リゾートバイトの始め方!登録~勤務開始の流れ|いつから申し込み応募すべきか答えます

はい、さやだんごです!

リゾートバイトを始め方・流れを簡単に要約すると、

  1. Web上で求人検索・仮登録
  2. 求人応募(派遣会社へ本登録)
  3. 面談を行い求人決定
  4. 準備(持ち物・バス新幹線予約)
  5. 出発

ざっくり5つのステップになります。

学生だと、応募から最速1週間後にリゾバで働くこともできますが、

社会人ならば、退職のタイミング・賃貸契約の解除などありますよね。そうすると、応募から1ヵ月~2ヵ月を目途に準備をしていくことになります。

住み込みで働く上、事前準備はすごく大切。

この記事では、

  • いつからリゾバに応募すべきか?適当なタイミング
  • 求人の探し~勤務開始までの手順がどんな感じなのか
  • 勤務開始前に準備すべきこと(持ち物、住民票どうするか?)

この3つについて画像も交え、わかりやすくまとめてみました。

さやだんご
会社を辞めてリゾバする方には特に、無駄なニート期間を過ごさないようしっかり解説しますね。

1週間後からリゾバをすぐ始めたい!方は、派遣会社登録の流れにスキップから読むとスムーズです。

リゾートバイトの始め方!いつから申し込む?

時系列やること
1ヵ月半前求人探し&退職相談
2週間~1ヵ月前リゾバの行き先決定
1日前~2週間準備(持ち物・各種手続き)
1週間前退職
リゾバスタート

リゾバ求人は1ヵ月半前から探し始めるのがベスト

理由

  • シーズン限定の求人を狙いやすい
  • 準備に余裕が持てる(独り暮らしで家引き払う場合は特に!)

特に夏限定、冬限定の求人はシーズンに入る2ヵ月前から求人の募集を行っていたりします。シーズンものの求人は人気が高いため2週間前など直前になると定員が埋まっている求人もあります。

もちろん、いつでも応募可能な求人もありますが応募できる選択肢を増やしたいなら早めに求人に応募して損はありません!

3日以内、1週間以内で仕事決定になることもある

求人応募のタイミングは1ヵ月半前が最適ではありますが、急募の求人も普通にあるので

「1週間後にリゾバしたい!」でも全然大丈夫です。

ただ、準備を求人探しと並行して行う必要があるので少々慌ただしくなるかもしれません。

さやだんご
焦って自分に合わない求人を選ばないように冷静に進めていく考えも大切!

リゾートバイトに応募・申し込みは派遣会社経由が基本

リゾバの求人の探す方法は以下2つ。

総合アルバイト求人検索(タウンワーク・マイナビバイト・バイトルなど)
or
リゾバ派遣会社サイト(リゾバ.com・はたらくどっとこむ・アルファリゾートなど)

一般的にリゾバするなら、リゾバ派遣会社サイトで探すのが基本です。

総合アルバイト求人検索すると…

  • 住み込みでない求人もヒットするので超探しづらい…
  • リゾバ求人も少ない…です。
さやだんご
試しに以下2サイトを簡単に比較してみてください。

アルバイト求人サイト:リゾートバイトbyバイトル

リゾバ派遣会社求人サイト:リゾバ.com

リゾバ専門サイトで応募すると雇用形態が「派遣」になりますが、

普通のアルバイトと仕事内容は一緒です。

求人紹介から勤務開始までサポートもしてくれるので、初めてのリゾバはみんな派遣会社経由です。

リゾートバイトの派遣会社では「面接なし」

ちなみに、気になる部分なので補足ですが、

派遣会社経由だと面接は一切ありません!

