実際に行ってきた!スキー場リゾートバイトの口コミ評判

肌寒さを感じる今日この頃。冬物を押し入れからひっぱりだし、そろそろ冬に向けた準備。

そして、冬と言えばやっぱりスキー・スノボ!

毎年、冬の季節にスキー・スノボを楽しみにしている人は多いのではないでしょうか!?

しかし、その楽しさとは引き換えにかかるのがお金…

初めてスキースノボをやった人は意外と高い遊びだな~なんて思った人もいるかと思います。

ぼくが実際にスノボをしに行った時は、車のガソリン代、ウェア・ボードのレンタル、リフトチケットなどなど

総計すると2万円くらいを一日で使いました。笑んー高い!

しかし、スキー場でバイトをすると、リフト券が0円で毎日滑り放題!!!

おまけにバイトもするのでスキー・スノボをやりながらお金を稼ぐことができるのです。

今回は、スキー場バイトの魅力、どんな仕事があるのか、そしてどうやって求人を見つけるのかまでを詳しく紹介します!

Kitzbühel 2010

リフト券が無料!!ウェア・ボードレンタルもただ!!!スキー場バイトコスパ最強説

ゲレンデバイトの魅力はなんと言っても、スキースノボが無料で滑り放題なことです。

スキースノボにかかるその費用は0円。普通なら、一日乗り放題のリフトチケットが5000円、ウェア・ボードのレンタルが5000円、交通費5000円で最低でも1日遊ぶのに1万5000円以上かかります。

しかし、スキー場でバイトをすると従業員特典ですべてただで利用できるのです!!

ぼくも実際にスキー場でバイトした経験がありますが、お金を払う必要があったのはニット帽、スノー手袋、ゴーグルくらい。あとは全部無料で利用することができました。

普通だと1万円以上するものが無料になるなんて…ヤバすぎです!

スキー場バイトでの仕事とは?

スキー場バイトには様々な仕事があります。基本的には住み込みで寮生活をしながら働く人と、土日だけ通いで働く人たちに分かれます。

なので、スキー場付近の地元の人だけではなく雪のない遠方からの地域の人も働くことが可能です。スキー場バイトにはどんな仕事があるのかそれぞれ簡単に紹介します。

インフォメーションスタッフ

まず、最初にスキー場の顔となる仕事がインフォメーションスタッフです。ここでは、主にリフト券の販売をしたり、スキー場の案内をしたりします。

インフォメーションなだけに、覚えることが多そうで大変そうなイメージがありますが、大したことはありません。

大まかなことは1日働いただけで説明できるまでに覚えることができます。

売店と兼務になっていることが多いので感覚としては、コンビニの店員のような仕事をイメージに近いかもしれません。

レンタルスタッフ

ここではスキーウェア・スキー板・ボードのレンタルを行います。お客さんがサイズなどを記入した用紙をもとにボードやブーツを準備します。

作業内容は単純なので、一通り仕事内容を覚えてしまえば難しいことはありません。

ただし、時間帯によってお客さん入退場のピークがあるので忙しい時と暇な時の波があります。

DSC_0163

リフトスタッフ

リフトの入り口にて乗降者の補助をする係です。お客さんが安全にリフトに乗れるために案内したりします。

また、時間が空いた時にはゲレンデの整理で雪かきもするので、スタッフは男手の割合が高いです。

リフトは基本的に自動なので、万が一のことがあった時の監視係。プールの監視員的なバイトに近いものがあるかもしれません。

ゲレンデ内レストランスタッフ

大きいスキー場だと、ゲレンデ内にレストランがあります。そこで、働くホールスタッフです。基本的には普通の飲食店のホールスタッフと代わりありません。

その他スキー場バイトの仕事

ゲレンデとは直接関係ないですが、隣接しているホテルの仕事も同じようにリフト券が無料で付いてくるところが多いです。

ホテルの仕事はフロント、レストランスタッフ、裏方業務、調理場など様々な仕事があります。

スキー場バイトの時給は高いの?

ここまで読んで気になるのが時給だと思います。スキー場バイトの時給は地域によってさまざまです。だいたい最低800~1200円くらいです。

同じスキー場でも業務内容によっても時給が違ってきます。

まぁ、時給が800円であってもリフト券の出費やらを考えれば断然にコスパはよいので、色んな条件を照らし合わせてみることをおすすめします。

スキー場バイトは基本的に住み込みの寮生活

今住んでいるところから通える範囲内でスキー場があれば、通いでアルバイトができるかもしれませんが、ほとんどの方がそのような環境で生活していないと思います。

なので、基本的にスキー場バイトをする場合は住み込みの寮生活を数週間から数か月します。

ただ、安心して下さい!寮費や食費は無料なところがほとんどです。

住み込みの寮生活についてはこちらの記事を参照してみてください。

誰でも応募できるスキー場バイト、求人の探し方

スキー場バイトは最低で1週間、最長で1シーズン(3ヶ月以上)での仕事案件があります。なので、年末年始の休みにちょっと暇を持て余した学生でも応募することができます。

ここで注意したいのが求人の探し方です!

