかる!」

なんて親に1度や2度言われたことがありますよね。

1,2ヶ月もリゾバすれば40万円以上稼げてしまうので扶養が外れないか心配ですよね。

この記事では、

そもそも扶養とはなんなのか?

扶養から外れないためにリゾバで気をつけるべきこと

についてお伝えします。

扶養が外れてしまう103万円の壁とは?

103万円の壁とは、「バイトしている人の年収が103万円以内であれば、税金面で優遇されるよ」という上限金額。

リゾートバイトの収入ですが…103万円の上限金額の対象です。

もしも、リゾバの収入含めて年収が103万円を超えると所得税を払う必要がでてきます。

さらに、親等の家族の扶養家族になっている場合は、扶養を抜けることになり、親等の家族の税金が高くなります。

さやだんご
自分自身が税金を払うだけでなく、親の税金が増えてしまうのがポイント。

※ちなみに、103万円は手取り金額ではないので要注意。給与の通勤手当などの非課税の手当を除いた総支給額(額面金額)のことです。

103万円の壁を越えると、どのくらい税金払うのか?

自分の場合|自分で余裕で払える額!大したことない

仮に収入が103万円を超えて110万円になったとすると…

所得税の金額はだいたい3,500円です。(控除を引いて額に税率をかけて計算)

収入が増えれば増えるほど、所得税の金額は上がりますがたいした金額にはなりません。

ですが、問題は親が払う税金の額です。

親の場合|親の年収によって大きく変わる

親の年収が500万円の場合で、増税額をザックリと計算してみました。

すると親が支払う税金は…

年間9万円ほど負担が増える結果が出ました。(住民税+所得税を合わせた増税額)

もしも103万円を越えてしまった時の勤労学生控除とは?

勤労学生控除を申請すると、収入が130万円まで自分の所得税は払わなくて済みます!

ですが、親の所得税は変わらず増加するので要注意。

住民税について

収入が増えれば、所得税だけでなく住民税も増えます。

住民税は自分の住民票を置いている自治体によって違いますが、93万~100万円の収入があると課税されます。

住民税は103万円を少し超えたからといって所得税のように大きく税額は変わりません。

103万円までなら住民税は数千円~1万円程度なので、住民税よりも所得税を意識したほうが良いでしょう。

関連記事リゾートバイト先に住民票を移すはNG!住み込み仕事の引っ越し事情

「掛け持ちバイト+リゾートバイト」なら年収を103万円以内にすべき

リゾートバイトの給与は、103万円の上限に加算されます。

よってリゾバでの稼ぎ過ぎは禁物です。

リゾバは1ヵ月に20万円くらいは稼げてしまうので、バイト計画を立てた方が良さそうです。

たとえ、1,2ヵ月の短期のリゾバしかしてなかったとしても地元でバイトする場合も気をつけてください。

夏休みに1ヵ月だけリゾートバイトをして、その後地元の居酒屋などでバイトをした場合。

「夏休みリゾバの給料 + 居酒屋バイト」

で、103万円を越えると税金を払うことになります。

※たとえ手渡しで給料をもらったとしても103万円の上限にプラスしなくてはいけません。

130万円以上稼ぐと支払うものはさらに増える

親の扶養からはずれると、負担が増えるのは税金だけではありません。

130万円を越えると国民健康保険に加入して、健康保険料を支払う必要がでてきます。

ちなみに、年収200万円の人が年間支払う国民健康保険料は…

約14万円とけっこう高いです。

社会保険について、アルバイト先で一定の勤務日数や時間数等を満たしていると加入する必要が出てきます。

稼ぎ過ぎると支払いが増えるので、働くのもほどほどにした方がいいかもしれませんね。

関連記事給料半年分で貯金100万突破!リゾートバイトで月30万稼げた職種と貯めるコツ