面接ではなく、希望の求人があるかないかの「求人面談」という感じです。実際に派遣会社に足を運ぶことなく、Webと電話だけで仕事先を決めることもできます。

以下、派遣会社でリゾートバイトする場合の手順を説明していきますね。

リゾートバイト派遣会社への登録の流れ

  1. Webで仮登録
  2. 電話ヒヤリング
  3. 本登録(登録説明会に行く or 電話面談)
  4. 電話面談
  5. 求人紹介&決定

大まかに5ステップほどありますが、登録してからスムーズに進むと最短で1週間後には勤務開始も可能です!(準備もあるので前述した通り1ヵ月半前くらいが目安ですが)

1.Webサイトにアクセス!仮登録する

何よりも先にWeb上よりスタッフ仮登録をしましょう!ヒューマニック(リゾバ.com)という派遣会社を例にしますね。

※ちなみに、大手派遣会社のはたらくどっとこむ・アルファリゾート・リゾートバイト.comもほぼ同じ手順になります。

リゾートバイト始め方・登録・申し込み方法

最初の仮登録では、氏名、住所、連絡先など1~2分くらいでできる簡単な項目を入力すればOK。

すると…

リゾートバイトの始め方・登録メール

応募ありがとうメールがきて、むこうから連絡してくるみたいなので少し待ってみます。

2.電話ヒヤリング

1次受付をする事務の方から電話がかかってきました。

ここで聞かれることは主に、

  • 登録情報の確認
  • いつからいつまで働く予定か?
  • 本登録の日程決め(登録説明会に行くor電話面談)

本登録は、登録説明会に行くor電話面談のどちらかで日程を組みます。

登録説明会は、最寄りの派遣会社の支店に行きます。心配が大きい場合は支店に行けば担当者と顔合わせながら求人紹介を受けられるので安心できます。

電話面談は、Web・メール・電話で求人紹介のやり取りを行うので派遣会社に行く手間が省けます。

さやだんご
個人的には、電話面談派です。支店まで行く電車賃が節約でき、求人票も3日以内にはもらえるのでスピーディーですよ。

3.本登録(履歴書記入の代わり)

仮登録時の案内に従って本登録を進めます。履歴書の代わりとなる入力フォームがメールにて届くので一番最初に登録した情報にプラスしてより詳細な情報を入力していきます。

リゾートバイトの始め方・本登録

職歴を記入する欄がありますが、社会人経験がなくてもアルバイト経験の記入でOKです。リゾートバイトでは、アルバイトでの接客経験なども十分強みになります。(※志望動機などは不要なので安心してください。)

4.電話面談(15~30分ほど)

指定の日時で電話面談します。面接ではなく求人相談です。

「どんなリゾートバイトがしたいか?」ちょっとイメージしておくといいです。

最低限事前に考えておきたい条件
  • どこに行きたいか?(北海道?海?温泉街?)
  • どんな仕事をしたいか?(ラクな仕事?スキルアップ?)
  • どのくらい稼ぎたいか?(時給1000円以上、月収20万以上)
  • 寮は個室がいいか?相部屋か?

その他、わからないことがある場合もここの面談で解消しておくといいでしょう!

電話面談を終えて少しするとメールにて求人票が送られてきます。

リゾートバイトの始め方・登録(求人紹介)

10件ほど送られてきたので、それぞれ見比べてより自分の希望に合う求人を絞り込みます。

5.求人紹介&決定(詳細を営業に確認)

リゾバ.comなどの専門サイトでは、求人がたくさん掲載されていますが具体的にどこなのか?ホテル名や旅館名は伏せてありましたが、

やっとここで初めて!ホテル・旅館名の記載がある求人票をもらえます。

ホテル・旅館名は伏せますがこんな感じのものです。
求人票実際の!-min

サイトに掲載されている求人とは比にならないほど詳細な情報が書かれたものです。

求人の決定は最終的にその求人を一番よく知っている担当の営業マンに詳細を確認して決めます。

改めて不明な点や心配な点を洗いざらい質問しまくりましょう!

求人情報は営業の方が一番よく知っています。つい最近変更になったことなど、

最新の情報を得られるので色々質問した方がいいです。聞かぬは一生の恥!!

さやだんご
後で「聞いてない!」と言って愚痴っても自分のせい…面倒がらずテキトーになり過ぎず慎重にすすめていくのがポイント

登録説明会(支店に行く場合)

③の本登録以降を支店で行います。はたらくどっとこむに登録した時は支店に行って求人紹介を受けました。

履歴書の代わりに下記のプロフィールシートを記入しました。

リゾートバイトの履歴書(面接時に書く)

リゾートバイトは電話面談だけで本当に仕事を決められてしまいます。そのあっさりさにちょっと不安になる人もいるでしょう。

最寄りに支店があるならば、足を運んで派遣の担当さんに会って求人相談することも全然OKです。

別記事で支店に相談に行ってみた様子もまとめているので合わせて参照ください。

関連記事:リゾートバイトの面接に行ってきた!履歴書不要・面接なしで採用?髪色は?ピアスOK?

