リゾートバイトの寮生活を公開!住んでた相部屋・個室の写真あり

リゾートバイト生活を始めたら…

  • 部屋がほこりだらけ
  • トイレが臭い
  • 虫が湧く
  • ルームメイトがうるさくて眠れない

最悪のケースを想定するとリゾバ生活はたまったもんじゃありません!

が、、、実際の寮環境はどうなのでしょうか。

リゾバするうえで時給や仕事内容の他に「生活環境」もすごく大切です。

良い生活を送れなければ、仕事や遊び、観光どころではないですよね。

私は今まで7ヵ所リゾートバイトをしてきて、個室、相部屋、旅館の元客室と3タイプ、リゾバの寮生活を経験しました。

今回は、私が実際に体験した寮生活の経験談を交えながら、リゾートバイトでの寮生活についてお伝えしていきます。

リゾートバイト寮の種類

リゾートバイトの寮のタイプは、派遣先によって様々です。大まかに分けると、

  • 個室(キッチン・洗面所・浴槽共同のシェアハウスタイプ)
  • 相部屋(キッチン・洗面所・浴槽共同のシェアハウスタイプ)
  • マンション・アパートタイプ(1LDK、1Rの完全個室タイプ)
  • 旅館客室の1室
  • カップル部屋

と5つに分けることができます。

このうち私は、個室・相部屋それぞれのシェアハウスタイプと旅館の1室でリゾバ寮生活を経験しました。

長崎リゾートバイトでの個室シェアハウスタイプの部屋

リゾートバイト 個室
  • 部屋には、ベット、テレビ、冷蔵庫、クローゼットが部屋にありました。Wifi環境なし。
  • トイレ、洗面所、キッチンなどは共用で、お風呂は旅館の大浴場でした。
  • ベットは薄いマットとシーツ、毛布、掛け布団を支給されます。マットが薄いので仕事で動き回った後の疲れをとるのに、慣れるまでは不十分な感じでしたね。

白馬のスキー場リゾバでの相部屋シェアハウスタイプ

リゾートバイト 相部屋
  • 部屋の両側に2段ベットがある4人1部屋の相部屋です。部屋あるのはテレビのみ。
  • 冷蔵庫、浴槽、トイレ、洗濯乾燥機、キッチンが共用で、Wifiなし、こちらも旅館の大浴場利用可でした。

クローゼットはなかったので、収納は大変でしたね。

幸い部屋の1人の子が近くに住んでいる土日だけ通ってきていたので、実質3人1部屋で過ごしていました。

それでも、かなり窮屈な感じはありました。

客室部屋

緊急措置で客室が部屋になったりすることも。あと、使ってない客室をバイトの部屋にしているパターンも。

いずれにしても起きて即出勤できるのでラク。

カップル部屋

人不足のせいかより多くのリゾバイトを集めるために最近よく見かけます。

1部屋分しか与えられないケースがほとんどなのでケンカした時とか大変そう…

リゾートバイトの寮って綺麗なの?汚いの?

正直、派遣先によって異なります。

ちなみに、私が最初に住んだ個室寮は築3年くらいの新しい寮だったので、けっこう綺麗でした。

トイレもウォシュレットが付いてましたし、虫が湧いて出てくるということも1回もありませんでした。

ただ、同じ派遣先の別の寮は築年数が10年以上で寮の1回フロアが野菜などをしまう物置になっていたために部屋にムカデやゴキブリが発生していました。

同じ派遣先でも住む寮で状況が違ったりすることを経験しました。

古風な寮でも生活したことあります。

古風な寮でも生活したことあります。

リゾバ寮が綺麗か汚いかを見分ける方法ってある?

あります!

