地元で一人暮らし中vsリゾートバイトを比べた結果…家賃が浮くのは3ヶ月目から

「リゾバに行くとどのくらいお金が貯まるのか?」

「今住んでるアパートは解約した方が得なのか?」

リゾートバイトの寮費は0円なので、現在一人暮らし中ならば事前に知っておきたいこれらの疑問。

私の経験上は、3ヵ月以上リゾートバイトで働いた場合にアパート解約してお金が貯まるメリットが出てきます。

一人暮らし中からリゾートバイトはお金が貯まる良さがありますが…

一人暮らしが快適と感じる人は、自由度が減ってストレスを感じるかもしれません。

リゾバ生活をした私が、一人暮らしの人がリゾバ前に知っておくべき知恵をまとめました。

この記事でわかること
・地元で一人暮らしバイトとリゾートバイトの貯金額の差
・リゾバ生活が”窮屈”に感じる理由・アパート解約してリゾバする時にすべきこと(住民票移す、荷物どうするか?)

どっちが貯まる?地元で一人暮らしバイトvsリゾートバイト

どちらも月収20万円と仮定して1ヵ月の貯金額を計算してみました。

支出地元バイトリゾートバイト
家賃5万円0円
食費3万円0円
光熱費6000円0円
通信費5000円5000円
娯楽費3万円3万円
社会保険2万円2万円
住民税1万5000円1万5000円
支出計15万6000円7万円
貯金額4万4000円13万円

※家賃は主要都市1Rの平均約5万円を設定。(私の住まい埼玉も相場5万円くらいでした)

参照元記事:給料半年分で貯金100万突破!リゾートバイトで月30万稼げた職種と貯めるコツ

なんと!!!

1ヵ月の貯金額で見ると、リゾートバイトは13万円。

3倍もの差…

この計算で行くと、3ヵ月もリゾートバイトをすれば約40万円も貯まる計算になります。

しかし、アパート解約→2ヵ月リゾートバイト→新しいアパートだと貯金は増えない

「リゾートバイトはお金が貯まるから、今すぐアパートを解約しよう!」

ちょっと待ってください!!!

短期間だけリゾートバイトをしてまた地元に戻ることを考えている場合は、アパートを解約しない方が損しないかもしれません。

だいたいのアパート契約にはスマホと一緒で2年縛りなるものがありますよね。

違約金を払って解約して、リゾバして、また地元へ戻る場合は先々にかかる費用をしっかり計算しましょう。

発生する費用

アパート解約→リゾートバイト→地元に戻る場合

  • 違約金:5万円(家賃1ヵ月分)
  • 敷金礼金:5~10万円(戻って新しく契約)

合計:10万円

貯金額の変化はこんな感じ↓

地元バイトリゾートバイト
1ヵ月目4万4000円8万円
2ヵ月目8万8000円21万円
3ヵ月目13万2000円29万円
結論

リゾートバイトして地元に戻るなら…3ヵ月以上働いて満足な貯金ができる

※2ヵ月未満のリゾバならアパート解約しない方がよい

一人暮らし中の人がリゾートバイトすると窮屈に感じる問題

リゾートバイトは「寮費・食費0円」という金銭的なメリットが大きいのですが、これが逆に窮屈に感じてしまうこともあります。

決められた寮で過ごさなくてはいけない

一人暮らしをする時に「親の干渉から解放されたい」「他人と暮らすより1人の方がラク」

そう思って一人暮らしを始めた人は要注意!

リゾートバイトの寮で、完全な一人暮らし1Rの求人割合は2割ほどと少ないです。

寮のタイプ(求人割合)

  • 1Rの寮:2割
  • 個室シェアハウス:4割
  • 相部屋シェアハウス:3割
  • 客室部屋:1割

個室シェアハウスの場合もプライベートは確保されますが、洗面台やトイレは共同利用ですからすべての生活を自分勝手に過ごすことができなくなります。

廊下・トイレ・洗面台掃除やゴミ出しなど、快適な住環境の基準が人それぞれ違うので、1R以外の寮に住むときは1人暮らし時の基準を他人とすり合わせる必要があるのです。

さやだんご
洗濯機が寮に1台しかなく、順番待ちで使うのもなかなかのストレスでした。

関連記事リゾートバイトで相部屋・個室寮に住み込んだ様子を写真で紹介

支給されるご飯も決まっている

食事支給の待遇がある求人は、食費が浮いてラッキーかもしれません。

でも、自分の好きなものを食べれない食生活が続くのも意外とストレスです。

特に私は食べることが好きなタイプだったので、2週間過ぎたくらいからわざわざ自炊することもあるくらいでした。

支給されるご飯が美味しくなかった場合は余計に自炊に走ることになります。

関連記事リゾートバイトの食事事情。ご飯に幻滅した話と美味しいご飯が出る派遣先の選び方

お風呂も共同

大浴場の温泉利用OKのリゾバ先ならいいかもしれません。

ですが、寮のお風呂・シャワーしか使えない場所に行ってしまうと自分の好きなタイミングに使えません。

以上です。

さやだんご
1人暮らしからリゾートバイトを始める時は、寮の設備をよく検討して求人を選ぶべきです。

アパート解約してリゾートバイトする場合すべきこと2つ

住まない家に家賃を払うほどもったいないことはありません。3ヵ月以上リゾバの場合は、アパート解約です。

その際の「住民票」と「荷物」どうするか問題も伝えておきますね。

1年未満のリゾートバイトなら住民票は実家に戻すべき

アパート解約するなら住民票も移動させてなくてはいけません。

もし、同じ場所に1年以上いる予定のリゾートバイトなら、住民票はリゾートバイト先に移すべきです。

反対に、同じ場所にいる期間が1年未満なら、住民票は実家に戻しましょう。

住民票は住民税や選挙権が絡み法律的にも重要な項目です。しっかり調べてから行動すべきです。

関連記事リゾートバイト先に住民票は移すはNG!住み込み仕事の引っ越し事情

荷物をどうするか?(持ち物、捨てる物、保存したい物)

リゾートバイトの寮には基本的に何でも持ち込むことができます。

が、寮の設備によっては持って行っても無駄なものもあります。

例えば、冷蔵庫、レンジ、ポット、炊飯器などは寮に完備されているところが多いです。

なので、寮にある備品を確認しつつ持ち物の準備を進めます。

関連記事持ち物チェックリスト付き|リゾートバイトの荷物・服装*女性向け*住み込みに必要なもの

残したい荷物はトランクルームを活用するのも手

家を引き払うけど身軽にリゾートバイトしたい、またどうしても捨てれないものがある!

そんな場合は、荷物を近所のトランクルームに一時避難させるというテクニックがあります。

トランクルームの相場は月額数千円~です。※地域によって差あり。

家賃を払うよりは確実に安く済むので柔軟に活用したいところですね。

アパート”解約しない”でリゾバ!出発前のやることリスト

  • 防犯対策(戸締り、貴重品)
  • 郵便の転送届け
  • 大家さんに報告
  • 電気・ガス・水道(元栓やブレーカー落とす)
  • 冷蔵庫の中は空にする
  • 水回りの掃除
  • 布団・クローゼットの湿気対策
  • 支払い関連は「銀行引き落とし」or「クレジットカード払い」に設定する