「登録だけ」して求人を見てみるのもOK

もしも、もらった求人が全部ビミョーだった場合、

別の希望で求人を探してもらうorリゾバすること自体を断ってもOKです。

求人を探してもらって申し訳ない気持ちもありますが、自分に合う求人を見つけることが大切なので妥協せずにいきましょう!

さやだんご
もちろん、良い求人こそ他の人も良いと思ってるので即刻決断すべきです!

リゾートバイト向きの髪型・身だしなみについて

勤務時の服装

基本的に就業場所に準ずる服装です。制服が決まっているところが多いので貸与される場合がほとんどです。

茶髪OKな職種と髪色が厳しい職種

希望職種によってはNGな髪型や身だしなみがあります。

接客系は特に髪色が制限されやすいです。

カラーレベル

参照元:http://honmaryohei.com/archives/1906

仲居・フロントなど第一印象が重視される職種だと、上記の写真のカラーレベル7までというところが多いです。

裏方系の職種(客室清掃・洗い場など)でもほぼ接客がない仕事ですが落ち着いた髪色を求められます。

就業先によっては規則が違うので髪色などを気にする場合はカラーレベルがどこまでOKかなど、しっかり確認をとって探していくべきです。

髭やピアス

髪色と同じように接客系の職種だと厳しいです。

ただ、個人経営の旅館や小さなペンションだと、身だしなみの指定がゆるい場合もあります。

今のスタイルを崩したくないならば、あえてそういった求人を狙ってみるのもありかもしれません。

リゾートバイト勤務開始までの準備

求人確認も問題なく、就業先が決定したら準備をしていきます。

  1. 夜行バス、新幹線、飛行機などの予約
  2. 持ち物の準備
  3. 家を引き払うか否か

やることは主にこの3つ。

交通費は立て替えて事後精算がほとんど

交通費ですが、最初は自己負担する場合がほとんどです。

交通費の支給は一定期間の就業を条件にしている求人が多いので最初は出費することを念頭に置いておきましょう。

手持ちにお金がなくても、前払い制度を利用すれば大丈夫

翌月の給料日までの生活費がない場合でも安心してください。

手持ちにお金がない場合は、派遣会社の前払い制度を利用すれば働いてすぐ給料が振り込まれます。

前払いができる条件については登録する派遣会社ごとに違ってきますので、気になる方は別記事で詳細を確認してくださいね。

関連記事前払い制度・各社一覧表|リゾートバイトで前借り申請時の注意点

持ち物は「郵送するもの」「手持ち」「現地調達」で考える

  • 郵送するもの(ダンボールに詰めて宅配便使う)
  • 手持ち(スーツケース・バックパックなどに入れて持って行く)
  • 現地調達(リゾバ先のコンビニ・スーパーで買う)

この3つを意識するとスッキリ整理がしいやすいですよ。

一応、派遣会社の担当さんから下記のような持ち物リストを渡されますが、、、

リゾートバイトの始め方・登録(勤務開始票)

業務に必要なもの中心でその他持ち物は個人差があるため、必要最低限しか案内されないことが多いです。

リゾートバイトの持ち物リスト

区分けマークをつけてます

◎:必需品
〇:便利品
▲:個人差があるもの

貴重品
◎現金・約1万円◎保険証
◎キャッシュカード◎身分証
◎マイナンバーカード▲クレジットカード
電子機器
◎スマホ◎スマホ充電器
▲パソコン▲ポケットWi-Fi
〇タコ足コンセント
衣類
◎お出かけ用服×2◎スウェット×2
◎Tシャツ×4◎下着×4
〇クロックス〇帽子
〇スリッパ〇ハンガー×5
▲防寒具▲水着
洗面・お風呂・洗濯用品
◎歯磨きセット◎ハンドタオル×2
◎バスタオル×2〇シャンプー・リンス
〇整髪料〇洗剤
〇洗濯道具〇ドライヤー
日用品・雑貨
◎常備薬◎雨具
◎ビニール袋×3◎爪切り
〇掃除道具〇懐中電灯
▲メガネ▲コンタクト
▲カメラ▲タブレット
キッチン用品
◎箸・スプーン◎マグカップ
〇タンブラー〇食器などお皿
〇タッパー▲調理器具

持ち物についての詳細は別記事をどうぞ。

関連記事リゾートバイトの持ち物・服装を紹介*女性向け*住み込みに必要な荷物

今の住まいは引き払うべきか?