派遣会社に登録してリゾートバイトをする希望条件を伝えると、条件に応じた求人検索サイトに載っている求人より詳細な求人票をもらうことができます。

そこには、寮の設備と築年数についての記載があります。

新築の寮、管理人さんが常駐している寮であれば綺麗な寮である可能性は高いです。

また、魅力がない寮の場合はあまり詳細を記載をしてないです。

そんな時は、派遣会社の担当さんに寮の状態について突っ込んで話を聞いてみるのもよいです。

聞けば隠し事なく教えてくれますが、聞かなければ何も言ってこないこともあります。

実際に行ってみたら、寮が酷くてとても暮らせないなんてことを避けるためにも事前に派遣会社のスタッフさんに確認をとってください!

寮のセキュリティ

1Rのマンションアパートタイプでない限り、オートロック完備とかはありません。

部屋にカギがついてるくらい。

あと、管理人さんのいるところはある程度のセキュリティが保たれるかもしれません。

貴重品の管理について

完全に各々の自己責任になります。特に相部屋の場合は盗難を心配するかもしれませんがリゾートバイトに野蛮な人はほぼいないので大丈夫かと思います。ですが、念のため財布に現金を少額入れるようにだけしました。

Wifi環境について

私はオンライン英会話をしたかったので、Wifi完備の寮を優先して探しました。

実際に求人を探していると「Wifi環境あり!」のところは結構多いのですが、

いざ求人の詳細説明を受けると設置工事で初期費用が必要だったり(半年以上いないと元取れない)

ちゃんとWifi完備のとこって意外と少ないです。

ただ、派遣会社のアプリさんはWifiレンタルを割安で提供しているので、ネット環境がほしい時期はこれで解決されました。

1ヶ月のWi-Fiレンタル料が最大58%OFF!アプリリゾートのWi-Fiレンタルについて

リゾバの個室寮で実際に生活して感じた事

寮生活は、仲間同士の距離感をちょうど良く保てたのが良かったです。

いっしょにお酒を呑みたい時には、誰かの部屋にお邪魔して呑んだりしてました。

プライベートの時間を作りたい時には部屋に籠ってればいいですからね。

お手洗いに行くときにすれ違ったりするので、そこで軽いコミュニケーションをとれるのはきっかけとしてかなり良いと思いました。

個室の部屋だけが与えられているタイプの寮はちょうどよい距離感が取れて住みやすかったです。

リゾバの相部屋寮で実際に生活して感じた事

相部屋の良いところはルームメイトとの交友がすごく深まることです。

生活の一部始終をシェアすることになるので、普段は垣間見ることのない部分をお互いにさらけだすことになります。

見た目が不釣り合いでも同じ部屋で1ヶ月も過ごせば意外と仲良くなりました!

その反面本当に気が合わない場合はキツい生活になります。

お互いが気持ちよく過ごせるために、分煙を心掛けたり最低限のマナーを守る必要があります。

Saya

いびきが気になる人は対策した方がいいです!私のルームメイトはとってもいびきがうるさかったので!(笑)

私自身は気にならないのでいいのですが、気になる人は本当に眠れないと思います。そんな人は耳栓を用意しておくことをお勧めします。

リゾートバイトの寮の規則について

寮生活ではやはり規則があります。派遣先によって寮の規則は様々です。ゆるい所もあれば、めちゃめちゃ厳しい所もあります。

ですが、だいたい常識の範囲内と言っていいでしょう。それでも、20代前半のリゾバ派遣スタッフが集まる場所では破りたくなるような規則もあります。

長崎でリゾートバイトした寮の規則

・異性の入室禁止 (例、女性従業員が男性寮に入るなど)

・火気の取り扱い厳禁 ※その代わり、電子レンジとポットが置いてありました。

・従業員以外の宿泊禁止 (例、友達や恋人が泊まること禁止)

・室内での喫煙はしないこと ※寮の外でならOK

・派遣期間終了後には3日以内に退寮すること

とこんな感じで規則があったのですが、みんな平気でやぶっていました。

たいていリゾバの派遣スタッフは立場が同じなので仲良くなりやすいです。

なので、よく派遣スタッフ同士たちで社員さんの目をかいくぐり共謀して規則を破っていましたね~。

特に長崎でのリゾバでは寮の規則はあるようでないようなものでした。

というのも、この時の寮生活は管理人さんがいなければ、近くに社員さんも住んでいないので、監視する人がいなかったからです。

部屋での喫煙は各部屋についている火災報知器の電源をオフすれば問題ありませんでした。

ガスコンロを使って週1くらいで男女みんなですき焼きパーティーなどをして楽しんだこともあります。

リゾバ 自炊

リゾバの寮規則を破った罰としてスキースノボ禁止?!