同じスキー場でもどこで求人を探して応募するかによって時給やご飯の支給などの待遇が変わってきます。

求人の応募方法は大まかに分けて2つです。派遣会社に登録するか、現地のスキー場へ直接応募するかです。

派遣会社に登録する場合

大学生やフリーターの方は派遣会社に登録して求人を探す方法をおすすめします。

その理由は派遣会社登録の方が全般的に待遇がいいからです。時給が高かったり、食費までもただになったりします。

その代わりに、ほとんどが住み込み寮での生活となります。

派遣先のスキー場によっても待遇は様々ですので、時給、食費、寮の設備など様々な条件を考慮して自分に合ったスキー場を選ぶことをおすすめします。

登録するのにおすすめの派遣会社はヒューマニック(リゾバ.com)アプリ(はたらくどっとこむ)です。

この2つの派遣会社は仕事を紹介できる案件が多く、待遇もいいです。ぼくはどっちにも登録しています。目ぼしい派遣先を見つけたら、どちらの派遣会社を通した方が条件が良いかを比較しています。

※派遣会社についての詳細については下記の記事が詳しいです。

現地のスキー場へ直接応募する方法

こちらは主に、通いでバイトしたい人、または高校生向けです。高校生は残念ながら最初に説明した派遣会社に登録することができません。

少々ほかのバイトの人たちより待遇は劣る可能性がありますが、無料リフト券、ウェアレンタルは付いているところが多いのでご心配なく。

まとめ

ということで、スキー場バイトの魅力をお伝えしてきました。本当にスキースノボ好きの人にとってゲレンデバイトは最高だと思います。

バイトでお金をためてスキースノボを楽しむよりも、スキースノボを楽しみながらお金もたまった方が一石二鳥です!!

スキー場バイトはそのお得さ故に結構人気なので、好条件のスキー場は求人がすぐなくなります。ぼくも登録している派遣会社アプリ(はたらくどっとこむ)ヒューマニック(リゾバ.com)に登録して、早めに予定を立てておくことをおすすめします!

スキー場リゾートバイトQ&A

Q.学業の都合で1週間しか予定を立てられない。それでもスキー場バイトは可能?

A.可能です。特に年末年始はスキー場や隣接しているホテルは満員なくらいになりますので、1週間未満の短い間でも求人がでます。

短い期間でも1日は休日をくれたり、契約期間後に1日滞在を許可してくれるところが多いのでスキースノボを楽しむことができます。

その時々の運にもよりますが、スキー場の超短期案件もなくはないので一応探してみることをおすすめします。

探すのにおすすめの派遣会社は求人数最多のヒューマニック(リゾバ.com)です。

Q.スキー場住み込み寮の生活ってどんな感じ?

A.スキー場の住み込み寮は基本的に相部屋です。その人数は2~4人部屋です。

基本的に同じ職場の人同士の相部屋になるので仕事も生活も一緒であればすぐに打ち解けます。

年齢は20代過ぎの若い人たちが9割くらいです。

住み込みバイトにくるほとんどの人がスキースノボを楽しもうという人たちなので、頼む気持ちがあれば意気投合しやすいと思います。

Q.スキー場バイトは友達と一緒に応募可能?

A.大丈夫です。ぼくが経験したスキー場でも5組くらい友達といっしょに来ていた人たちがいました。

スキー場バイトは一斉に大量募集をかけているので、友達同士で応募しても人手が十分でない限りはいっしょに採用されます。

場所によっては、働く部署が違ったりしますが、なるべく同じになるように調整されたりします。

もちろん、希望を言えば別々にすることもできます。寮においても一緒になりやすかったりするので、1人じゃちょっと不安という人でも友達を誘うのはありです。

Q.スキー場バイトに面接ってあるの?

A.基本的に面接はないっぽいです。仕事は作業を覚えれば誰でもできることなので、特別に見極める必要もないみたいです。

実際に働いてみて合わないようであれば自然消滅という形で辞める人も中にはいます。なんといっても必要なのは人手みたいですから。笑

Q.スキー場バイトに必要な持ち物は?

A.必需品については派遣会社で案内されます。案内された持ち物に従えばたいていは大丈夫です。

もし、心配であるようなら実際にスキー場住み込み寮の生活経験をもとに持ち物をまとめてみたのでこちらを参照ください。

Q.スキー場バイトで出会いはある?彼氏・彼女はできるのか?

あります!!笑 スキー場バイトのスタッフは全体的に男女バランス良くいます。部署によっては偏りがあります。

特にリフトスタッフは男性が多いです。

その他の職場は男女比率は半々くらいです。仕事でコミュニケーションをとることが多かったり、休日がかぶったらいっしょに滑ったりすることがあるのでいつの間にかカップルが誕生していることは少なくありません。

スキースノボを楽しむついでに出会いを期待するのも悪くないと思います!

※実際にぼくもスキー場バイトで彼女ができました!

リゾートバイトで彼女できました!リゾートバイトでの恋愛・出会いが多いは本当だった!   
私事で恐縮ですが、リゾートバイトで彼女できました。リゾートバイトでは彼氏彼女ができやすい、出会いが多い、なんて聞いていましたが、それが本当になってしまいました。ということで、今回はリゾートバイトでの恋愛、出会いが多い理由を他のカップルも含めた自らの体験談を通してお伝えします。(惚気抜きでお伝えできるようがんばります笑)

合わせて読みたい記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加