リゾバする期間によります。

1~2ヵ月以内でリゾバして帰ってくるのであれば、引き払う必要なし!

住んでないのに家賃を払うのはもったいない気がしますが、違約金と帰ってきた時の初期費用を考えると家賃を払っておく方がトータルで損しません。

3ヵ月以上など長期でリゾバする場合やリゾバで転々とする場合は引き払うべき!家賃の負担がなくなるのはデカいです。

関連記事地元で一人暮らし中vsリゾートバイトを比べた結果…家賃が浮くのは3ヶ月目から!

住民票は基本的に移さない

家を引き払わずそのままにする場合は、住民票は置いたまま。また、実家暮らしの人もそのままでOKです。

リゾートバイト先へは基本的に住民票を移すことはしません。

ただ、6ヵ月以上長期でリゾバをする場合は住民票については検討してみるべきです。

関連記事リゾートバイト先に住民票は移すはNG!住み込み仕事の引っ越し事情

リゾバ開始!勤務先へ

リゾートバイトは基本的に一人で勤務先へ行くパターンがほとんどです。たまに、求人確認で会話した営業さんがついていってくれることもありますが…稀です。

正直、就業先の旅館ホテルの人たちとも初顔合わせなので、不安も大きいかと思います。

でも、先方は受け入れに慣れているところがほとんどなのでけっこうあっさりしていますので、拍子抜けします。(笑)

勤務先の旅館に到着日にすること

勤務先の旅館に到着したら派遣会社から伝えられている担当の人にあいさつに行きます。その人から簡単に仕事についてと設備の利用方法などについて説明を受けます。私の場合は30分程度でした。

到着時間が夜の勤務が始まっていた時間帯だったので勤務は翌日から。

今日は移動の疲れもあるだろうからゆっくりお休みと言われ、温泉に浸かり早々に就寝。早朝の勤務に備えました。

関連記事リゾートバイトで相部屋・個室寮に住み込んだ様子を写真で紹介

リゾートバイト登録におすすめな会社やサイト

大手のリゾバ派遣会社は大手4社に絞って探すのがベストです。4つのサイトを見て、自分好みの求人があったところに登録するのが良いでしょう。

リゾバ専門の派遣会社とサイト

リゾートバイト.com(運営元:株式会社グッドマンサービス)
→高時給求人が多い!稼ぎたい人向け

アルファリゾート(運営元:株式会社アルファスタッフ)
→福利厚生充実!長期でリゾバしたい人向け

リゾバ.com(運営元:ヒューマニック株式会社)
→取り扱い求人数が業界1位!条件にこだわりたい人向け

はたらくどっとこむ(運営元:株式会社Dive)
→スタッフフォロー抜群!心配性な人向け

派遣会社の複数登録ってOK?

OKです!問題ありません!

私も複数登録しているので、色んな会社からいっぺんに求人票をもらって決めています。

特に同じ内容の求人なのに時給が違う!なんてことはよくあったりします。

交渉上手な方は複数社登録するのもあり。そうじゃない初リゾバの方はまず1社登録して相談してみると良いです。

派遣会社をちゃんと比べたい方は…

下記で比較記事を書いているので確認ください。

関連記事:リゾートバイト派遣会社ランキング(リゾバ8回してわかったおすすめの会社)

まとめ

登録にあたって派遣会社さんの対応もスムーズかつ丁寧なので迷う事があまりなかったです。

リゾバを考えていて登録がまだの方は一旦話だけでも聞きに行く形で派遣会社に訪ねてみてはどうでしょうか。

関連記事①【おすすめ場所&職種】リゾートバイト初心者へ|経験8回の私が季節別の人気も紹介

関連記事②選び方で”9割”決まる!リゾートバイト前に知るべき4つの事実