長崎リゾバの寮規則がめちゃめちゃ緩かったのですが、一方で、白馬スキー場リゾバは寮規則がけっこう厳重でした。

規則自体は長崎リゾバと同じような規則でした。

しかし、ここは社員さんの監視の目が光に光っていました。寮は3棟あり、派遣女性寮・派遣男性寮・社員寮がそれぞれ隣り合う形。

最初の2週間くらいは何事も起こることなく平穏な日々が流れました。

ですが、ある日、女性スタッフが男性寮に入って男性スタッフと廊下で飲んでいたことが社員の耳に入り。

あっけなく現行犯逮捕。規則を破って見つかってしまう人もいるんです。

規則を破った罰は、無料で滑り放題のリフト券の没収でした。

その時は、色々と話し合った末に二度と異性間で寮に入室しないということを誓い、注意というだけに留まったようでした。

規則がゆるいかキツイかについては、正直行ってみないとなんとも言えません。

ですが、いずれの寮も常識の範囲内で節度ある規則になっているので、寮生活は大人の対応を心掛ける必要があります。

実際に目撃したリゾバ共同生活失敗談

白馬スキー場のリゾバは、前述の通り部屋に冷蔵庫はなく10人くらいで家庭用で一番大きい1つの冷蔵庫をいっしょに使わなければいけませんでした。

共同使用でしたが、自分のモノが勝手に取っていかれるということもなく平穏に過ごしていたある日、冷蔵庫から異臭事件が勃発します。

原因は1週間くらい放置された牡蠣でした。冷蔵室の扉を開けると強烈になった生々しい臭いが漂ってきます。

犯人はすぐに特定され、その人もうっかりしていてとのことでちゃんと謝罪もしていてほとんどの住人が許したのですが、、、

冷蔵庫は普通に使えるにもかかわらず、「あなたのせいでもう冷蔵庫を使えない」となじる年配スタッフがいました。

なじる姿は頻繁に目撃されその後に「まぁ気にしない!気にしない!」とある仲間内では声をかけていたのですが、さすがにずっとそうやって攻め続けられるのは見てて気の毒でした。

リゾバ寮生活では当たり前のことを当たり前に行う

失敗談はほんとうにうっかりなので仕方ないことだと思いますが、やっぱりお互い気持ちよく共同生活をする上で最低限のことは行っていく必要があります。

  • 掃除、ゴミ出し当番が割り当てられていたら、期日までにしっかり行うこと
  • 共同で使うものキッチン用具などは使いっぱなしにしない。使ったらすぐ片づける。
  • 洗濯機に衣類を入れっぱなしにしない。次の人が使えるようにちゃんと取り出す。

などなど、本当にごく当たり前のことを心がければ共同生活は問題ありませんし、逆に共同生活はお互いの距離が近いので普段の人間関係以上に信頼関係は深まります。

夜な夜なトランプなどをしたり、酒を呑みながらじっくり語らったりすることは意外と中々できないものです。

共同生活を通して一生の友人ができる可能性だってあります。

ぜひ、生活の不便さに目を向けるだけでなく、人間関係の輪を広げるという意味でもリゾートバイトの共同生活を考えみてはどうでしょう。

まとめ

リゾバの寮環境についてはある程度の妥協が必要です。

1Rで、セキュリティも万全で、駅近で、Wifiもあって…

なんてすべてを満たす寮を探していたら一生リゾートバイトはできません。

私は個室でWifiを最優先させ他は捨てました。多少の我慢は仕方ない。

でも、最悪な寮を避けるためにすることは必ず行ってください!

リゾバをしたくて派遣会社に登録したら担当アドバイザーさんに相談しつつ自分で勤務先を決めます。

その際に、寮の環境については遠慮なく聞きましょう。

  • 「築何年の寮?」
  • 「シフトはどのくらい入るのか?」
  • 「辞める人はどのくらい?」
  • 「辞める人の理由は?」

ズバズバ質問をして納得いく勤務先を選びましょ。

私が求人探しに利用する一押しリゾバサイト

①アルファリゾート:http://www.a-resort.jp/
時給1200円以上の求人多数個室寮の案件多め

②リゾバ.com(ヒューマニック):https://www.rizoba.com/
求人数が3000件と豊富。好みの求人が見つけやすい!

③リゾートバイト.com(グッドマンサービス):http://www.resortbaito.com/
時給1200円以上の求人多数。稼ぎ重視ならここ!

④はたらくどっとこむ(アプリリゾート):https://hataraku.com
スタッフのフォロー体制◎。困りごとを相談しやすい!

※登録はHPより1~2分で簡単にできます。希望の求人がなければ気軽に断ってOK。まずは、自分に合う求人があるか探してみましょう!

私のリゾバ経験談!記事一覧

リゾートバイト寮生活にまつわるQ&A

リゾバの寮って家賃かかるの?

寮費がかかる派遣先もあります。かかってもだいたい5000~2万円くらいで給料天引きです。(私が求人を探した経験上)ですが、基本的に寮費は無料のところが圧倒的に多いです。

リゾートバイトの派遣会社を通せば事前の求人票に寮の家賃の有無はかならず記載されているので、そこを確認すれば問題ありません。

リゾバの寮って浴室ない?ほとんどが旅館・ホテルの温泉?

派遣先によってまちまちですね。旅館の温泉に入れる場合の寮は、浴室がついていないことが多いです。

ですがそういったところでも、男性の寮には浴室がないらしいのですが、女性の寮には浴室がついていることが多かったりします。

ジム、カラオケ、サウナがついているリゾバ寮があるってほんと?!

ほんとらしいです!!私は実際にその求人票を目にしたことがないのですが、そんな夢のような寮が存在するらしいです。

アプリリゾートの公式HPの”寮ガイド”で普通に紹介されています!ぼくもびっくり!!

アプリリゾートHPの特集で組まれているRテーマパークのリゾバではプールやバイキングの食べ放題がまかない、施設の漫喫利用可、Wifiがあるくつろぎスペース利用可など夢のような派遣先もあるようです!

リゾバ寮から職場までの通勤はどんな感じ?

職場から徒歩圏内に寮を構えている派遣先がほとんどです。歩くのに遠い場合でも自転車を貸し出してくれてたりもします。

しかし、稀に職場から寮まで徒歩30分かかる派遣先も存在します。

私自身、時給もよく寮設備もgoodな求人を見て派遣会社のコーディネーターさんに相談したことがあったのですが、実は徒歩30分かかって急勾配も激しい地域で自転車も意味をなさないという案件を見つけたことがあります。

行き帰りで1時間を毎日は相当もったいない気がしたのでその求人はあきらめましたね。

逆に、旅館の客室を寮としているところでリゾバした時は、部屋から階段を降りたらすぐレストランホールに行けたので通勤時間は10秒でした。

リゾバの寮についてより詳しく知りたかったら…

Q&Aを取り上げましたが、寮のことについては派遣先・求人票によるところが大きいので、具体的な詳細は、リゾートバイトの求人を取り扱っている派遣会社に登録して相談するのが一番手っ取り早いです!

実際に、派遣会社に登録すれば必ず求人票と照らし合わせて、コーディネーターからの詳しい説明があります。

わからないことについてもこの時にいろいろ質問できます。求人票を見ながら、相談したからと言ってリゾバにいかなきゃいけないということもありません。

現に私は求人票を見て相談してあまり条件が良くなかったら、「またよさげな条件が出た時にに相談しまーす!」

と言って気軽に聞いたり、断ったりしてます。派遣会社のコーディネーターさんもしつこく勧誘してきませんので気も楽です。

私のリゾバ経験談!記事一覧